読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

【体験談】外資系金融の激務とストレスのせいでハゲた時の3つの対策方法

外資系金融のお仕事

f:id:ceo_masa:20161122161206j:plain

 外資系金融の仕事というのはハードです。プロジェクトが立て込んでくると、いわゆる激務が当たり前の状態となってしまい、心身ともに激しいストレスを感じることがあります。また、上司や同僚との人間関係から生まれるストレスも存在します。これがまた結構ボディブローにようにきいてきて、あまり寝つきがよくない日々を過ごすこともあります。

▼詳しくはコチラの記事にまとめてあります。共感すること間違い無し!!

blog.inakano-masa.com

こういったストレスを日常的に感じていると、人によってはそのストレスが体の外にでてしまう場合があります。僕の場合は、それが頭にでました。

いわゆる

10円ハゲ

ってやつです。

まさか自分が体験するとは本当にこれっぽっちも思っていませんでした。パーセントにすると0.000001%も思わない。それくらいハゲにはならない自信がありました。でも、なっちゃったんです....。もう治ったからいいものの、その時のショックと言ったらなかったですね。

さて、ハゲないと思っていた人がハゲを経験した。それってある意味貴重な体験です。恥ずかしい話ではあるのですが、外資系金融で日々闘う仲間たちのお役に立てれば...。そんな思いで今回はその体験について書いてみたいと思います。

題して「外資系金融の激務とストレスのせいでハゲた時の3つの対策方法」

楽しんで読んでくれれば嬉しく思います。

 

 

ハゲに気づき始めたきっかけ

外資系金融の仕事は神経を使います。そのせいかわかりませんが、とある日の朝、会社に行く準備をしていた時の話です。歯を磨いている時に鏡を見たら、右の頭部の一部が少し円形状に薄くなっていることに気づいたんです。

「え?まさか....ハゲてきた?」

と焦ったのですが、元々毛が濃い体質なのでそこまで気にはとめませんでした。いや、とめないようにしていたと言ったほうがいいかもしれません。

ところが、気にしないようにすればするほど気になってくるもの。なんだか気持ちが落ち着かなかったので、仕事の合間にトイレに行ってもう一度じっくり見てました。すると、やっぱり一部分だけちょっと薄いんです。しかも円形状に。

「やっぱり、ちょっと薄いよな....」

そんな風に思いながらも日々の業務をこなしていました。

すると、ある日

「おい!やっぱり薄いよ!!」

もう自分をごまかせません。日に日にそん一部だけが薄くなってしまい、結構地肌が目立つようになってきたんです。遠目からでも目を凝らせばわかる白い小さな円形。大きさは10円くらい。ここまでくるとさすがに認めざるを得ません。ハゲてきたことを...。

「こ、これが10円ハゲってやつか...」

上司や同僚から見られることもそうですが、「ハゲてしまった」という精神的なショックが大きく、またそこでストレスを感じてしまいました。

気にしちゃダメ。すぐに治るから。家族や友人などはそう言ってくれます。でも、経験したことがある人ならわかってくれると思うのですが、その時の周りの人からの根拠のない励ましの言葉にどれだけイライラしたことか。そんな優しい言葉をかけられたら、余計に「ハゲが増すってーの!!」って思ったかどうかは勝手に想像してください。(オヤジギャグ...)

 

感じていた予兆...

実は、その前から仕事が少ししんどいと感じていたのは事実です。これは科学的根拠が全くない話なのですが、頭部に10円ハゲ(円形脱毛症)の症状が見られるのはその原因となる強いストレスを感じた約三ヶ月後くらいだそうです。たしかに、その時から三ヶ月前を思い出してみると、当時はかなり多忙なスケジュールであったことがわかりました。例えば、夜中の0時まで会食。その後2時まで打ち合わせ。帰宅は4時。こういうのが週に何回かスポットで入ってしまう時期がありました。そりゃあ、さすがに疲れますよね...。

また、10円ハゲが進行してきた時は、足が妙にポカポカしていました。「ん?これって体の免疫が上がっている!?」と勝手に好意的に解釈をしようとしていたのですが、Googleで調べてみると全く逆。足がポカポカするということは、自律神経がおかしくなっている兆候だったのです。いろいろ調べてみたところ、自律神経がおかしくなると、髪の毛が抜けて円形脱毛症のようになるそうです。まさにドンピシャ。僕の自律神経はハードな仕事によってぶっ壊れていたのです。

 

