英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

海外に行く前に絶対に復習しておきたい英語の5W1H

f:id:ceo_masa:20141225091744j:plain

年明け早々にLAに行く予定です

帰国予定日は1月4日。

滞在日数僅か3日という弾丸ツアーではあるのですが、久しぶりの海外ということで非常に楽しみです。

自身の英語の復習という意味でも、今日は「海外に行く前に絶対に復習しておきたい英語」について書いてみたいと思いますので、是非参考にしてみてください。

 

 

思い出しておきたい5W1H

『海外で英語を話す』という事に対して抵抗がある人は多いかもしれません。

しかし、実際は中学生レベルの単語だけでも会話をすることは十分可能です。

また、下記の記事でも紹介した様に、世界で一番使われているのはブロークンイングリッシュ(間違った英語)なので肩肘を張る必要は全くありません

blog.inakano-masa.com

とりあえず話すこと。

それが英語を話す上において何よりも大切なのです。

そうすれば、相手も必ず自分の事を理解しようとしてくれます。

例えば、日本にいる外国人が

「アノー、アナタハ、ココニイク、シッテルカ?」

と聞いてきたら、なんとなく

「あ、これは道を聞いてるな」

とわかるのではでしょうか?

決して完璧な単語や文法で話さなくても「何を伝えようとしているのか?」はきちんと伝わります

とはいえ、全く予備知識がなければ話にならないのも事実ですので、せめて中学校で習った5W1H(※What, When, Where, Who, Why, How)くらいは覚えておく必要はあるでしょう。

今日は下記にそれぞれの単語を使った例文を使って解説をしてみたので是非読んで欲しいと思います。

いざという時にきっとあなたの役に立つはずです。

 

①What~?

「何?」という意味を持つWhat。

疑問形の中で一番ベーシックなものですね。

旅先で使う例文としては、レストランなどで

・What is the best food in Thai? (タイで一番美味しいご飯は何ですか?)

・What is this food? (これはどんな食べ物ですか?)

ということを聞いたり、

・What is your name? (あなたの名前は何ですか?)

と名前を聞く。

そんな時に活躍する疑問形ではないでしょうか。

 

②When~?

f:id:ceo_masa:20141225092006j:plain

「いつ?」という意味の単語。

旅先ではタクシーに乗ったとき等に

・When are we going to get our hotel? (私たちのホテルにはいつ到着しますか?)

というフレーズで到着時間を確認できます。

また、

・When should we come here? (何時にここに来たらいいですか?)

という言い方で集合時刻の確認もできます。

旅先では『時間』は非常に重要な情報になりますので、必ず覚えておきたい単語ですね。

 

 

③Where~?

Whereは「どこ?」と場所を聞く単語です。

例えば、

・Where is my hotel? (私のホテルはどこですか?)

・Where is the nearest station from our hotel? (私たちのホテルから一番近い駅はどこですか?)

という使い方が考えられます。

また、

・Where is our gate? (私たちのゲートはどこですか?)

というフレーズも空港で使えるのではないでしょうか。

土地勘の無い海外において『場所』の情報は非常に重要ですので、是非覚えておきましょう。

 

④Who~?

f:id:ceo_masa:20141225091922j:plain

誰?という意味の単語です。

・Who are you? (あなたは誰ですか?)

・Who is it? (誰ですか?)

という言い方が一番ポピュラーです。

また、

・Who is coming with us? (誰が私たちと一緒に行ってくれますか?)

・Who is the most famous person in Thai? (タイで誰が一番有名ですか?)

のような使い方も多いですね。

あと、シャレた使い方として、

「Do you like beer?(ビールが好きですか?)」

と聞かれた時に

「Who doesn’t?(誰が嫌いだっていうんだい?ニヤリ)」

なんて返せるとかなりスマートです。

是非覚えておきましょう。

 

⑤Why~?

「なぜ?」という意味の単語のWhy。 

・I am really wondering why Thai people are so kind!? (なんでタイの人はそんなに親切なの?)

・Why don’t we go to the night market? (みんなでナイトマーケットに行ったらどうだろう?)

のような遠回しな疑問を表現する時に使うことが多いです。

また、バスやタクシー等を待っている時に

・Ah, I am really wondering why the bus is so late (あ〜、なんでこんなにバスが遅いのかわかんないや)

なんて隣の人に言えるとカッコいいと思います。

 

⑥How?

Howは「どうやって?」という意味の単語になります。

・How can I go there? (どうやってそこに行けばいいですか?)

という言い方が一番多いでしょう。

・How much is it? (これはいくらですか?)

・How are you? (元気ですか?)

も非常に役立つフレーズになるので必ず覚えておくといいでしょう。

 

まとめ

今日は久しぶりに海外で使える英語について復習してみました。

年末年始に海外旅行を控えている人は、中学校時代を思い出して復習しておくといいでしょう。なお、5W1Hのような疑問形の単語は「必ず文頭にくる 」いう明確なルールがありますので、こちらも合わせて覚えておくと絶対に役に立ちます。

また、このような疑問形をきちんとマスターしておくと、英会話の上達も非常に早くなるのも特徴です。なぜなら、疑問形を使うと返ってくる答えが予測できるからです

例えば、あなたが

「どこで〜しますか?」

と相手に聞いたとします。

そうすると、返って来る答えは必ず『場所』になる。

また、あなたが

「いつ〜しますか?」

と聞いたら、答えは必ず『時間』になるはずです。

つまり、疑問形を使う事によって会話をコントロールすることが可能になるのです。

具体例を挙げてみると、

私「What time do you get up?(何時に起きますか?)」

外国人「Well, maybe 7:00 or 7:30!?(多分7時か7時半です)」

「Me too! What do you like to drink in the morning? I usually go to Starbucks before coming to the office(一緒ですね!朝は何を飲むのが好きですか?私は出社前にスタバによく行きます)」

外国人「Yeah, I also like to drink coffee.(そうだね、ぼくもコーヒー飲むの好きだよ)」

となります。

私はどちらかというと『話す』よりも『聞く』ことが苦手なので、『攻撃は最大の防御』の信念のもと、このような方法で会話の主導権を握ることを思いつきました。

英語を話す一つのテクニックになるので是非参考にして欲しいと思います。

話し上手は聞き上手これは英語でも同じことですよ。

 

【コチラの記事もどうぞ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com