読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

ギリシャ首相のセリフにあっぱれを感じざるを得ない

こんなこと考えてます

f:id:ceo_masa:20150702154839j:plain

いやね、

ここまで開き直ってくれるとあっぱれとしかいいようがない。

www.yomiuri.co.jp

 

莫大な金を借りておいて、

 

 

「どうやって支払えというのか」

 

「どうやって支払えというのか」

 

「どうやって支払えというのか」

 

 

おい!バカヤロウ!

 

お前がそれを言っちゃいかんだろ?

 

って常識なんてぶっとばすこの開き直り。

様式美とでも言えばいいのでしょうか。

 

清々しいまでに一片の曇りもありません。

 

お見事です!!

 

 

しまいには、国民投票は反対に回れと首相自らがアナウンスする。

 

もう、

完全にタガが外れちゃってますね。

 

効きもしないザラキをボスキャラに向かって唱えまくるクリフト並みにキレッキレです(←わかりにくいかな!?)

 

でも、

この「どうやって支払えというのか」というセリフって実は真実で、

ギリシャみたいに観光業に頼っている小国がこれから40兆円以上もの借金を返していける見込みなんて無いですよね。

 

金を借りた人間が強いというか、腹をくくったら何をするかわからないというか。

ロシアと中国というカードがあるからできるんでしょうけど、このふてぶてしいまでの立ち回り。

EU(or ドイツ)やIMFを振り回す姿は結構痛快です。

 

いずれにしても、

誰もが思っていても言えなかったことを、その当人が言っちゃうんだからあっぱれとしか言いようがない。

そういう「常識」や「空気を読まない姿」に学ぶべきところも多いはず。

 

ギリシャ危機の真実 ルポ「破綻」国家を行く Mainichi Business Books

ギリシャ危機の真実 ルポ「破綻」国家を行く Mainichi Business Books

 
逆流するグローバリズム ギリシャ崩壊、揺らぐ世界秩序 (PHP新書)

逆流するグローバリズム ギリシャ崩壊、揺らぐ世界秩序 (PHP新書)