読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

1分でわかる海外留学で遭遇する落とし穴のまとめ

f:id:ceo_masa:20150725135432j:plain

今回は海外留学で遭遇する【落とし穴】についてまとめてみたいと思います。

自身の体験も含めて書いてみますので、これから海外留学する予定の人は是非参考にしてみてください!

 

海外留学で遭遇する落とし穴

ホームシック

慣れない海外生活。

話せない英語。

朝起きるたびに「ここはどこ?」と感じる毎日。

最初のうちはホームシックにかかります。

日本語が恋しくてたまらない。

そして、「本当にやっていけるのだろうか?」という不安に押しつぶされそうになる。

留学生活最初の難関です。

でも、誰もが通る道なので、こういう状況もポジティブに楽しんで行きましょう。

 

日本人の誘惑

新しい環境に慣れ始めてくると、日本人の友達がチラホラでき始めます。

公共交通機関の乗り方も覚え、なんとなく街にも慣れ始めて来た時期。

勉強すると決めてきた憧れの海外生活もどこへやら、いつのまにか日本人の友達と飲み歩いたりパーティー三昧の毎日。

「あれ、これって日本の大学生活と変わらないよね?」

と気づけたあなたはまだラッキー。

日本人の狭いコミュニティの中、変なしがらみに縛られながら留学生活を送る人は少なくありません。

日本人の友達を作るのであれば、同じように高い志を持つ人と一緒に時間を過ごしましょう。

勉強することを放棄したワーホリ、遊学生にはくれぐれも要注意!!

 

伸び悩む英語

英語がすぐ伸びるなんて甘い幻想は捨てましょう。

本当にきちんと英語が話せるようになりたければ、最低半年は一生懸命勉強する必要があります。

グダグダいう暇があったら、単語の一つでも覚えたほうがいいです。

現地の語学学校に通ってまだ2〜3ヶ月しか経っていないのに、「私には無理だ...」なんて情けないことはご法度。

でも、心配しないでください。

本当にきちんと努力していれば、半年を過ぎたあたりから驚くほどの勢いで英語が伸びてきます。

自分を信じて努力は続けましょう。 

 

終わる遠距離恋愛

日本に恋人を残して留学に来ている人。

残念ながら、愛が距離を超えることは稀です。。。

LINEやスカイプのような便利なツールがあっても、物理的に会えない寂しさを埋める手段は「会う」以外にありません。

一度ギクシャクしだしたら軌道修正するのは至難の技。

そうなったら覚悟しておきましょう。

そして、終わったことを振り返るのも大切ですが、前を向いて新しい恋に向かうことも勇気だということを頭の片隅に入れておきましょう。

 

でも、それでも待っててくれる恋人がいるのなら.....

 

 

帰国したらプロポーズしてあげなさい。

 

 

最後に

以上、【1分でわかる海外留学で遭遇する落とし穴】についてまとめてみました。

まとめてみると、英語の勉強も大切ですが、メンタルもそれ以上に大切であることがわかります。

海外留学はマラソンみたいなもの。

しっかりと乗り切れるよう、強いメンタルを持っておくことも大切です。