英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

就職活動に失敗したなら思い切って海外に飛び出してもいいんじゃないかな?

f:id:ceo_masa:20161019081655j:plain突然ですが、

「就職活動に失敗して、もう後がない!!」

とか

「就職活動が上手く行かない...」

っていう悩み、あなたも一度は抱えたことありませんか?

僕もありました。

今でこそ、外資系金融でバリバリ働いたというキャリアを持つ僕も、就職活動をしていた当時は受ける会社にことごとくお祈りされてしまい、結局もらった内定はたった一つ。

ほんと、あの時は辛かった。。。

今思い出しても情けない思いでいっぱいになります。

 

就職活動に失敗しても気にするな!!

極論かもしれませんが、そもそも就職活動って

『相手の企業に欲しいと思ってもらために媚びを売る』

そんな活動ですよね。

学生の人であれば、

「何でこんなことやらなきゃいけないの?」

とか

「これって何の意味があるの?」

と、疑問に思うこともあると思います。

それって実は正しい感覚で、日本の就職活動ってやっぱり変なんですよ。

例えば、嘘ついてまで「御社が第一志望です!!」なんてアピールしたり、「学生時代は◯◯のリーダーをやっていました!!」なんて精一杯背伸びをする。

そうやって周りのライバルを蹴落として新卒採用の椅子を手に入れるのが就活ってやつなんです。

で、友達が先に内定をゲットしたら歯ぎしりするくらい悔しい思いをしたり、早くから内定をもらってのほほんと遊んでいる友人を見てはイライラしたり。

そんな自分に嫌悪感を抱いたり。

まあ、誰でもそういう経験ってあるんですよ。

とりあえず就活って何か変なんです。

でも、そうなっている以上、その「ルール」に従ってやるしかないんですよ。

逆に言えば、就職活動で失敗したとしても、それはただ単にその「ルール」の中でたまたま上手くゲームができなかったってこと。

受けた会社との相性が悪かったとか、面接官との相性が悪かったとか、そういうのが理由なだけ。

恋愛と同じで、一人の女性や男性にフラれたからと言って自分の生きてきた人生や人格まで否定されたわけではありませんからね。

なので、『就職活動に失敗=人生が終了』って考えは早計。

世の中には他にもたくさん会社がありますし、生きていこうと思えばいくらでも方法があります。

 

とはいえ、不都合なこともあります

ただ、就職活動に失敗してしまうと、色々と不都合なことがあるのも事実なのは覚えておきましょう。

就活を失敗した学生。

正直、そういう学生に対する世間からの風当たりは想像以上に厳しいと思います。

ましてや今は売り手市場。

内定がゲットできない辛さはこれまでの学生が経験したもの以上だと思います。

例えば、大学を卒業してフリーターになったとします。

これで生きていくことは十分可能ですし、別に人の人生ですからとやかく言うつもりもありません。

ですが、大学まで行かせてくれた両親に申し訳ない気持ちでいっぱいになりますし、地元の友達に「お前、大学まで卒業して一体何してるの?」って言われるでしょう。

つまり、めちゃめちゃ情けない思いをするってことです。

これはほぼ確実ですので覚悟しておきましょう。

しかも、日本は新卒至上主義の国ですから、新卒カードを失ってしまうと一気に就職が不利になってしまいます。

確かに、最近では第二新卒の採用も少しずつメジャーにはなってきましたが、それでも新卒カードの方が圧倒的有利なのは事実。

第二新卒で挑戦できる会社なんてワンランクもツーランクも下の会社になりますから、第二新卒という甘い言葉に期待していると、後でさらに辛い思いをしてしまうかもしれません。

 

就職活動に失敗したら海外に飛び出す

就職活動に失敗してしまった。

じゃあ、どうすればいいのか?

厳しいことを言うようですが、就活に失敗してしまう学生に残された道の大半はブラック企業への就職です。

もしかすると、あなたは第二新卒という淡い期待を抱いているかもしれませんが、そんな世の中甘くありません。

これは僕のケースですが、実は新卒で入社した会社を辞めてから第二新卒枠を狙って少しだけ転職活動をしたことがあるんです。

でも、ビックリするくらい上手くいきませんでした。

新卒で入った会社を半年で辞める人間。

そんな人間を欲しがる企業なんてどこにもないですよね?

採用担当者の仕事は、優秀な人材を採用することですから。

 

新卒で内定が取れなかった学生の採用?

 

あなたが採用担当者だったら採用しますか?

 

そんな学生、欲しいですか?

 

これが答えですよね。

 

悔しかったら海外に飛び出せ!!

「じゃあ、僕は一体どうれすればいいんですか?」

そんな風に思う方のために、就活に失敗した後のリカバリー方法を教えます。

それは、

海外に飛び出して英語を習得する

ということです。

海外に飛び出して英語を習得し、自分自身の価値を高めてから日本に戻ってくるのです。

そうすれば、今のような閉塞感や情けない思いから解放され、新たな可能性に思いっきりチャレンジをすることが可能になります。

就活に失敗したということは、理由はどうあれ、面接官に対して自分のこれまでの経歴が刺さらなかったということです。

つまり、良く言えば綺麗にまとまった人生を歩んでいると言えますが、悪く言えば、何の面白みもない人生を歩んできていると評価された、とも言えます。

つまり、「お?こいつは面白いな!」という魅力に欠けていたということになります。

そんな人間がどうやってそこから逆転していくのか?

一芸に秀でるしか方法がないのは当たり前じゃないですか。

 

英語を話せるようになって人生をやり直そう!

