読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

【まとめ】共感できる!外資系金融の社内メールでよく使う英語表現18個

外資系金融のお仕事

f:id:ceo_masa:20161116151027j:plain

今回の記事では「外資系金融の社内メールでよく使う英語表現18個」についてまとめてみたいと思います。今外資系金融で働いている人であれば絶対に「わかる!」と共感できると思います。また、これから外資系金融で働く人にとっても、社内メールでどのような英語が使われているのかを知れるいい機会になるはずです。ぜひ読んでみてください。

 

 

外資系金融の社内メールでよく使う英語表現18個

1. Any update?

何か進捗は?という意味。

人に対してはガンガン送信できますが、自分にくると嫌なメール。

普段から人をいじめないようにしないと、いつかしっぺ返しがくることも。

 

2. I am working on this.

今対応中という意味です。Any update?のメールに返す言葉です。

何もやっていなくてもこのように返信しておかなければいけない時もあります。

 

3. Thank you for your information.

その情報を教えてくれてありがとう。

お礼の気持ちを伝えることは大事です。

 

4. Please let me know if you have any questions.

もし質問があったら何でも聞いてという意味です。

相手が質問してこないだろうという前提でのセリフなので、実際に質問がくるとウザイ場合があります。

 

5. Please confirm this.

これを確認してくださいという意味です。

金融はとにかく確認事項やダブルチェックが多いです。その時によく使う言葉です。

 

6. Confirmed.

確認したという意味です。

Please confirm thisというメールに対して返信する時に使います。

 

7. As we discussed, 〜

議論した通り、話した通り。

同席しなかった上司をCCに入れておくと効果的。メールで相手からエビデンスをとる時に使います。

うかつにミーティングでタスクを引き受けると「As we discussed, please take care of this task」という一斉メールを送信される可能性があるので注意。外資系金融の社内ではいいカッコをしても得することはありません。

 

8. As we agreed, 〜

同意した通り、賛同したとおり。

As we discussedの別バージョンです。

 

9. Please find the attached.

添付ファイルをご確認ください。

探さなくても見つかりますが(find=探す)、このように表現します。

 

10. Well noted.

わかりました。了解しました。

実際はよくわかっていない場合が多々あります。

 

11. Got it.

こちらも了解したの意味。

 

12. Done.

完了した、終わったよ、という意味。

うるさい奴からのメールにはこの一言だけでOK。

 

13. This is not acceptable.

それは受け入れられません。

相手からのメールの意味がよくわからない時に使います。また、相手が目下の時によく使われます。(外資系は組織のヒエラルキーがはっきりしています)

 

14. I don't know what you mean.

意味がわかりません。

英語の意味がわからない時や、そもそも言っている主張や要求の意図がわからない時に使います。これを使う時は大分イライラしています。

 

15. Looks fine.

問題ない。オッケーです。

ただ、超忙しい上司からこう返信が来た場合は、本当にきちんと細部にまで内容を見てくれているでしょうか...。

 

16. Great!

よくやった!すばらしいの意味。

簡単な英単語ですが、メールで言ってもらうと結構うれしい言葉です。

 

17. FYI

For your information。ちょっとした情報までに。

 

18. ASAP

As soon as possible。なるべく早く。

この文字がついた案件は超特急で対応しなくてはいけません。

 

まとめ

以上、「外資系金融の社内メールでよく使う英語表現18個」になります。いかがでしたでしょうか?

例え外資系金融とはいっても、社内メールで使われている英語というのはそこまで難しい単語ではありません。英語が苦手な方はちょっとホッとしたのではないでしょうか?

何れにしても、もし英語が苦手でも外資系金融を志望するのであれば、まずこれらの簡単な表現から覚えるようにしておくといいと思います。

 

【外資系金融に関する他の記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com