読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

【キャリア】これで外資系金融の面接も合格!?ポジティブな志望動機を考える方法

f:id:ceo_masa:20170527162457j:plain

こんにちは。

「英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ」を運営するMASAです。

今回の記事では、外資系金融の面接合格のために必要なポジティブな志望動機を考える方法について解説をしたいと思います。

今、転職活動をしている人だけではなく、これから転職活動をする予定がある人も是非参考にしてみてください。

 

ポジティブな志望動機をアピールしよう

外資系金融の面接では、原則的にポジティブな志望動機を伝えるように心がけなくてはいけません。

例えば、

  • さらなるキャリアアップを実現させたい
  • 今よりも大きなフィールドで仕事がしたい
  • 自分の仕事の範囲をさらに広げていきたい

このような志望動機は面接官に対して好印象を与えますので非常に有効です。

どんどん前向きな姿勢をアピールしましょう。

 

ネガティブな面接の合格率を下げる

逆に、ネガティブな志望動機は印象を損ない、面接の合格率を下げてしまうことがあります。

例えば、

  • 今の職場の上司とは合わない
  • 今の会社の給料が低い
  • やっている仕事がどうも自分には合わない

これらの志望動機は転職の動機としては論外です。

ネガティブな感情は心の中で思っておく分には構いませんが、それを転職希望先への志望理由にするのはプロフェッショナルな姿勢であるとは言えません。

 

ネガティブな感情は仕方がない

転職を考えるということは、当然そこにはなんらかのネガティブな感情や想いがあるのは当然ですし、そのような気持ちを持ってしまうことは人間だったら当たり前のことです。

僕も、転職を意識したのは

  • 自分が提供している労働の価値と得ている報酬のバランスが合っていないと感じた
  • 担当している業務を一通りマスターし、そこから新たに学ぶべきことがなくなったと感じた

というネガティブな感情からでしたから。

ただ、正直であるということは素晴らしいことなのですが、TPOをわきまえずに正直であり続けるということはスマートではありません。

それだと、「正直」という言葉の前に「バカ」がついてしまうことになってしまいますから。

大切なことは、それらの感情をポジティブな方向に持っていくこと。

つまり、物事を見る視点を変える、ということです。

 

ネガティブな感情と向き合う

先ほども書きましたが、僕が転職を意識した時は

  • 自分が提供している労働の価値と得ている報酬のバランスが合っていないと感じた
  • 担当している業務を一通りマスターし、そこから新たに学ぶべきことがなくなったと感じた

以上のような感情を持っていました。

このような感情は視点を変えれば、どんどんポジティブな方向に持っていくことが可能です。

例えば、労働と報酬のバランスが合っていない。

こんな風にネガティブに感じてしまうのは、給料が安くてもそれ以上に頑張っているという前向きな姿勢の証拠。

つまり、

自分は会社から求められている以上に能動的にハードに働き、そして価値を提供している人材だ。そのような人材を求めている転職先でアグレッシブな職場でハードに働き、そして、そのような価値観を共有できる仲間たちと切磋琢磨したい。

というポジティブな感情を心の中に持っているとも言えます。

新たに学ぶべきことが今の仕事から見つからないという感情も、

自分は担当する業務はしっかりと責任を持って全て吸収する人材だ。今の会社にはそのような成長の機会を頂いて感謝してもしきれない。次の職場では、その経験を活かし、さらに自分の業務の幅を広げていけるよう、さらに上の役職にチャレンジしたい。

というポジティブな感情を見つけることができます。

つまり、ネガティブな感情というのは、常にポジティブな感情の裏返しなのです。

転職の際、志望動機が中々見つからないという人は、自分の中にあるネガティブな感情と向き合ってみましょう。

そこからポジティブな志望動機を見つけるきっかけになると思います。

 

まとめ

ネガティブな感情をそのままストレートに面接官(転職先の部門の上司やマネージャークラスの人間)に伝えてしまうと、

「この人は、仕事でちょっと嫌なことがあると周りの人間に愚痴をこぼすのではないか?」

「取引先やクライアントに対しても同じように接してしまう幼稚性があるのではないか?」

という風に、ネガティブな印象を持たれてしまい、職場の中のリスク因子として捉えられてしまう場合があります。

そうなってしまっては、そこから評価をひっくり返すことは難しくなってしまいます。

外資系金融の面接の際は、志望動機をポジティブに伝えること。

それを心がけ、しっかりと準備をした上で面接に挑むようにしましょう。

>>外資系金融の求人案件を探すならビズリーチ

 

【その他のお役立ち記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

 

【キャリア】忘れてはいけない外資系金融業界に転職するリスクとは?

