読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

英語を話す時の恐怖心を無くすために知っておきたい、たった一つの真実

f:id:ceo_masa:20150803211022j:plain

英語は話せば話す程、上達のスピードが上がります。

これは200%間違いありません。

しかし、初心者の頃というのは、どうしても英語を話すことに対して消極的になってしまいます。

「英語で話したいけど、間違えたらどうしよう...」

とか

「もし分かってもらえなかったらどうしよう...」

などと、色々変な妄想を勝手に頭の中で繰り広げてしまい、【行動】に移す事ができなくなってしまいます。

いわば、人間が本能的に持つ【恐怖心】がそうさせてしまうんですね。

これは全く自然なことであって、決してあなたが「臆病」だとか「意気地なし」という意味ではありません。

正常な反応ですので、安心してください。

でも、正常な反応とはいっても、いつまでも【恐怖心】を持ったままでは英語が上達することはありません。

今日はその【恐怖心】を取っ払う、たった一つの事実をあなたに教えたいと思います。

 

それは、

 

【世界中の誰も正しい英語を話していない】

 

ということです。

 

例えばですが、アメリカ人の中でも様々な人種が存在します。

ヒスパニック系、アフリカ系、アジア系など、彼らの使う英語はそれぞれ微妙に違います。

また、アメリカという国はとてつもなく広い国ですので、州によっても使われている英語や発音のクセが微妙に違います。

日本で言う「方言」を思って頂ければ結構です。

また、イギリスやオーストラリアの英語は訛りが非常に強く、正直、僕はあまり聞き取れません。

ロシア人の使う英語も独特です。

つまり、

「何をもって正しい英語なのか?」

というのは、とてもあやふやで誰にもわからないわけです。

 

ちなみに、それは僕たち日本人も同じです。

例えば

「全然大丈夫」

という日本語をよく使いますが、これも「正しい日本語」かどうかは正直微妙ですよね。

そう考えると、本当に「正しい日本語」を話している人なんて、実は存在しないんじゃないでしょうか。

 

誰も正しい英語を話していない。

そう考えれば、英語を話す事に怯える必要は何もありませんよね。

間違ってもいいから、「自分が伝えたい事」をきちんと表現するようにしましょう。

そうすれば必ず英語は話せる様になりますから。

 

【期間限定:無料PDFテキストプレゼント中!】

「昔諦めたけど、もう一度英語の勉強を頑張りたい!!」

「もっと英語の勉強のモチベーションを上げたい!!」

そんな人が『絶対に読んでおかなくてはいけない』メルマガを配信しています。

なお、僕のメルマガに登録してくれた人限定で

『英語の勉強のモチベーションが3倍アップする!!魔法のテキスト』

《無料》でプレゼントしています。

これを読めばあなたのモチベーションもさらにアップ!?

期間限定なのでお早めに!!

無料公式メルマガの登録はコチラから

↓ ↓ ↓ ↓

f:id:ceo_masa:20151103160107j:plain

 

【公式LINE@】

ブログの更新やお得な情報をLINEで受け取りたい方は「友だち追加」をお願いします。

友だち追加数