読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

【英語】英語が話せない、英語が喋れないと思っている人の共通点は大体同じ

英語のお勉強

f:id:ceo_masa:20161017161209j:plain

不思議なのが、僕から見ても

「この人全然英語が上手だよね!」

って思うような人でも、その人からすれば

「私なんてまだまだ...」

「英語が全然話せなくて恥ずかしいです...」

って妙に謙遜している人がいるってこと。

こういう人に出会うと驚くときがありますし、そもそも

何を言ってるんじゃい!!

と思わず怒りの感情が込み上げてしまいそうになります。

何度もいいますけど、英語なんて話してナンボ。

うまくないから話すのが恥ずかしいです、なんて言い続けていたら

英語を話さない→英語が上手くならない→英語を話すのが嫌になる→英語を話さない

という悪のループにはまってしまいます。

このループを断ち切らないと英語の上達が遅くなるので注意が必要。

そもそも、僕も最初から英語がペラペラ話せていたわけではありません。

自分で言うのもあれですけど、昔はTOEICの模擬試験で200点台というとんでもない点数を取っていたくらいとんでもなくバカだったんですから。

それでも、海外留学を決意して海外に飛び出し、最終的には外資系金融で就職することに成功。

やっぱりね、基本的に「やる気」と「根性」と「行動力」(こういうことを言うと嫌がられるんですけどねw)があれば大抵のことはクリアできるんですよ、ほんと。

そりゃあ、海外留学に行った最初のころは英語で話すなんて恥ずかしかったし、相手に言いたいことが伝わらなくて悔しい思いをしたことなんて何度もありましたよ。

泣きたくなることなんて何度もあったし、鬱っぽくなることだってあったさ。

でも、日本じゃなくて外国に来ているわけだから英語が話せなきゃ何にもならない。

英語が話せなきゃ、下手すりゃ生きていくことさえ大変な環境でしょ?

だから、嫌でも英語を話さなきゃいけなかったんだよね。

 

 

英語が話せない人の共通点

自分で自分のことを

「英語が話せない」

とか

「英語が上手に喋れない」

っていう人は大体共通点があるんですよね。

これは自分で見てきた長年の経験から大体わかります。

それを今回の記事では見ていきたいと思います。

 

完璧主義者である

自分のことを「英語が話せない」と思っている人は大抵『完璧主義者』です。

ちょっとした文法の間違い(例:HeやSheのような三人称単数の動詞にはsをつける)にこだわりすぎて話すことが億劫になってしまっている人。

こういう人は「自分が何を相手に伝えたいか?」よりも「自分がいかに間違わずに英語を話せるか?」についてフォーカスをしすぎなんです。

本当に大事なのは「相手に何を伝えたのか?」なのにね。

公務員のお仕事みたいな英語にコミュニケーションになっちゃってるんです。

「あ、今過去形にするのを忘れちゃった!」

「複数形なのにsをつけるのを忘れちゃった。。。」

なんていちいち気にする。

でも、それじゃあ全然楽しくないですよね。

ま、こういう人に限って実はめちゃめちゃ発音が上手かったり、実は全然スピーキングが上手だったりすることがあるんで、それはそれでまた厄介なんですけどね(笑)

まあ、簡単に言えば自分のことを低く評価しておいて、実際にはめちゃめちゃできるという、いわばテスト前に「全然勉強しなかったから自信なんてないよ。。。」っていう人と同じ。

心のプライドが異常に高いんです。

この手のタイプの人って、「できない」「失敗」「挫折」って言葉が大嫌いなんですよね。

だから、失敗を恐るがあまり、人前で英語を話すことが億劫になってしまうんです。

でも、実は人一倍負けず嫌いだから、人の見えないところで人の何倍も努力をして英語の勉強をする。

だから、実は結構英語が上手いんです。

あなたの周りでもこういう人、一人はいませんか?

 

 

完璧主義者をやめてやめて英語をどんどん話す!

何をもってして英語を話せる、英語がしゃべれるとするかは人それぞれです。

人によっては本当にネイティブ並みの英語を操れるようにならなければ英語が話せる状態とは認めることができないという人もいれば、それなりに話せればオッケーっていう人もいると思います。

僕も昔はそれなりに堅苦しい考えをしていたんですが、自分が英語を問題なく話せるようになった今は、英語を話していて「あ、今お互いに分かり合えているよね!」って瞬間を感じ取ることができれば、その時点で英語は問題なく話せていると考えてオッケーだと思っています。(非常に抽象的な表現ですが)

こういう「あ、分かり合えてるよね!」っていう成功体験の積み重ねって、英語の勉強を持続させていく上で本当に大切なことですからね。

完璧主義者の人は英語を話すということに対して過敏になる傾向があります。

でも、日本語で会話する時を思い出して下さい。

僕たちの日本語ってそもそも文法通りに完璧に話せているでしょうか?

そして、完璧に話せなかったからといって友人たちに責められることってありましたでしょうか?

英語も同じです。

あなたが文法を間違ったくらいで責める人はいませんし、いちいち誰も気にしませんよ。

そんなことを気にするのはあなたのチューターぐらいです(笑)

なので、いちいち神経質に「間違った」「間違っていない」なんて気にしないほうがいいです。

そんな暇があったら、どんどん外国の人と英語を話して間違って下さい。

間違った数が多ければ多いほど、英語がどんどん上達しますから。

頑張ってくださいね!!

 

【こちらの記事もどうぞ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com