f:id:ceo_masa:20170526161808j:plain

こんにちは。

「英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ」を運営するMASAです。

多くの転職者を惹きつけてやまない憧れの外資系金融業界ですが、そこにはリスクがあるということも忘れてはいけません。

僕はこれまで三社の外資系金融機関を渡り歩きましたが、外資系金融に勤務して良かったと思うこともあれば、「外資系金融のここがちょっとしんどいな~。。。」と思うこともありました。それは、一社ではなく三社という複数の企業での経験があるからこそ分かったことなのかもしれません。

転職活動を成功させることは、より精度が高く、信用できる情報を手に入れること。これに尽きます。今後、外資系金融業界に転職を考えている人のためにも「外資系金融業界に転職することによって経験するかもしれないリスク」について解説をしてみたいと思います。

是非とも参考にしてみてくださいね!

 

忘れてはいけない外資系金融業界に転職するリスクとは?

激務というリスク

勤務する金融機関のカルチャー、配属される部門や役職にもよりますが、外資系金融業界の仕事は激務であることが一般的です。僕が実際に経験したケースであれば、一週間連続で帰宅時間が朝の4時ということがありました。オペレーション部門でこのような勤務状態ですから、若くても年収1,000万円は軽く狙えるような投資銀行部門(IBD)であれば、それをさらに上回る激務が待っています。

外資系金融への転職を考えている人は、このような激務でも耐えることができる基礎体力を持っているかどうか、しっかり考えてから転職活動をするべきだと思います。実際にブログ記事や書籍などで「激務だよー!」って書いてあっても、「まあ、なんとかなるさ!」とか「一日4時間も寝れたら十分じゃん?」って思う人もいると思います。ですが、実際に自分で体験してみると、そのしんどさは想像をはるかに超えます。

金融業という世界が持つ独特の緊張感、上司やクライアントからのプレッシャー、猛烈な勢いで増え続けるInbox内のメール。毎日休むことなく(休日も出社するケースが大半ですので。。。)これらと対峙しなくてはいけません。例えて言うなら、

毎日受験勉強をしながら、マラソン大会の予行練習をしている。

そんな職場が外資系金融になります。

仕事が好きな人であれば常にランナーズハイの気持ちいい状態なので最高の職場かもしれませんが、肉体的、精神的に弱い人にとってはリスキーな職場でもあると言えるかもしれません。

▼詳しい体験談はコチラ

blog.inakano-masa.com

 

上司が絶対というリスク

このブログで何度も書いていますが、外資系金融では上司が絶対的存在であって、口答えや意見は反抗分子として目をつけられる可能性があります。一度目をつけられると、何かあったときに簡単にクビやリストラ対象とされるので要注意。ですので、上司に対する返事は常に「Yes!!」。それ以外のセリフを言う機会というのはあまりないかもしれません。

そのため、例え夜中であったとしても、上司から「これやっておいて!」と言われたら対応しなくてはいけないこともあります。もちろん、できなかった場合は猛烈に叱責されます。例えばですが、日本だと努力しても時間的な制約などで提出が遅れた場合、少しくらい容赦してくれる「情(じょう)」が多少あるとは思うのですが、そんなものはありません。

感情?金融の職場では結果が全て。そんなものが介在する余地はありません。ある意味フェアなのですが、非常にクールで冷たい印象を受ける人もいるかもしれません。

ですので、「外資系企業って風通しがいいよね!」「フランクで和気あいあいとした職場!」どこかそういうイメージのある外資系企業ですが、外資系金融に限っては当てはまらないと思います。風通しがいいのはあくまでも上司から見た場合、ということは覚えておきましょう。これは、僕が勤務した三社すべてにおいてそうでした。

 

仕事の進め方に馴染めないリスク

外資系金融業界の仕事の進め方は独特です。例えば、メールベースで仕事を進める形などは僕も最初は面食らいました。外資系金融の職場では、とにかく何でもかんでもメールに落とし込んでエビデンスを取るんですよね。電話で話したあとも、文書で残すためにメールしますし、他の部門と立ち話をして何かを決めたらメールを書く。対面でのコミュニケーションを好む人には無機質なコミュニケーションに見える可能性があります。

また、メールにも色んな目に見えないルールがあって、誰をCCに入れるとか、文面はこうしろとか、海外の大学を出た優秀なビジネスパーソンたちが真剣に議論するんですよね。「マイクはCCいれておきましょう!」「いや、あいつは役に立たないから、ジョンだよ!」みたいな会話で何分も議論したりとか。

外から見たら滑稽で、

正直どうでもよくね?