僕が取った3つの解決方法

10円ハゲの原因は自律神経の乱れによるもの。原因がわかれば対策をとるしかありません。僕がとった対策は以下の3つです。

  1. 生活のスタイルを変える
  2. 考え方を変える
  3. 頼れるものは頼る

それぞれについて少し解説をします。

 

1. 生活のスタイルを変える

まず、生活のスタイルを変えるということ。外資系金融で働いている時はどうしてもハードに働いてしまうの難しいのですが、なるべく早く帰るように努力する。そして、早く布団につく。これを実践しました。また、週末は気分転換に外に出かけるようにしたり、自分から美味しいものを探しに街を探索したり。こういうアクティブな行動をすることによって、なるべくストレスを発散させるようにしていました。

あと、どうしても外食が多くなる生活をしていたのですが、忙しいとどうしても外食に頼ってしまいます。どうせ外食をするのであれば少しでも健康的なものを。そんな風に考えて、なるべくオーガニックサラダや野菜ジュースをオーダーするようにしました。お通じもよくなりますし、少し肌のつやも改善されたように思います。

 

2. 考え方を変える

自律神経が乱れる理由というのはパソコンの画面を見続けることが原因の一つですが、もう一つ、考え方によっても乱れることがあります。例えば、何か問題が起こった時にあまりにも自分を責めたり、いつもクヨクヨするような考え方をしていると自律神経がぶっ壊れることがあります。完璧主義者の人に多いそうです。自分でいうのもなんですが、僕は少し責任感と正義感が強すぎることがあったので、知らず知らずのうちにちょっとミスや嫌味にも反応してしまうクセがついていたのです。車のブレーキには「遊び」というものが備わっています。僕自身ももう少し心に余裕を持って、心の中にいい意味で適当になる部分を作らなきゃいけない。そのように少しづつ考え方を変えるように努力していきました。

 

3. 頼れるものは頼る

仕事を早く終えるようにして、なるべく早く帰るようにする。それを実行するためには、積み上がったタスクを物理的に処理するしかありません。でも、自分一人では中々終わらせることができません。一人で終わらせることができなければ、同じ部署の仲間や部下にふってしまえばいいのです。自分で抱えずに誰かに任せる。仲間を頼る。自分でやったほうが早い案件もたくさんありましたが(こういう考えって本来はダメですよね...)、なるべく人に頼るということを実行しました。

また、文明の利器を頼りました。具体的に言うと薄毛用のシャンプーに頼りました僕は頭皮に脂があったりとか不潔だったからハゲたわけではありません。原因はあくまでもストレスからくる自律神経の乱れ。変なシャンプーとかを使って余計な負荷を頭皮にかけたくかかったので、どちらかというと素材にこだわったクオリティの高いものを探していました。薄毛用のシャンプーっていろいろあって迷いましたが、最終的にスカルプエッセンスをとりあえず一本購入。10円ハゲ程度の大きさだったので迷いましたが、できるだけ早く治って欲しかったのでダメ押しの対策としてですね。

BOSTON独自開発 ヘアケアエッセンス

 

その後の僕は...

3つの対策をとった僕。まさにやれることは全部やりました。そして、あとは時間が経つのを待つだけという状態。すると、2ヶ月ほど経つと10円ハゲは全く目立たなくなりました。

「あれ?最近そんなに目立たない!!」

いきつけの美容室の人にも

「あ、MASAさん、治ってきましたね!!」

と言われました。この時は本当に嬉しかったです。

「勝った....。俺はハゲに勝ったんだ....」

そんな達成感と同時に、もう二度と10円ハゲになるような生活は送らないと決めました。

 

 

毎日仕事を頑張るあなたへ

以上、「外資系金融の激務とストレスのせいでハゲた時の3つの対策方法」になります。楽しんでいただけましたでしょうか?

毎日仕事がハードなあなた、本当にお疲れ様です。アクセル全開で毎日頑張ることは素晴らしいことです。ですが、自分の体をいたわってあげるのは自分しかいません。あまりにも無茶な負荷をかけすぎたり、自分を大事にしないような思考をしていたら、僕みたいにハゲちゃうこともあります。仕事とプライベート、うまくバランスが取れるようにきちんと工夫しましょうね!

 

 

髪が薄くなったりハゲてきたりするのは自分の体から発せられたHELPのサインです。それにいち早く気づいてあげることが大切です。気づいたあとは、きちんと対策を取ってあげましょうね!!

 

 

 

【外資系金融に関する他の記事はコチラ】 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com