読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

外資系金融で働き始めた後に感じるストレスの解消方法

外資系金融のお仕事

f:id:ceo_masa:20161119084946j:plain

外資系金融で働き始めた後に感じること。それはストレスです。世界をまたにかけるような外資系金融のダイナミックな仕事に夢中になっていると、ストレスを感じていることにも気づかないかもしれません。ですが、体というのは正直です。毎日毎日全力疾走していると、ある日ガクーンとガタがくることもあります。(昔、D社出身の方だったと思うのですが、社内で何の前触れもなく突然倒れたのを見たことがあります...)

今回は「外資系金融で働き始めた後に感じるストレスの解消方法」について書いてみたいと思います。外資系金融の仕事はタフですが、やりがいがあって楽しいことには間違いありません。そんな仕事をバリバリこなしていくためにも、ストレスの解消方法を知っておくことが大切になります。

 

外資系金融で働き始めた後のストレス解消方法

とにかく美味いものを食う!

美味しいものは体も心も癒してくれます!!寿司、フレンチ、イタリアン、日本食、中華、とにかく美味いお店に行って美味いものを食べるのが最高のストレス解消法です。外資系金融のオフィスはそもそも都内の中でもトップクラスのロケーション(六本木、丸の内、日本橋、溜池山王など)にあるため、クオリティの高いレストランへのアクセスが容易です。空いている時間を見つけて食べに行くか、もしくは休日に出社がてら美味しいランチを食べる。これこそが最高のストレス解消になります。(ここに綺麗な女性がいるとさらにストレスが解消されますが、同僚に手を出すのはやめておきましょう。後で痛い目に合う可能性が高いです....)

プロジェクトなどで忙しい状態が続いていると、ついついコンビニのおにぎりやカロリーメイトに頼ってしまいます。ストイックな人だと「お腹の中に食べ物を入れると眠くなって集中できない!」と何も食べない方もいます。しかし、きちんとした食生活が健康的な体を作るわけですから、そういう生活を続けていると体にとってよくありません。

 

とにかく欲しいものを買いまくる !

典型的なストレス解消法です。憧れだったあのブランド、欲しかったあのカバン、いつか手に入れたかったジャケットやコート、つべこべ言わずみーんな買っちゃえばいいんです!!お会計で10万越え?20万越え?気にしない、気にしない。カードで一括払い。例えお金がなくなったとしても、また頑張って稼げばいいんです。強欲なまでの浪費と生産活動。資本主義丸出しの個人行動。それこそがモチベーションの源泉となるんです。お金と一緒にストレスも飛ばしちゃえ!!

blog.inakano-masa.com

難点としては、あとで「なんでこんなものを買ったのだろう...」と悩むことです。結局、家の中のゴミを増やしてしまうことになります。服なんて3年も経てば流行遅れになりますし、ソースやラーメンの汁がついたら一気に価値なんて下がりますから。もっていたブランド物のアイテムのほとんどはメルカリやフクウロの宅配買取サービスで処分しちゃいました。

 

とにかく走る!

ストレスが溜まったと感じたら、とにかくマラソンをする。これは結構オススメです。休日に家で寝ていても仕方ありません。つまらないおっさんになるだけです。オフの時こそ外にでて体を動かして汗をかく。そうすると驚くほどストレスが解消されます。特にマラソンのようなストイックに自分と向き合うスポーツが一番オススメ。ランナーズハイになるくらい走りましょう。最高の爽快感が得られ「よし!来週からまた頑張るか!!」という気持ちになれます。また、マラソンを通じて得られる根性も大切。精神論に聞こえるかもしれませんが、外資系金融のようなハードは仕事をこなしていくためには精神的にタフになることも必要。マラソンを通じて手に入れた根性は外資系金融の仕事にも十分活かせます!

外資系金融で働くと、長時間椅子に座ってパソコンを見ることが当たり前の生活を送ってしまいます。体を動かす機会は通勤、退勤の時。自宅から駅、駅からオフィスまで距離を歩くだけ。これでは体が鈍って仕方がありません。しかも、皮肉なことに外資系金融のオフィスのロケーションは抜群。駅から全然歩かなくてもすぐにオフィスに到着します。いいことなんですが、歩く距離がとても短いんです。オフィスのすぐそばのマンションい住んでいるような人だと、1日に歩いた距離が1km以下という人も。朝早く太陽が昇るころに出社し、日中は蛍光灯の灯とパソコンの光を浴びる。そして、太陽の光を浴びることなく真夜中に帰宅する。こんな生活を続けていたら、あの逞しかった体もいつの間にかもやしに...。ヤバいと思った方は、すぐにランニングシューズとジャージを買って自宅の周りを走りましょう!!

もし家の周りが走れるような環境でなければ、ジムを利用するのも手です。外資系金融のオフィスのロケーション的に、六本木や西麻布から好アクセスなパーソナルトレーニングラボが結構良さそうです。

【パーソナルトレーニングラボ】

 

海外旅行に行く

もし、運良くバケーションを取ることができたのであれば、海外旅行にいっちゃいましょう!!ハワイやグァムのような暖かい国の綺麗なビーチでのんびりするのは最高です。(男だったらバンコク?)普段5分おきにチェックしているスマホやブラックベリーなんて電源をオフにしちゃいましょう!出発前にOutlookの自動返信の設定はお忘れなく。

なお、航空券は自分で手配するのが当たり前の時代になりました。最近僕はDeNAトラベルを使っています。ホテルの予約はAgoda一択。航空券の手配からホテルの予約まで全部自分でやります。外資系金融で働く人であれば当たり前ですよね!?

なお、海外に行った後はTripAdvisorを使うと現地のグルメ情報を見ることができるのでオススメです。ここの口コミの精度は結構高いです。個人的な経験からですが大体当たります。変なステマみたいな口コミがないのがいいですね。日本語の翻訳機能を使うと訳のわからない文章になりますので、英語の文章そのままで読むといいでしょう。

 

まとめ

以上、「外資系金融で働き始めた後に感じるストレスの解消方法」になります。

ガッツリ稼いでガッツリ使う。そんな資本主義丸出しの思い切ったストレス解消方法ができるのも外資系金融の魅力です。細かいことはつべこべ言わず、思いっきりやっちゃえばいいんです!!ただでさえ仕事で細かい数字と向き合っているんですから、プライベートまで細かいことを気にしていると余計なストレスを抱えてしまいますからね。

さあ、また明日もバリバリ働いて稼ぎましょう!!

 

【外資系金融に関する他の記事はコチラ】 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com