とは思うのですが、中の人間からすれば真剣です。なぜなら、CCに入れないと「何やってんだ!俺もいれておけ!!!」と激高する人もいるからです。外国人の上司やキーパーソンのへそを曲げるとそれはそれは面倒なことになりますから、メール一本打つだけでも時間をかけて宛先・CCを吟味する必要があるのです。

しょうもないことも真剣に。

外資系金融の面倒なところです。

 

裁量を持って仕事を進められないリスク

外資系金融の社内にまた別のヒエラルキーが存在します。それは世界中の支店の間に広がるヒエラルキーです。

外資系金融は東京にオフィスを持つことが一般的で、その扱いは「東京支店(Tokyo Branch)」という形をとる場合が多いのですが、グローバルにオフィスを持つ外資系金融企業からすれば、いくら東京支店とは言ってもただの支店の一つ。ニューヨークやロンドンにもオフィスがあれば、シンガポールや上海にもオフィスがあります。

正直、アジアの中における東京のプレゼンスというのは”イマイチ”で、むしろシンガポールの方が存在感がある場合が多く、アジアにおいてはリージョナルヘッドオフィスの機能はシンガポールが担うような立ち位置のケースがあります。そうなると、本店における東京の案件の優先順位は相対的に下の方となるのです。

あくまでも東京支店はヒエラルキーの下の方

ですので、裁量を与えられて自分たちで能動的に仕事をするというよりは、リージョナルヘッドオフィスを通して本店にお伺いを立てながら、日本のクライアントとの橋渡しをする役目、という意味合いの方が強いです。具体的に言うと、バリバリ仕事をする、というよりは、本店様に「あ、お忙しいところ、いつもすいやせん!ええ、ええ、そうですよねー!でも、そこをなんとか、、、。お願いしますよ~~~。....へへへ。いっつもすいやせんねー!!」なんてへりくだりながら仕事を進めるイメージですね。合わない人には辛い仕事かもしれません。(※これはあくまでも僕が勤務した三社での経験になりますので、他の外資系金融の場合は違うのかもしれません)

 

まとめ

以上、忘れてはいけない外資系金融業界に転職するリスクとなります。

いかがでしたでしょうか?

外資系金融というのは非常に独特の業界ですので、異業種からの転職の場合は色々と面食らい場面が多いかもしれません。ですが、それ以上にエキサイティングな職場であることは間違いありませんし、少なくともキャリア形成上においては大きくプラスに働く職場であると言えます。

今後、さらなるキャリアアップを目指すのであれば、外資系金融業界は一度は経験しておいて損はないでしょう。なお、機会があればビズリーチのようなハイクラス向けの転職サイトに登録しておき、こまめに求人案件をチェックしておくと優良求人案件と出会うことができるのでオススメです。

ぜひお試しください!!

>>会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

 

【その他のお役立ち記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

 

【注意】外資系金融に関する外注記事を書くときに本ブログを参考にされる方へ

f:id:ceo_masa:20170526114407p:plain

外資系金融に関して記事を書く場合、業界の知識や経験が無いとどうしても書けないこともあります。

そのため、自身に外資系金融勤務の経験が無い人は、外資系金融に関するキーワードでグーグルを検索して調査、ネタ探しをしなければなりません。

僕のブログは外資系金融に関して記事をたくさん書いている関係上、どうしても検索結果でたくさん表示されてしまい、多くの「外資系金融の経験がない方」が記事の作成の際に参考にされるようです。

 

ですが、参考とパクリは違います。

 

僕のブログ記事から文章を引用される場合は、必ず僕のブログからの引用であることを明記して下さい。また、「パクリ」と断定されることを避けるために少し言い回しを変えたり、表現方法を変えた上で転載、コピペ、ということは止めた方が良いと思います。

結果的に周りの方に多大なご迷惑をおかけすることとなりますし、長期的な視点で見ればご自身のためになりません。

今後、僕のブログ記事を参考にされる方は、そのあたりをご配慮いただければ嬉しく思います。

 

 

よろしくお願い致します。

【キャリア】あなたが外資系企業に転職できる方法を分りやすく解説します

f:id:ceo_masa:20170523190419j:plain

こんにちは。

「英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ」を運営するMASAです。

僕はこれまで外資系金融を三社渡り歩いてきたキャリアを持つのですが、今回の記事では、あなたがこれから外資系企業に転職する方法について解説をしてみたいと思います。

 

外資系企業の転職に必要な3つの要素

まず、外資系企業に転職するためには、3つの要素を満たす必要であることを覚えておいてください。

一つが自分自身の「スキル」。英語が話せるとか、論理的な思考ができるとか、自分自身が持っている才能や能力のことを指します。

そして、二つ目に、それらのスキルを裏付けることができる「エビデンス」です。◯◯大学を卒業したという学歴もそうですし、海外留学で英語を学んだという経歴やTOEICのスコアなんかもそうですね。