英語は昔も今もビジネスにおいて必須のスキルです。

英語が話せると就職してからもそのスキルは重宝されますし、転職活動時においても自分の市場価値は大きく跳ね上がります。

日本国内でそういった英語が使える人材を探している企業はたくさんありますし、海外で駐在員として働けるような人材が欲しい企業って結構たくさんありますよ。

海外で英語を思いっきり学んで、そして、たくさんの企業から必要とされるような人材になってみましょう。

そして、内定がもらえなくてメソメソしている自分とバイバイしましょうよ。

 

どうです?

そういうサクセスストーリーって、めちゃめちゃ素敵だし、魅力的だと思いません?

 

実際僕もそうだったんですけど、海外に飛び出したおかげで自分の人生の軌道を修正することができたんです。

今思えばあの時決断しておいて本当によかったと思っています。

海外に出るっていうことは、自分の人生をもう一度やりなおす一つの手段。

就活に失敗したのなら、もう一度これまでの人生を振り返って、そこからやり直すのも一つの手段です。

 

負のスパイラルがあなたを待っている

結局この記事で何がいいたいのかというと、

『就職活動に失敗したからといって決してそれは”人生の失敗”ではない』

ということ。

どこの企業も取ってくれなかった?

どこの企業も自分のことを採用してくれなかった?

それはたまたまうまくゲームができなかっただけ。

面接官と相性やタイミングが悪かっただけなんです。

自分自身で人格や能力まで否定することはないんですよね。

そんなことは気にせずに前に進むことが大切です。

ただ、残念ながら就職活動に失敗してしまうと色々と不都合なことがでてくるのも事実ですし、就職活動が失敗した人の人生は往々にして惨めな方向に向かってしまう傾向が強いです。

就職先がない→とりあえず採用してくれる会社に就職→ブラック企業に就職→激務→耐えきれずに退職→転職活動→不採用が続く→ブラック企業に就職→続く....

こんな風に、いわば『ブラック企業スパイラル』にハマってしまうのです。

そうなってしまうと悲惨で、前に進もうとすればするほど履歴書に傷をつけてしまい、30代を手前にいつの間にか普通の企業に就職する事が困難な状況に....。

これが、就職活動に失敗した多くの人がハマってしまう負のスパイラルなんです。

 

でも、

そんなの、嫌だよね?

 

じゃあ、どうすればいいのか?

厳しい現実と戦わのです。

戦うためには、戦うためのスキルを手に入れなければいけないのです。

だからこそ、海外に飛び出すのです。

 

日本はこれから衰退するという現実

もはや、国内だけで競争しているビジネスマンはガラパゴスビジネスマンと言っていいでしょう。

例えば中国。

実際に現地を見てきたから言えるのですが、中国の人って日本人の3分の一の給料で文句も言わずに2倍働きますからね。

もちろん、能力は日本人と大差ありません。

むしろ、英語が問題なく出来る分中国の人の方が上であると言ってもいいと思います。

もう一つ、アジア最貧国の一つであるカンボジアも見てみましょう。

中国人の半分の給料で英語がペラペラの人間を雇う事ができます。

これが今のアジアの国の姿。

日本がもたもたしている間に、周りの国やその人材はものすごい勢いで成長してきているんです。

GDPを中国に追い抜かされた今、日本はもはや他のアジアの国をバカにできないポジションにまで相対的に落ちてきているといってもいいでしょう。

いつまでも日本が素晴らしい、日本がアジアで一番という幻想を生きていては、いつまでも過去の栄光を酒の場で偉そうにひけらかすそこらの親父と大差ないですから。

そういった現実をしっかりを体感し、そして世界で通用するような人材になる。

そのためには、やっぱり海外に飛び出して英語を学ぶことが絶対条件なのです。

 

まとめ

就職活動に失敗した人、就職活動が上手く行かなかった人、そういう人はまず具体的に何をすればいいのか?

まず、自分を責めるのだけは辞めておきましょう。

「何で私ってこうなんだろう」

「他のみんなは仕事が見つかっているのに、どうして私だけ?」

そんな風に他人と自分を比較して落ち込むという事をやめる。

そうするだけで心が軽くなります。

とにかく他者と比較するのを辞めちゃいましょう!

自分は自分、友人は友人。

こういうマインドをしっかりと持っておくことが大切です。

そして、次に取るべき行動は『ブラック企業スパイラル』に陥らないために、海外に飛び出す計画を立てる事。

具体的に言えば、留学をして英語をしっかりと身につけ、そしてそこから現地で働けるようなルートを探す。

そうすることにより、自分のキャリア及び人生を軌道修正させることが可能になります。

お金に余裕がある人は海外で難関と言われているような資格取得を目指して頑張っても良いでしょうし、一般的なルートとしては

海外で英語を習得→TOEICのスコア取得→現地でインターンシップ→現地(もしくは日本)で就職

という流れを意識するといいと思います。

もしかすると、海外留学に行くお金がないという人もいるかもしれません。そういう人は、この0円留学を利用してみることをオススメします。

是非チェックしてみてください。

 

【『0円留学』のお問い合わせはコチラから】

セブ島留学がなんと0円!0円留学

 

最後に

いずれにしても、『就職失敗=人生に失敗した』ではありません。

そこからいつでも軌道修正することは可能ですし、とにかく視野を広く持つことが大切です。

就職活動でたくさん惨めな思いや悔しい思いをしたのなら、英語を話せるようになって周りを見返してやればいいじゃないですか。

一回きりの人生、あなたは絶対に勝たなきゃダメなんです。

そんな本気になったあなたを僕は全力で応援します!

絶対に負けるなよ!!

 

【こちらの記事もどうぞ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com