読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

【留学】今話題のセブ島『0円留学」は本当に0円で留学に行くことができるのだろうか?

こんにちは。

今、0円留学というものがあるようです。

↓ ↓ ↓

セブ島留学がなんと0円!0円留学

 

この広告を見た人からは

 

「え?0円で留学?」

 

「そんな美味い話が本当にあるわけ?」

 

というベタなリアクションが飛んできそうですが、こういう画期的なサービスを提供する姿勢は結構好感が持てますね。

なにせ、留学に行くときに最大の障害になるのがお金ですから。

やる気と根性はいくらあってもお金がなければ海外になんて行くことができないんですよ。

留学に必要な経費を挙げてみると

 

  • 航空券代
  • 学費
  • 現地での食費
  • 家賃
  • 諸々の費用(交際費、交通費など)
  • 海外旅行保険
  • 帰国してからのしばらくの生活費

 

これらをざっくり考慮しても、最低でも200万円くらいは余裕がないと海外留学になんて行く決意ができません。

そんな中、0円留学というサービスはまさに朗報。

留学に行きたくても行けなかった人に対して門戸を開くという意味では素晴らしいサービスであると言えるでしょう。

 

本当に0円で留学に行けるのか?

何はともあれ、0円留学というからには

本当に0円で留学にいけるのかどうか?

というところが気になるところですが、最初に結論から言うと残念ながら『自分の財布から1円も出さずして海外に留学に行ける』ということではないようです。

というか冷静に考えて、そもそも企業として本当に全てが全て無料でサービスを提供できていたとしたら、それはそれで怖いし、一体裏に何があるか不安でたまらないでしょうよ...。(フェイスブックだってなんで無料かというと、結局は自分たちの個人情報が彼らの商売に使われているからなんですよね)

で、何で0円留学と言っているのかというと、そこには中々面白いビジネスモデルが背後にあって、

学費と宿泊費が0円になる代わりに留学生が現地のコールセンターで働く

というシステムを取っているようです。

つまり、0円になる理由というのは、その分自分の労働力を対価として提供しているからなのです。

HPにも詳しく掲載されてあるので一度見てみるといいのでしょうけど、その他の費用などは自己負担

f:id:ceo_masa:20161015121520p:plain

このあたりについてはきちんと認識しておかないと思わぬ勘違いをしてしまうので注意が必要だと思います。

しっかりとHPを読んでおき、もしわからないところがあれば問い合わせをしておきましょう。

 

現地で働くという経験

この0円留学、ウェブで色々調べてみると1日4時間ほどコールセンターで働くことになるようです。

「働かせるのかよ!」

「えー、0円だと思ったのに!」

という意見もあるかもしれませんが、個人的にこの制度はめちゃめちゃ良いと思いますけどね。

というのも、英語を学ぶだけではなく海外で働く経験を手にいれることができるからです。

留学に来る人というのは、その目的として

  • キャリアアップ
  • さらなる自分の可能性を拡大

が背後にあると思います。

しかしながら、今の世の中、英語が話せるだけでは大きなチャンスに恵まれることは中々ありません。

英語が話せるということがどんどん当たり前の時代になってきましたし、これからは「英語が話せる+α」の能力が求められているからです。

ですので、この0円留学というのは、見方を変えれば

英語を学びながら働く経験も得ることができる

という、まさに一石二鳥のプログラムではないかと思うのです。

 

自分自身の過去の経験

不思議なもので、一生懸命勉強をしているとなんだか知らないけど「働きたい!」という意欲がムクムク湧いてきます。

これは僕のケースなのですが、一度社会人になってから留学に行った(もう一度学生という立場になった)ので、同じ世代の人たちはみんな普通に会社で働いているんですよね。

なので、

『自分が英語を勉強している時間=同世代の人たちが社会人としての経験値を得ている時間』

という認識でした。

つまり、英語を学ぶ時間と引き換えに、大切な社会人としての経験を得る機会をどんどん失っていったのです。

そのため、英語を勉強すればするほど「早く働きたい!」という気持ちがどんどん強くなっていったのを覚えています。

実際、一時帰国した際に元同期の人と会うとなんだか妙に大人びて見えて

「こ、こいつ知らない間に大人になったな...」

なんてちょっと差をつけられたような気になったりすることもありました(笑)

働く経験というのは勉強では手に入れることができないものを提供してくれます。

労働を美化するつもりはありませんが、そこに必ず「机の上では学べない学びの機会」があります。

それを海外で経験できるのはとても良いことだと思います。

それがジャパレスであろうが、日本人のみの勤務先であろうが、外国人しかいないような職場であろうが、自分にとってはかけがえのない経験じゃないですか。

もちろん、実際に働きながら英語を勉強するということは結構大変だと思います。

一生懸命仕事をして、その後に勉強。

英語も覚えなくてはいけないし、仕事も覚えなくてはいけない。

しかも、慣れない環境で。

結構大きなストレスがかかることが予想されますけど、そのような負荷を自分にかけてあげることも成長の機会として大切なことです。

そういった意味では、この0円留学のコンセプトは僕的には全然”アリ”ですね。

 

最後に

ということで、今日は今話題の0円留学について少し書いてみました。

0円留学とは言っても、決して

0円で留学に行くことができる

という意味ではないのでそこは注意しておきましょう。

授業料や宿泊費が0円になる代わりに、現地のコールセンターで働かないといけませんから。

全て0円だという甘い期待は捨てておきましょう。

ただし、ワーホリのように現地でアルバイトなどを探す必要がなく、すでに職が決まっているという点では逆に安心ですし、やはり初期費用が抑えられるという点は魅力。

留学は迷っている時間さえももったいないです。

早く日本から飛び出せば飛び出すほど色んな経験を得る機会に恵まれます。

そういう人たちの背中を優しく押してあげるという意味では、このサービスのコンセプトは非常に素敵だと思います。

また、

「英語も学びたいけど仕事もしてみたい!」

という人にはまさにうってつけじゃないですか!

きちんと働いているのであれば、周りから海外留学を「遊学」とバカにされる心配もありませんしね。

0円留学、さらに詳しい内容については是非ご自身で問い合わせてみてください。

きっと今すぐ海外に飛び出してみたくなると思いますよ!

セブ島留学がなんと0円!0円留学

  

【こちらの記事もどうぞ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com