読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

【まとめ】外資系金融マンが自分のご褒美に買いたい5つのアイテムのご紹介

外資系金融のお仕事

f:id:ceo_masa:20161117150905j:plain

来月はクリスマスです。大切な人へのプレゼントもそうですが、自分へのご褒美も今から考えておきたいところ。今回は「外資系金融マンが自分のご褒美に買いたい5つのアイテム」についてまとめてみました。外資系金融マンの方、必見です!!

 

外資系金融マンが自分のご褒美に買いたい5つのアイテム

1. Berluti(ベルルッティ)の靴

ベルルッティが持つ色気はたまりませんね。本当にこの”チョイエロ”な雰囲気が最高です。でも、さすがにこの靴で朝の埼京線や田園都市線には乗る勇気はありません...。

 

この靴を普段から履けるような人はオフィスから徒歩圏内に住んでいるか、車で出勤くらいの収入があるような人でしょう。まだまだそのレベルまでは遠くても、ちょっと背伸びしてでも持っておきたい靴です。

 

2. Berluti(ベルルッティ)の財布・名刺入れ・キーケース

ベルルッティの革製品のクオリティの高さは素晴らしいです。僕も長財布を持っていますが作りが丁寧なので全然ヘタレてきません。また、知る人ぞ知る高級ブランドになりますので持っているだけでもセンスがいいと思われます。所有欲を満たしてくれる数少ないブランドかと。カリグラフィーのデザインだと名刺交換の際に自己主張できていい感じです。財布、名刺入れ、キーケース、全てのアイテムをカリグラフィーのデザインで揃えたいところ。

 

 

 

3. ALDEN(オールデン)のシューズ

やっぱり一足は持っておきたいオールデンのシューズ。オンにもオフにも使えるので本当に便利!履き込んでいくといい味が出てきますので、ず〜っと付き合ってきたいシューズです。

 

4. HERMES(エルメス)のネクタイ

いいネクタイをすると仕事をする時にものすごく気合が入ります。質のいいネクタイというのは面談相手も分かりますので、勝負の時のためにエルメスのネクタイは一本は持っておきましょう。さすがはエルメスです。入る気合が全然違います!

 

 

5. MONTBLANC(モンブラン)の万年筆(もしくはボールペン)

外資系金融マンであれば一本は必ず持っておきたアイテム。胸ポケからチラリと見せればオシャレです。オファーレターにサインとする時など、特別な瞬間に使いましょう。これを機会に永く愛せる一本を。(万年筆が苦手な方はボールペンをオススメします)

 

 

まとめ

以上、「外資系金融マンが自分のご褒美に買いたい5つのアイテム」になります。どれもこれも素敵なブランドのアイテムですよね。参考になれば幸いです。

こうしてまとめてみると自分で欲しくなってきました。僕はベルルッティの大ファンなので今年のクリスマスは何か小物でも買ってみたようかな!?

 

おまけ

こんなアイテム見つけました!ニューバランスが好きな人は要チェック!?

大人の遊び心を刺激するスニーカー「にゅ~ず」

こういうダジャレの効いたアイテムを買うことができる余裕があるのも....外資系金融の強みです(!?)

 

【外資系金融に関する他の記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com