最後に三つ目が転職するための「方法」になります。いわゆる転職するための媒体やツールを指します。具体的に言えば、転職サイトや転職エージェント、ヘッドハンティングなどを指します。

外資系企業に転職するためには、以上の3つの要素をしっかり満たすこと大切です。なぜなら、これらの3つの要素を満足に満たすことができなければ、転職することは難しいからです。逆に言えば、これらの3つの要素をしっかりと満たしておけば、外資系企業への転職はさほど難しいことではありません。

では、それぞれの要素について、どのようにすれば外資系企業への転職条件を満たすことができるのか?詳しく見ていきましょう。

 

①「スキル」の満たし方

外資系企業に転職するためには求められるスキルがありますので、まずは自分がそのスキルを満たすことが大切です。

まずは「英語」。これは外資系企業で働く者にとってはマストのスキルです。英語ができなければ外資系企業への転職への道は狭く険しいものになりますので、とにかくここの能力は最優先で高めるようにしたいです。英語のスキルを高めるコツとしては、僕自身の経験上、とにかくアウトプットすることが大切だと思います。つまり、英語を話す回数を増やすことですね。習うより慣れろという言葉の通り、英語力を高めるためには話すことが大事なのです。

また、英語を話せるだけではいけません。それに加えて、英語を使って人と人とをつなぐことができる確かなコミュニケーション能力というものも必要です。具体的に言えば、情報を伝達するときに余分なノイズを入れないでコミュニケーションができる、逆に、必要の際は緩衝材となって情報の伝達ができる。このような「空気を読むことができる能力」のことになります。外資系企業では海外と日本のお客さんとの間に立って物事を進める必要があり、両者の間で上手く情報を伝達するスキルが大切なのです。

>>ビジネス英会話を本気で学ぶならBizmates(ビズメイツ)一択で決まりです!!

 

②「エビデンス」の満たし方

エビデンスとは、自分自身のスキルを客観的に証明できるものになります。学歴資格などがそうですよね。

外資系企業への転職の際、学歴資格は非常に有効です。転職市場では多くの優秀な人材が、限られた椅子を巡って履歴書に書かれている経歴の良さをアピールします。高い学歴もそうですが、資格もたくさん持っているに越したことはありません。特にTOEIC、英検、簿記、MBAのような資格があれば転職市場での競争が楽になります。

外資系企業への転職の際にマストな資格としてはTOEICが挙げられます。TOEICが証明できるものは簡単で、

「英語のスキルはある。じゃあ、それってどれだけのものなの?」

という疑問を客観的に解決するために必要な証明書のような立ち位置です。スコアとしては、750点から800点後半は最低でも欲しいところ。それ以下のスコアの人は頑張って勉強するようにしておきましょう。

なお、外資系企業に勤務すると英語力は格段に飛躍しますので、これから英語力を磨いて行きたいという人にとっても外資系企業は魅力的な職場の一つであると言えます。

 

③「方法」の満たし方

自分自身のスキルやそれを証明するエビデンスがあったとしても、外資系企業の求人案件にアクセスすることができなければ、外資系企業への転職は実現できません。

一般的に、外資系企業への転職は志望企業の中途採用のページから申込むことが多いです。以下、大手外資系企業の採用ページになります。ご参考まで。

ゴールドマンサックス>>Goldman Sachs Japan | - キャリア採用

GE>>Careers | GE.com Japan

P&G>>TOP|P&G 既卒者採用

この方法も外資系企業への転職方法としてアリですし、現在すでに社会人としてバリバリ仕事をこなしているのであれば、転職サイト・転職エージェントを利用する方が効率が良い場合もあります。

特に転職エージェントの場合は、エージェント(代理人)という名前の通り、担当のエージェントが自分のキャリアにマッチした求人案件を持ってきてくれたり、履歴書添削、面接対策、相手先企業との給与交渉などもやってくれますので、利用する価値は十分にあります。しかも、登録は無料。転職もキャリアアップの道であると思える人であれば、思いっきり転職エージェントを活用するといいでしょう。

なお、オススメの転職エージェントに関しては以下の通り。これらの転職エージェントに登録をしておけば、公開・非公開を含めてほとんどの求人案件にアクセスすることが可能になるでしょう。

また、オススメの転職サイトはビズリーチで決まりです。案件のレベルがそこらの転職サイトとは違います。

>>会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

関連記事:世界的に有名な外資系銀行に転職できた僕がオススメする4つの転職エージェント - 英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

 

まとめ

さて、これらの3つの要素をきちんと満たせば外資系企業への転職の道が開けてきます。スキル、エビデンス、そして方法。今、あなたはこれらの要素をきちんと満たしていますか?実際に転職活動をする前に、今一度チェックしておくといいでしょう。

では、今回の記事は以上です。

あなたのこれからの転職活動の参考になれば幸いです。

ありがとうございました!!

