読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

未経験の人が外資系金融で働くための2つの方法

外資系金融のお仕事

f:id:ceo_masa:20161122110952j:plain

外資系金融に未経験で就職、転職することは可能なのか?今回の記事では「未経験の人が外資系金融で働くための2つの方法」について少し解説をしてみたいと思います。未経験でも外資系金融で働きたいというアツい思いを持っている方はぜひ参考にしてくださいね。

 

 

未経験の人でも外資系金融で働くための2つの方法

未経験の人でも外資系金融で働くためには、

  • 新卒で外資系金融に入社する
  • 外資系金融に転職する

この2つの方法しかありません。

新卒の人が外資系金融に入社する場合、求められるレベルがかなり高いのが特徴です。高い学歴はもちろん、学生時代にやった活動などもしっかりと人事に見られます。サークル活動、ボランティア、起業などのありきたりの経歴ではなく、ベンチャーを立ち上げて売却したとか、ハーバードにちょっと留学していたとか、英語は日本語と変わらないくらいペラペラとか、かなりぶっとんでいる経歴が求められます。

未経験の人が転職をする場合、まずは未経験でもOKの求人案件を見つけなければいけません。そもそも外資系金融の求人案件は非公開のものがほとんどですので、必然的に転職エージェントの力を借りる必要がでてくると思います。案件自体は比較的転職しやすいものが多く、特に営業職やマーケティング職であればすんなり転職が決まることもあります。

では、それぞれについて少し詳しく見ていきましょう。

 

1. 外資系金融へ新卒で入社する

新卒を採用している外資系金融というのは国内の中でも存在感が比較的大きい外資系金融になります。有名なところで言えば、ゴールドマンサックス、JPモルガン、ドイチェバンク、UBS、クレディスイス、バークレイズなど。これらの大手外資系金融では毎年新卒を採用しています。その他、あまり日本でプレセンスのない中小の外資系金融が新卒の採用をすることはありません。

新卒で外資系金融に入社する場合ですが、まず始めに書類選考が待っています。書類選考を勝ち抜くためには高い学歴を証明することが求められます。 東大、東工大、京大、早稲田、慶応、一橋、上智。このあたりの学歴がないと書類選考の段階ではねられる可能性が高いです。(それ以外の大学の場合、そもそもWEBエントリーの段階で大学の欄の選択肢に存在しない場合があります)それもそのはず、海外の同僚はハーバード、コロンビア、スタンフォード、オックスフォードなどの超一流大学卒の人間ばかりなのですから、そういった人たちと一緒に働くためにはそれ相応の知識と教養、地頭の良さを兼ね備えていなければいけません。自分にはそれができる。その客観的な証明となるのが学歴なのです。学歴の選考はある意味フェアであると言えます。

書類選考で勝ち残った後は厳しい面接が待っています。面接は各部門の社員、ヘッド、マネジャーなど、数多くの人と何度も行われます。うんざりするくらいの数の面接にへこたれそうになってしまいそうになりますが、これは採用のミスマッチを防ぐという目的と、先輩社員が「こいつと一緒に働きたい!」と思う人間を採用する目的のために行われます。面接で聞かれる質問も難関なものが多いのも特徴。面接対策は必須です。外資系コンサルの過去問は外資系金融の面接対策としても役に立つと思います。

過去問で鍛える地頭力 外資系コンサルの面接試験問題

過去問で鍛える地頭力 外資系コンサルの面接試験問題

 

こうやって書類選考を通った優秀な人をさらに篩にかけるのも外資系金融の新卒採用におけるプロセスの特徴。面接を勝ち残り、オファーレターをもらえば晴れて内定となります。

以上のように、外資系金融に新卒で入社するためには、

  • 高い学歴
  • 厳しい面接をくぐり抜ける

という二つの要素が求められます。

新卒で外資系金融へ入社する人は、まず自分がこの二つの要素を持ち合わせているかを確認しましょう。憧れの外資系金融に入社したい!自分もガンガン稼ぎたい!そんな気持ちも大切ですが、背伸びをして自分の能力に見合わない仕事をしてもそれは幸せな人生を歩むことには繋がりません。仕事はあくまでも人生の一部です。今はまだ外資系金融へ挑戦するレベルでなければ、他の仕事(もしくは他の日系の金融会社)で修行をするという柔軟な考えも持っておきましょう。

 

2. 外資系金融へ転職する

未経験の状態から外資系金融へ転職をするためには、金融業界の経験がゼロでもOKの求人案件を見つけなければいけません。このような案件を募集する外資系金融というのは、

  • あまり規模が大きくない
  • 日系のカルチャーに近い
  • 社内は日本人ばかり
  • 同僚も転職組みが多い

という傾向があります。そのため、初めて外資系金融に転職する人にとっても比較的安心な職場であると言えます。

業界の経験がゼロでもOKの求人案件を見つけるためには、リクナビNEXTDODA のような求人サイトを閲覧することによって自ら探さなくてはいけません。ですが、外資系金融の求人案件というのは表にでることはあまりないため、いつまで経っても希望に合うような外資系金融の仕事が見つからないことがありますそのため、非公開求人を紹介してくれるような転職エージェントを利用することをオススメします。

