読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

【留学】セブ島『0円留学』を体験してみてもいいと思う一つの理由

f:id:ceo_masa:20161015171302p:plain

先日より紹介しているセブ島『0円留学』ですが、これは現地のコールセンター(日本語)で労働力を提供する代わりに、授業料と宿泊費が0円になるというユニークな留学システムです。

このユニークなシステムによって、これまで費用の面で留学を諦めていたような人に対しても留学の機会を与えることができるので、個人的にはかなり好感をもっています。

このようなコストメリットに加えて、

実はこの日本語のコールセンターで働く

というところもかなりポイントが高いことに気づきました。

このメリットを考えると『0円留学』を体験してみても全然いいと僕は思いますね。

今回の記事ではそのことについて書いてみたいと思います。

 

コールセンター業務で学べること

コールセンター業務と聞いてあなたはどのような想像をしますか?

一般的に、ヘッドセットをつけて、PCを向き合いながら笑顔で会話する綺麗なお姉さん、そんな想像するかもしません。

もちろん僕もそのような想像をするのでが、一般的にコールセンターというのは

 

いつも「冷静」に、そして「的確な」日本語で案内を提供してくれる電話先

 

というイメージってありませんか?

自分だったら困ってしまうような質問をしたり、こちらが焦って何か趣旨のよくわからない電話をしていても冷静沈着に対応してくれ、そして、こちらが少し感情的になっていたとしても、それを冷静にさせてくれる言葉のチョイス。

まあ、プロの応答を提供してくれる集団です。

そんなコールセンターで働くことができる経験を手に入れることができるので、適切な日本語のチョイスや正しい日本語の応対を身に付けることが可能となります。

あなたが就職してどのような企業に入社することになったとしても、社内、社外の電話の応対というのは絶対に避けて通れません。

その時に、正しい日本語でビシッと受け答えができれば、一気にあなたの評価は上がるでしょう。

クレーム対応など、コールセンターって大変なイメージのある職種でもありますけど、大変な仕事ほどそこで得た経験っていうのは重宝されますからね。

日本に帰ってからも仕事の経験として胸を張れるはずです。

 

正しい日本語が正しい英語をつくる

そのように、コールセンターで正しい日本語を学ぶメリットはまだあります。

正しい日本語が使えるようになれば、正しい英語を学ぶことができるようになるのです。

逆に言えば、

母国語でさえもきちんと話せない人は、英語なんて話せるようにならない

ということなんですけどね。

留学して最初の方は、自分の頭の中に英語脳が確立されていません。

英語脳が確立されるまでは、頭の中にある日本語と新しく学んだ英語の意味とを結びつける作業がメインとなるはずです。

その時に、日本語と英語の意味にズレがあって正しい結び付けができなくなると、覚えた英語を間違った意味で使ってしまう可能性があります。

正しい日本語は正しい英語学習に繋がる。

ということは覚えておきましょう。

また、英語のボキャブラリーは日本語のボキャブラリーと比例します。

コールセンターで手に入れた新しい日本語のボキャブラリーは必ず英語学習に活きてくるはずです。

まあ、世の中に無駄なことは存在しないっていうことですね。

 

まとめ

ということで、今回の記事では『0円留学を体験してみてもいいと思う理由』について書いてみました。

いかがでしたでしょうか?

コールセンターでの仕事というと抵抗がある人もいるかもしれませんが、そこから得られる経験は決して少なくはなく、実際にその業務が英語学習にもきちんと繋がってくるはずです。

また、勉強ばかりの毎日ではなく、仕事をすることによって生活にメリハリが生まれることも期待できます。

実際、毎日毎日机の上で勉強ばかりだと少しダレてしまう人がいるのも事実。

仕事をするということで色んな意味でリフレッシュする効果もあるでしょう。

何れにしても、

自分がどのような姿勢で日々の生活に立ち向かうのか?

というところがとても大切で、コールセンターの仕事であろうがデスクワークであろうが、どんなことからでも貪欲に学ぶ姿勢でいることが大切。

そういう人は必ず充実した留学生活を送ることができ、最終的に英語が話せるようになるはずです。

 

『0円留学』のお問い合わせはコチラから

↓ ↓ ↓

セブ島留学がなんと0円!0円留学

  

【こちらの記事もどうぞ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com