英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

タイのバンコクに到着しました。ダラダラ過ごす事を目標に頑張ります!

f:id:ceo_masa:20150710222602j:plain

タイの首都、バンコクに到着しました!

 

とにかく暑い!

 

日本もだんだんと蒸し暑くなってきましたが、やっぱりタイには勝てませんね。

飛行機から降りた瞬間、うだるような暑さです。

あまりの暑さに

「オラさ、えらいとこきちまっただな~」

って思わず言ってしまいました(←嘘です)

どこかにガリガリ君でも売ってないかなあ~。

そんくらい暑いです。。。

 

目的もなくバンコクに来ちゃった(笑)

えーっと、前回のブログでも書きましたが、

今回バンコクに来た理由は特にありません。

ただのノリです。

しかも、4日間も

我ながら、とんでもない意思決定しちゃったもんですね。

いつも思い立ったら「即行動」がポリシーなんで、またやっちゃいました!って感じです。

 

飛行機の中で

「何をしようかなあ~…」

と一応あれこれ考えたんですよ。

でも、特にそれらしいことは思いつきませんでした(笑)

ま、それもまた良いんじゃないかと。

 

ほら、

自分に言い訳しても仕方ないじゃないですか。

「これも仕事です!キリッ」

とか周りの人に優等生アピールして。

気付いたんですけど、こういう人って【自分から楽しむことを諦める人】なんですよ。

誰に言われたわけでもなく、勝手に後ろめたさ感じちゃう人。

周りに一人はいますよね。

 

どちらかというと僕もそういう節があって

「常識」とか「世間体」を人一倍気にして生きてきた【常識人】なんで

平日に遊びにいったり、昼間っからビールを飲むのは非常に抵抗ある人間なんです。

でも、 そういうのはもうやめます(笑)

つまんないですよね。

そうやって、人の目を気にして生きていくのって。

誰のための人生やねん、と。

 

今回の滞在の目標

今回の滞在では一つ自分自身に目標を課しています。

それは、

 

思いっきりダラダラして過ごすこと

 

です。

日本ではなく【海外で引きこもる】ってやつです。

これはうちの金谷がニューヨークで留学中で実践したことですね!

blog.hagukigyakuten.com

彼の場合はまだ時代がついてきていないという不運が重なったようで、何一つメディアに取り上げられることはなかったようですが(笑)

 

ダラダラすごす。

簡単そうに思うでしょ?

でもね、 これって中々できないですよ。

あなたはやろうと思ってできますか?

できるならすごいです!

 

自分自身の人生って、自分を喜ばせるためにあるんですよね。

だから、こうやって自分の中にある「感覚」とか「衝動」を尊重して、もっともっと自分のことを大切にしないといけないです。

そうしないと、他の人(=他人)を大事することなんでできません。

よく言いますよね、 自分のことを大切に出来ない人は、他の人を大切にできない って。

これ、本当です。

でも、気付いていない人の方が多いんです。

 

英語が話せると見える世界

ちなみにですが、こうやってフラッと一人で海外に来れるのも、やっぱり英語が話せるおかげなんです。

僕の中では海外に行く事なんて

「あ、そうだ京都へ行こう」

みたいな感覚です、本当に。

下手すりゃ、島根に行くよりも身近に感じます(昔、電車で島根に行ったら片道8時間近くかかりました。「やくも」の乗り換えで1時間待ち…)

英語が話せたら、そんな世界になるんです。

言葉が通じるという安心感が生まれますから、 嘘みたいに「壁」がなくなります。

英語が話せると得する事って結構ありますけど、 こういう感覚が身に付く事が最大のメリットじゃないですかね。

僕はそう思います。

飛行機のトランジット?

そんなものでビビってちゃだめ!!

 

最後に

いずれにしても、勢いで来ちゃったバンコク。

今の現地時刻は20:00くらい。

そろそろお腹もすいてきたので、カオサンストリートにでもフラフラ行ってきます。

せっかく来たなら、思いっきり楽しまないとね!

 

では、また更新しまーす。

 

23 地球の歩き方 aruco バンコク 2015?2016 (地球の歩き方aruco)

23 地球の歩き方 aruco バンコク 2015?2016 (地球の歩き方aruco)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2015/07/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
まっぷる タイ・バンコク (まっぷるマガジン)

まっぷる タイ・バンコク (まっぷるマガジン)