 

業界未経験の方は転職エージェントがオススメ

次に僕がオススメする4つの転職エージェントを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

僕がオススメする4つの転職エージェント 

1. JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

JAC Recruitmentは、日本で28年の転職支援実績がある転職エージェントです。

国内、外資系の求人案件に強いだけではなく、海外の求人案件にも強いネットワークを持っており、外資系金融だけではなく外資系企業の求人案件全般に強いことが特徴です。

外資系企業への転職を通じて今後のキャリアアップを目指すのであれば、絶対に登録しておくべき転職エージェントです。

丁寧なヒアリングときめ細やかなサポートも非常に満足度が高く、心から納得できる転職活動をおくることができるはずです。

海外留学経験があり、英語が話せるようなグローバルな人材だけではなく、これからマネジメント・エグゼクティブ職を目指す方にもオススメです。

>>JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)

 

2. Recruit Agent(リクルートエージェント)

リクナビ、リクナビNEXTなどで同じみのリクルートキャリアが運営する転職エージェントサービスになります。

国内案件に強いというイメージがありますが、実は外資系金融・海外案件も紹介案件として豊富に取り揃えています。

国内大手の転職エージェントだけあって、サポート、案件数、ノウハウ、全てがトップレベルといってもいいでしょう。

特に案件数に関しては非常に豊富で、思わぬ優良案件に出会えることも。

口コミ評価も軒並み高く、これから転職活動を始める方は登録しておきたい転職エージェントです。

>>リクルートエージェント

 

3. Adecco(アデコ)

世界60の国と地域で5000ヵ以上もの拠点を持つ転職エージェント。

英語の面接対策などのサポートはもちろんですが、優良外資系企業と信頼関係を築いている専任のコンサルタントが転職のサポートをしてくれます。

グローバルなネットワークを活かしたノウハウと情報は、まさに外資系転職エージェントならではの強み。

外資系金融のようなグローバルなフィールドに活躍の場を求める人にオススメの転職エージェント。

>>Adecco(アデコ)

 

4. クライス&カンパニー

クライス&カンパニーは、とにかく求人案件のレベルが高いです。

さらなる年収アップとキャリアアップを狙うのであれば絶対に登録しておきたいハイクラスな転職エージェントの一つです。

PEファンドのような金融系の求人案件だけではなく、その他の業界の大手企業、大手日系企業や成長真っ只中の企業など、抱えている求人案件は非常に魅力的です。

コチラにも掲載されているように、特に30代の方の転職に非常に強く、そろそろ年収を1000万台に乗せたい人にオススメです。

また、キャリアコンサルタントの方の実績が素晴らしく、長期的なキャリア形成のためにも一度はアドバイスを願いたいところ。

30代のマネージャークラスの転職なら一度は相談しておきましょう。

>>ハイクラスに特化した人材紹介【クライス&カンパニー】

 

ハイクラスな転職サイトを希望する方はコチラ

なお、

「気軽に転職活動をしたい!」

「マイペースに転職活動を進めたい」

など、様々な事情により転職エージェントではなく転職サイトを使って転職活動をしたい方もいるはずです。

そのような方には以下のBizreach(ビズリーチ)をオススメします。

非常にハイクラスな転職サイトになりますので、転職エージェントと併せて登録をしておくと、さらに色んなキャリアアップの機会に恵まれるでしょう。

 

BIZREACH(ビズリーチ)

国内最大級のエグゼクティブ向け会員制転職サービスです。

国内外の優良企業と、厳正な審査基準をクリアした一流ヘッドハンターから直接スカウトをうけることができるという、これまでの転職エージェントとは一味違ったユニークなサービスがウリです。

主なターゲット層は年収750万円以上のハイクラスなビジネスパーソンで、扱っている求人案件のレベルは軒並み高いです。

これからアグレッシブにキャリアアップ、年収アップを狙いたい方にオススメです。

>>■□ 年収1000万円以上の会員制転職・求人情報サイト ビズリーチ □■

 

まとめ

以上、「業界未経験の人が外資系金融で働くための2つの方法」になります。いかがでしたでしょうか。

新卒で入社するハードルがものすごく高いのが外資系金融の特徴です。新卒で入社することだけがキャリアではありません。もし、新卒で外資系金融に入社することができなければ、将来改めて転職をすることも視野に入れておきましょう。長期的な視野でキャリアを形成することも大切ですから。頑張ってくださいね!!

 

 

僕の経験上、未経験でもOKの求人案件を見つけるためには常にアンテナを張っておく必要があります。空いている時間は求人サイトをチェックしたり、転職エージェントとコンタクトを取ったりするなど、自分から色々動いてみると”掘り出し物”の求人案件に出会えることができるかもしれませんよ!

 

 

 

【外資系に関する他の記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com