 

【その他のお役立ち記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

 

【中国出張体験談】上海のような国際都市でも英語が全然通じない!?

f:id:ceo_masa:20170522184441j:plain

今回の中国出張で思ったこと。

それは、海外に行くのであれば現地の言葉を話せるようになった方がいいということです。

中国の公用語は中国語なので、実際に街中で使われている言葉は中国語です。上海は国際的な街として知られていますが、空港内のインフォメーションカウンターのような”国際的な場所”でも英語が通じない場合があり、正直困ることがありました。

例え英語が上手く話せたとしても、そこにいる人たちが英語を話せない、理解できないのであれば、自分がいくら英語が話せたとしても意味がない。まさにそのようなことを体感した中国への出張だったと思います。

 

 

大切な「何とかなるさ!」という考え方

自分の場合、まだ英語ができるだけマシだと思うのですが、多くの人は日本語しか話せない状態で海外に飛び出します。これは素晴らしいチャレンジですが、見方によっては無謀なチャレンジでもあります。

海外に飛び出す多くの日本人のマインドセットのベースとして、「まあ、何とかなるさ!!」の精神が存在するように思います。僕はその精神は非常に大切だと思いますし、海外に飛び出す時に必要な最も重要な考え方の一つだと考えています。

 

でも、海外では何とかならないこともある

ただし、そのような「何とかなるさ!!」のノリでそのまま突っ切れるほど海外は簡単なものではありません。例えば、タクシーに乗って手持ちの現金が無い、しかもカードの支払い不可というシチュエーションの場合、現地の言葉を話せないという縛りの中、その場をノリで乗り切れるほど甘くはないのです。

例えボディランゲージを駆使して「一度ホテルに戻って現金を取ってくるからね!」ということを伝えたつもりでも、相手からすれば乗り逃げをしようとしてるように見える可能性もあり、警察沙汰になる場合もあります。ちょっとした途上国であれば命の危険も考えられます。

これは実際に僕が昔タイのバンコクで体験したシチュエーションなのですが、その時運転手が現地の言葉(タイ語)で激高!!サングラスをかけた厳ついお兄さんでして、ガチで「殺されるんじゃねーの?」と思うくらいビビりました。何とか現金を用意してその場は何とかなったのですが、できればもう二度と同じ体験はしたくありません。。。

 

圧倒的に安心な日本という国

このような「何とかなる!!」というマインドセットになってしまう原因としては、日本の治安の良さが他の国と相対的に比較した時に圧倒的に高いからだと思います。女性が夜道を一人で歩く、一人で飲みに行ける、一人でタクシーに乗れるなどなど。こういうことって日本にいたら当たり前にできることなんですけど、海外では当たり前ではありませんし、このような行動は非常にリスクの高い行動であると見なされます。

このように、僕たち日本人は普段から当たり前のように「圧倒的に良い治安」の中で生活をしているわけですから、何かあったとしても「まあ、何とかなるさ!!」と思ってしまうのも無理ありません。

でも、同じ感覚で海外に行くと間違いなく危険な目にあいますからね。

日本という国は特別に治安が良いんだ。

それくらいの認識でいる方が良いと思います。

 

英語が無力だった中国。。。

しかし、今回の中国出張で気づいたことですが、中国ではほとんどの人が中国語しか話しませんね。例え、英語で話しかけたとしても、

「ハア!?」

みたいな顔をして相手にされません。。。

空港のインフォメーションカウンターならギリギリ話せる人もいますが、鉄道のチケットカウンターやインフォメーションセンター、空港の中のレストランだと完全にアウト。中国における英語の無力さをひしひしと感じました。

 

 

ということで、まとめ

とりとめのない記事になりましたが、結局何が言いたいのかというと、海外に行くのであれば現地の言葉を少しくらいは勉強してから行った方がいいですよ、ということ。

僕も中国語は大学の時に勉強していたので挨拶、御礼くらいの単語は話せますが、たったそれだけでも現地でとても役に立ちましたし、取引先の人にも喜ばれました。

郷に入っては郷に従え。

海外に出た時にはあくまでも現地のに溶け込むための努力も必要なのです。

 

【その他のお役立ち記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com