英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

とにかく明るい安村から学ぶ、英会話は直訳していたら上達しないという事実

f:id:ceo_masa:20151111102104j:plain

キテますね、とにかく明るい安村。

とにかく明るい安村というインパクト大な名前と、それに負けないくらい濃いネタがイイ。

ちょっとシモ系なのかもしれないけど全然嫌いじゃない。

というか、むしろ好き。

こういうネタをやっても許されちゃうようなネーミングとキャラがずるい。

 

で、この人の決め台詞がコレ

 

「安心してください!はいてますよ!」

 

...いやいや、ちょっと心配したわ!

と、見ている人が心の中で思わずツッコミを入れてしまうっていう心理を巧みについたこのセリフ。

これを英語にすると、どんな文章になるかわかる人いるかな?

 

 

 

 

これ、

 

 

「Don't worry, I am wearing」

 

 

になるんだよね。

 

参考までに動画を一度見てみて欲しい。

www.youtube.com

 

 

英語がうまく話せない人の脳の中

おそらく、英語に翻訳するときに苦労するのが「安心してください」の部分だと思う。

例えば

「Feel safe」

だとか

「Feel relief」

を思いつく人はたくさんいるとは思うけど、それだとなんだかニュアンスがしっくりこない。

「いやいや、とにかく明るい安村さんが言いたいのは、こんな感じじゃない!!」

ってなっちゃって、うまく訳せない。

で、

「安心して下さいってなんだ?どうやって言えばいいのか。”下さい”だからPleaseで始まる?」

と、あれこれ考え始めてドツボにはまっていく。

これが英語がうまく話せない人の脳みその中で起こっていること。

つまり、

日本語をそのまま直訳しようとしてしまって、適切な単語が見つからない

だから、いつまで経っても頭の中で文章が完成しない。

 

必要なのは発想の転換

日本語を英語に、英語を日本語に翻訳するときに必要なのは発想の転換だ。

そのまま直訳をしていては上達することなど不可能。

大切なのは

「そのニュアンスに一番近いセンテンスを選択する」

ということ。

決して

「一言一句、全てを機械的に翻訳する」

ということではない。

それでは感情をもたないGoogle翻訳となんら大差はない。

 

この考え方は

「安心してください!はいてますよ!」

を英語にする場合も同じだ。

「安心してくださいってことは、心配する必要がないってことだよね」

という発想ができる『柔軟な思考』をもっておかないといけない。

杓子定規に翻訳しようとするから

「安心してくださいってことだから、えーっと、安心はsafe?secure?え、なんだろう?」

という風に混乱する。

そして英語を話せなくなるんだ。

 

最後に

英語をうまく話せるようになるためには、「日本語をそのまま英語に直訳する」ということをしていてはダメ。

言いたいこと、伝えたいこと、それらの「ニュアンス」に近い言葉を選ぶことが何よりも大切になる。

英会話で伸び悩む人は真面目な人が多い傾向があって、変に元の文章にこだわってしまい、それを直訳しようとして失敗するんだよね。

それはそれでいいことなんだけど、英会話は決して学校のテストじゃない。

もっと柔軟に、自分の言いたいことを色んな角度で言えるようにする。

そうすれば、英会話なんて絶対に上達するから。

 

無料公式メルマガ

【期間限定:無料PDFテキストプレゼント中!】

「昔諦めたけど、もう一度英語の勉強を頑張りたい!!」

「もっと英語の勉強のモチベーションを上げたい!!」

そんな人が『絶対に読んでおかなくてはいけない』メルマガを配信しています。

なお、僕のメルマガに登録してくれた人限定で

『英語の勉強のモチベーションが3倍アップする!!魔法のテキスト』

《無料》でプレゼントしています。

これを読めばあなたのモチベーションもさらにアップ!?

期間限定なのでお早めに!!

無料公式メルマガの登録はコチラから

↓ ↓ ↓ ↓

f:id:ceo_masa:20151103160107j:plain

 

【キャリアアップしたい方のコミュニティです】

『Goodキャリアスクール』という名前のコミュニティを運営しています。

「転職したい!」

外資系企業に就職したい!」

「キャリアアップしたい!」

そんな思いを抱えたあたなのために【お役立ち情報】を定期的に配信していきます。

ご入校はコチラから

↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加数

 

【こちらの記事もどうぞ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com