読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

一枚では危険!?海外留学に行く人はクレジットカードを複数持っていくようにしよう!

留学についてひとこと

f:id:ceo_masa:20161114075648j:plain

これから海外留学に行こうと考えているあなた、あなたはもうクレジットカードは持っていますか?

クレジットカードを持っていれば、例え財布の中に現金がなくてもカードで生活用品を購入したり、ウェブサイトを通じたオンライン決済をすることが可能です。

海外で常に現金を持ち歩く必要がなく、現地通貨への両替の必要もないのでクレジットカードをもっておくと非常に便利です。もし、これから海外留学を考えているのであれば、いまのうちからクレジットカードを作っておきましょう。

 

すでにクレジットカードを持っているあなたへ

もしかすると、あなたはもうすでにクレジットカードを持っているかもしれません。

そして、

「クレジットカードなんて一枚あれば十分でしょ?」

「クレジットカードをたくさん持っていたら危ないんじゃない?」

と思うかもしれません。

たしかに、クレジットカードはメインのものを一枚持っておけばそれで十分です。日本の中で生活を送る上で困ることはないでしょう。

しかし、もしあなたがこれから海外留学に行く予定であれば話は別。クレジットカードを一枚持っていくだけでは非常に危険です。

 

海外留学ではクレジットカードを複数持たないと危険?

海外留学ではクレジットカードを複数持たないと危険です。

その理由としては、

  • 盗難にあった時に手持ちのクレジットカードがなくなる
  • 支払いに対応していない種類がある

ということが考えられます。

では、それぞれについて少し見ていきましょう。

 

盗難にあうリスク

海外留学中に盗難に合うリスクは非常に高いです。

例えば、カフェ。

日本では席を取るために椅子やテーブルにカバンを置いてから注文をする人がいますが、これをやってしまうとちょっと目を離した隙にカバンが盗まれてしまいます。

もし、カバンの中に財布が入っていて、そこにクレジットカードが入っていたら?

もし、あなたがクレジットカードを一枚しか持っていなかったら?

その時点で手元のクレジットカードの枚数はゼロ。

そこからの支払いは全て現金という状況になってしまいます。

ですが、留学生が持てる現金というのはそんなに多くはありません。

財布の中に現金がなければ食料を買うことができませんし、下手をすると学校の学費だって支払うことができなくなります。

現地の携帯電話の支払いもそうですし、水道料金や電気料金の支払いもあります。

クレジットカードを一枚しか持っていない状態というのは、盗難にあった時のリスクが非常に大きいのです。

 

支払いに対応していないブランドがある

クレジットカードにはVisa、Master、JCB、AMERICAN EXPRESSなどのブランドがあります。

もし、手元に一枚だけしかクレジットカードがなければ、お会計の時にそのクレジットカードのブランドに対応していない場合は現金で支払わないといけません。

例えば、手元に現金がない状態でレストランに行き、お会計の時に持っているクレジットカードが対応していないことが分かったら?

ある程度英語が話せて今の状況をうまく店員さんに伝えることができればいいのですが、もし英語が全然話せなければどうしますか?

店員さんが警察を呼んでしまったら?

想像するだけで怖いですよね。

以上の理由から、留学に行く前には最低でも2つのブランドのクレジットカードを用意しておくことが必要になるのです。

 

英語が話せないという怖さ

さきほど述べた2つのリスク。

これらが日本国内で起こってしまうのであれば全然怖くありません。なぜなら、日本語が話せるから事情をきちんと説明できるからです。

ですが、海外留学となれば状況は違います。これらのトラブルを全て現地の言葉で対応しなくてはいけません。

留学に来てすぐにクレジットカードを無くしてしまった。現金もあまり持っていない。これからどうしよう?ただでさえなれない環境でのトラブルです。しかも、それを英語で説明しなくてはいけないなんて本当に大変です。

そのようなトラブルのリスクに備えておくためにも、海外留学を考えている人はクレジットカードを複数(最低でも2枚)持っておくこと非常に大切なのです。

 

 

僕の海外でのクレジットカードの使い方

僕は2年半ほど海外留学に行っていました。

現地の携帯電話代、電気代、水道代、インターネット料金、全ての料金はクレジットカードでの清算でした。

また、現地でのランチ代や夕食などもクレジットカードで支払っていましたし、日用品の買い物もクレジットカードでした。

それに加えて、手元のお金(現金)が厳しい時はクレジットカードで支払うことにより、なんとか支払い日を延ばしてやりくりをしていたこともあります。

これも現地での学生生活の知恵。

とにかくクレジットカードをガンガン有効活用していました。

現金と違ってお得なポイントも貯まりますしね。

社会人になってからも出張や旅行などで何カ国もの国に行くことがありましたが、その時の支払いも大体クレジットカード。

後からネットで履歴を見ることができますし、出発時と帰国後の面倒な両替も必要なし。

念のため手持ちの現金は3〜4万程度は持っていくようにはしていましたが、基本はクレジットカードを活用していました。

 

クレジットカードのトラブルってあるの?

「海外でクレジットカードを使ったら不正に情報を使われるんじゃないの?」

「海外でクレジットカードを使うなんて怖い!」

と思う方もいるかもしれません。

たしかにその可能性は少なからずあります。

例えば、クレジットカードの情報の不正利用。

僕の場合、日本にいるにもかかわらず、なぜか南アメリカの薬局で僕のクレジットカードの情報が使われてしまい、支払いは日本円にして約17万いうケースがありました。

ですが、すぐにクレジットカードの会社から

「今日本にいらっしゃいますよね?使っていませんよね?支払いはストップしておきますのでご安心ください!念のため、新しいカードを発行させていただきます」

と電話がかかってきました。

被害金額はゼロ。

特に面倒なこともありませんでした。(新しいクレジットカードが発行されたので、各種の支払いのためのクレジットカードの登録情報を変更する手間はありましたが)

どこで僕のクレジットカードの情報が漏れたかはわかりませんが、ちょうどその2週間ほどまえにロスアンゼルスに行っていて、その時に滞在していた安いホテルの決済をクレジットカードにしていました。

おそらくそこから情報が漏れたのではないかと推測しています。

何れにしても、これが生まれて初めて体験したクレジットカードのトラブル。

でも、その一回こっきりです。

『海外でクレジットカードを使う=不安』という方もいるかもしれませんが、そんなに神経質になることもないかと思います。

心配な人は、自分で使用限度額も設定できますからね。

 

 

僕がオススメするクレジットカードとは?

海外では様々なトラブルがあります。それらのリスクに備えるために「そんなことは起こらないだろう」ではなく「起こった場合どうするか?」を考えて行動をすることが大切です。

僕がオススメするクレジットカードは以下の通り。これから海外留学に行く予定がある人はきちんと準備してから留学に出発するようにしましょう!!

 

1. 三井住友Visaカード

>>三井住友VISAカード 入会キャンペーン!

 

2. 楽天プレミアムカード

現地でお金の支払いができなくなってしまったというリスクに備えるためにも、これから海外留学に行く予定がある人はクレジットカードを複数枚持っていくようにしましょう!!

 

【その他の記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com