読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

英語をどれくらいの期間勉強すれば字幕なしで映画が観れるのか!?

英語のお勉強

f:id:ceo_masa:20150820113304j:plain

字幕なしで映画を観ることができる。おそらく、多くの方が憧れているスキルだと思います。そこまで英語ができたら、単純にカッコいいですもんね!

翻訳された言葉を「見て」理解するのではなくて、俳優や女優のセリフを「耳から」理解できた。そこには翻訳されていない映画の本当のセリフが味わえる醍醐味があります。まさに映画の本来の魅力を120%楽しめるということです。

英語から日本語に翻訳するとニュアンスに多少の変化があります。そういう意味では字幕なしで映画が観れるメリットは非常に大きいですよね。

では、どれくらい英語を勉強すれば、字幕なしで映画が観れるようになるのか?今回はこのことについて少し書いてみたいと思います。

 

字幕なしで映画が観れるようになるまでの期間

僕自身の経験上の話になりますが、大体1年から2年、本気で英語を勉強すれば「大体は」理解できるようになります。個人差もありますが、リスニングに強い人だと、半年くらいからでもそのレベルまで達することができると思います。

この「大体は」というところが非常に重要なポイントで、 英語の理解度は映画のジャンルによって大きく左右されるからです

例えば、ホラー系の映画。これだと、セリフの中に難しいボキャブラリーや難解なストーリー展開もないので、英語があまりできなくても比較的簡単に理解することができます。

留学当初、ホラー映画の名作「Saw」を観ながら英語を勉強したことがありますが、

「ギャー」

とか

「F◯◯k!!」

とか、そういう恐ろしい単語ばかりで、逆に嫌になった記憶がありますが(笑)

ソウ [Blu-ray]

ソウ [Blu-ray]

 
SAW ソウ DTSエディション [DVD]

SAW ソウ DTSエディション [DVD]

 

 一方、複雑なストーリーが盛り込まれるドラマや医療系の映画などは難しい単語に加えて会話の中で時系列もポンポン飛んでいくので日本のドラマを観ている感覚で理解しようと思うと相当大変です。僕でも字幕なしで理解できない場合もあります。

 

最後に

字幕なしで映画を理解しようとすると、1~2年はしっかりと英語を勉強する必要があります。そして、たとえしっかりと勉強したとしても、観る映画のジャンルによってその理解度は左右されるということです。是非覚えておきましょうね。

 

【こちらの記事もどうぞ】

blog.inakano-masa.com


blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com