読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

英語を勉強するモチベーションが続かない3つの理由とその解決方法

英語のお勉強

f:id:ceo_masa:20151029082201j:plain

こんにちは。 

さて、今回の記事では

 

「英語を勉強するモチベーション」

 

について書いてみたいと思います。

 

英語を勉強する上で、どのようにモチベーションを維持すればいいかわかりません。

 

このような悩みを持っている人は多いのではないでしょうか?

やっぱり、それだけ英語を勉強するモチベーションを維持するのは難しいということですよね。

 

英語を勉強するモチベーションが続かない3つの理由

英語を勉強する上においてモチベーションを維持することはとても大切です。

しかし、普段の生活の中でそれを維持することは並大抵ではありません。

その理由としては

  • 日常生活の中で英語を使う必要がない
  • 上達を実感できる機会がない
  • そもそも明確な目標がない

という3つのことが考えられるでしょう。

では、それらについて一つ一つ見ていきたいと思います。

 

①日常生活の中で英語を使う必要がない

人は、日常生活の中で必要感じないものに対する投資(お金や時間)は躊躇するものです。

そのため、地震や災害に対する備蓄用品など、

 

「きっと必要なのだろうけど普段は必要無い」

 

というキャラクターの商品に対する購買意欲というものは決して高くありません。

むしろ、その場ですぐに効果を実感できる「おいしい食事」や「欲しかった服」などにお金を使いがちですよね。

まさしく英語の勉強も同じであると僕は思っていて、普段外国人と顔を合わしたり英語を使う機会が無ければ、英語を勉強するモチベーションを保ち続けることは至難の技です。

だって、使う機会がないのですから、一生懸命勉強をする意味を見出せなくなりますよね。

おそらく、ほとんどの方がモチベーションを失う理由はここにあるのではないでしょうか。

 

②上達を実感できる機会がない

家の中で一生懸命の英語の読み書きを勉強しても、それを使う機会がなければ意味がありません。

個人的には、英語を使って誰かとリアルにコミュニケーションを取り、その中で自分自身の英語の上達を測るということが好ましいと思います。

しかし、先ほどの理由でもありましたが、「日常生活の中で英語を使う機会があまりない」という場合は、その上達具合を測る機会がないということですから、せっかく勉強した英語を披露できないという状況に陥ります。

これもモチベーションを失う理由の一つですよね。

 

③そもそも明確な目標がない

何事もそうですが、具体的な目標を設定しないと途中で道を踏み外したり、簡単に挫折することになります。

ただし、ここでいう目標とは、

 

「英語を話せるようになりたい」

 

であったり

 

「英語がペラペラになりたい」

 

というような漠然とした目標ではありません。

僕は「英語がペラペラ」というのは非常に漠然としてつかみどころのない言葉だと思っています。

このような《曖昧さ》は目標設定としてはあまり適切ではなく、途中で英語を諦める原因の一つでもあります。

 

英語を勉強するモチベーションを持続させる方法

さて、英語を勉強するモチベーションが続かない理由について色々書いてきましたが、では具体的にどのようにして英語を勉強するモチベーションを持続すればいいのでしょうか?

それには2つの方法があります。

 

①目標を明確にする

英語の勉強するモチベーションを持続するためには、目標をより具体的なものにする必要があります。

例えば

「半年でTOEICを900点以上にする」

「3ヶ月で日常会話が問題なく話せるレベルになる」

という形で少なくとも

 

・What(どのような英語能力を)

When(いつまでに)

 

の2つを明確にするといいでしょう。

 

『英語がペラペラになりたい』という目標は素晴らしいですが、そこには「いつまでに」「どのようになりたいのか」という大切な情報が含まれていません。

これらの2つの情報は、人がモチベーションを維持するためには必要不可欠な情報です。

 

また、『英語がペラペラ』のレベルは人によって違います。

例えば、人からすれば僕の英語はペラペラなのでしょうが、僕自身はまだまだペラペラには程遠いレベルだと思っています。

つまり、英語がペラペラという”ふんわり”とした目標を立ててしまうと、自分以外の誰とも同じゴールを共有できないんですよね。

ゴールが共有できないと、英語を教える方もどうすればいいのか混乱する可能性があります。

まずは、自分自身が「なぜ英語を話せるようになりたいのか?」という根本的な動機をハッキリさせ、そこから「What」と「Why」を明確に導くようにしましょう。

 

②アウトプットする機会を作る

もう、これは何度もお伝えしていることですね。

頭の中に英語を入れたら、今度はそれを吐き出す練習をしましょう。

そして、日々自分がどれだけの英語を話すことができたのかを実感し、モチベーションを維持していきましょう。

具体的には、もし今日「in order to」という表現を覚えたのであれば、それを”あえて”会話の中で使うようにしましょう。

そうすることにより、頭の中の英語の引き出しが増えていき、自分の中のボキャブラリーが自然に増えてきます。

また、「使うことができた!」という経験の積み重ねが、モチベーションを維持することにつながります。

これらを実現させるためには、英語を使う機会を自ら能動的に作っていく他ありません。

方法は様々ですが、現実的な方法としては

 

・外国人の友達を作る

・オンライン英会話に入会する

 

があげられるでしょう。

 

特に外国人の友人を作るのは非常に有効な方法で、一度FacebookやLINEでつながれば、英会話学校のようにお金を払わなくても英語を使って会話をすることができるのでお得です(笑)

なお、僕は【とあるサイト】を使って定期的に外国人の友達を作っています。

これまでにそのサイトから実際に会った人は何人もいますし、実際に会えないような遠い国の人はLINEでチャットを楽しんでいます。

そうするとによって、普段から”本物の英語”に触れることができるので、英語をブラッシュアップし続けることが可能になります。

 

最後に

今日は 《英語を勉強するモチベーションが続かない3つの理由》について書かせていただきました。

いかがでしたでしょうか。

英語の勉強をするモチベーションを維持することは確かに大変です。

しかし、それを超えた先には素晴らしい達成感があなたを待っています。

英語を使って、自分の口で、自分の言葉で、自分の想いを伝える。

このようなことが誰の手を借りることなくできるようになるのです。

きっと、あなたの人生にとって素晴らしい財産になるでしょう。

 

あなたの世界を広げるのはあなた自身の努力です。

是非頑張ってくださいね!!

 

無料公式メルマガ

【期間限定:無料PDFテキストプレゼント中!】

「昔諦めたけど、もう一度英語の勉強を頑張りたい!!」

「もっと英語の勉強のモチベーションを上げたい!!」

そんな人が『絶対に読んでおかなくてはいけない』メルマガを配信しています。

なお、僕のメルマガに登録してくれた人限定で

『英語の勉強のモチベーションが3倍アップする!!魔法のテキスト』

《無料》でプレゼントしています。

これを読めばあなたのモチベーションもさらにアップ!?

期間限定なのでお早めに!!

無料公式メルマガの登録はコチラから

↓ ↓ ↓ ↓

f:id:ceo_masa:20151103160107j:plain

 

【公式LINE@】

ブログの更新やお得な情報をLINEで受け取りたい方は「友だち追加」をお願いします。

友だち追加数

 

【こちらの記事もどうぞ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com