読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

外資系金融に入社する前に準備しておくべき身の回りの7つのこと

f:id:ceo_masa:20161124155930j:plain

外資系金融に入社が決まったあなた!おめでとうございます!外資系金融というグローバルなフィールドで、最高に素晴らしいキャリアを歩んでやりましょう!!

今回は、これから外資系金融に入社するあなたのために「外資系金融に入社する前に準備しておくべき身の回りの7つのこと」 についてまとめてみたいと思います。入社までの期間は限られているかもしれませんが、きちんと準備しておくとスムーズに入社初日を迎えることができますよ!

 

外資系金融に入社する前に準備しておくべき身の回りの7つのこと

1. 会社の近くに引っ越しておく

外資系金融で働くことになると、朝早くから夜遅くまで会社に働くことが増えます。物理的に家とオフィスとの間に距離があると、通勤に時間がかかるため仕事に影響が出る可能性があります。朝早く来なければいけないのに始発がない、真夜中に家に帰ろうと思っても電車がないという状態では、目の前の仕事に集中することなどできません。外資系金融でバリバリ働くためには、できればオフィスから近い場所に住むことをオススメします。(ゴールドマンサックスなどであれば六本木ヒルズのマンションを推奨するようですね!さすがです!)

僕は会社から徒歩で帰れるところに家を借りました。家賃は少し高かったですが、

  • 無駄な通勤時間がない
  • 朝の通勤ラッシュがない
  • 歩くことによって健康的になれる
  • 電車がなくても家に帰れる(オフィスにいける)

という家賃の高さ以上のメリットがありました。特に通勤時間の短縮に関しては、自身の外資系金融時代の時給を考えるとかなり得してます。引っ越そうかどうか迷っている方は、外資系金融でもらえる給料を時間あたりに換算し、「増える家賃の金額」と「実際にかかる通勤時間×時給」を比較してお得な方を選びましょう。個人的には多少コストがかかったとしてもオフィスの近くに引っ越すことをオススメします。数字や目で見え無い部分のメリットがとても大きいですから。

賃貸マンションですが、深夜0時までチャットでお問い合わせができるサービスがあります。忙しい人はコチラのサービスを効率よく使うと効率よく家を探すことができるでしょう。

引っ越しは一括見積もりサイト一択で決まり。時間を有効に使えます。

24時間受付中なので、気になったら一度見積もりを取ってみましょう。

 

2. 通勤ルートを確認する

社会人として当たり前の話ですが、通勤ルートについてはしっかり確認しておきましょう。面接などで何度も行っているはずですので問題はないでしょうが念のため。電車でオフィスに通う人は、人身事故などで電車が遅れた場合の迂回路も確認しておきましょう。

特に外資系金融の世界では時間に正確であることは求められます。個人に与えられる仕事の裁量も大きいので、時間通り会社に出社するのが遅れると周囲に多大な迷惑をかけてしまいます。通勤ルートについては神経質になるくらいの確認は必要です。

 

3. ランチを食べる場所をリサーチする

外資系金融のオフィスの場所は都内でも相当いいロケーションにあるビルに入っています。お昼時になると他のテナントからも人がたくさん出てくるので、同じオフィスビルに入っているレストランや近くのお店は超混雑することが予想されます。そんなお店で食事をしようとぼんやり行列を作っていると時間がもったいないです。金融の世界では時間が命。無駄にしている時間はありません。入社前に何度か会社の近くまできて、ランチの時間帯の混雑具合と、空いているお店のシミュレーションをしておくと後で便利です。(近くにコンビニがないかどうか確認し、朝そこでお弁当を買っておくというのも手です)

ちなみに、僕が外資系金融で働いていた時によく利用していたのは立ち食いそば!早くて、安くて、うまい!文句ありません。下手に小洒落たレストランにいくよりお金も貯まります。

 

4. ワイシャツを最低6枚持っておく

外資系金融で働き始めると、平日のプライベートの時間があまりありません。クリーニングに行く時間すらありませんので、ワイシャツは最低6枚持っておくようにしましょう。6枚の理由は、平日の分の5枚と土曜日の分の1枚です。(土曜日でも仕事やランチミーティングが入る時もあるので念のため。金曜のマーケットクローズで異常があった場合はその後始末もあります)ワイシャツは一度着たらクリーニングが基本。シワシワのワイシャツや臭いがついたワイシャツだと格好がつきませんからね。上司や同僚からの印象もダウンです。

忙しい外資系金融マンには宅配のクリーニングサービスがオススメ。

家から出ることなくクリーニングのサービスが利用でいるので、時間を有効活用できます。価格もかなり安いのでぜひ使っておきたいサービスです。

 

5. スーツは最低3着持っておく

毎日毎日同じスーツをきてオフィスに行く。これはあまり印象良くありません。オシャレをする必要はありませんが、最低限の清潔さは身につけておく必要があります。(お局さんにイジられたら大変です...)日々のローテーションとして最低3着もっておくと便利です。痛みの早さも全然違います。

せっかく外資系金融に入社したんですから、一着くらいオーダースーツを持っておくのもいいかもしれません。ここならカナリ安い価格で作れますので試しに作ってもいいと思います。

オーダースーツに身を包むと、それだけで「やるか!」という気になります。なんというか、戦闘態勢に入るんですよね。良いものを身につけてモチベーションアップしましょう!

 

6. 少し高めのビジネスシューズを買っておく

「オシャレは足元から」「足元を見られる」このような言葉がある通り、職場では意外と履いているシューズを見られることが多いです。部門ミーティング、ちょっとした立ち話、ランチの時など、見る人は絶対に見てくるポイントです。外資系金融に入社するのであれば、自分へのご褒美にちょっと高めのビジネスシューズを買ってみるといいでしょう。

オススメのシューズブランドはサントーニ。かっこいいです!!ブランド的にも申し分ありません。オーダースーツと合わせると一段と格が上がります。

[サントーニ] Santoni ドレスシューズ 8903201 01(BL/8)

[サントーニ] Santoni ドレスシューズ 8903201 01(BL/8)

 

 

7. 歯を治しておく

外資系金融で働き始めると忙しい毎日を過ごしてしまいます。虫歯がある人は入社までの間に必ずお医者さんに見てもらいましょう。プロジェクトが立て込んでいる時に通院のため早退じゃ周りの評価もガタ落ちです。たとえ虫歯が無い人でも念のために検査に行くことをオススメします。案外あと一歩でヤバい歯ってあるもんですから。

こちらの歯医者さんは銀座にあります。虫歯治療が1日で完了できます。オフィスの下見の帰りに寄ってもいいですね。あと、虫歯をみてもらうついでにホワイトニングもオススメ。ちょっとしたことですが、入社時の第一印象って大事です。黄ばんだ歯でスマイルではちょっと痛々しい...。

虫歯治療が1日で完了する、通わなくていい歯医者

 

まとめ

以上、「外資系金融に入社する前に準備しておくべき身の回りの7つのこと」についてまとめてみました。いかがでしたでしょうか。

憧れだった外資系金融への入社。ワクワクしますよね。入社初日をスムーズに迎えることができるよう、入社前の準備はきちんとしておきましょう!

 

 

一番のオススメは歯の治療。歯が痛いと本当に仕事になりませんから...。時間がある時にきちんと治療しておいてくださいね。体調は万全の状態で入社初日を迎えることが大事ですよ!

 

 

 

【外資系金融に関する他の記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com