読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

外資系金融に転職したい女性が注意しておきたい2つのこと

f:id:ceo_masa:20161129100418j:plain

 今回は「外資系金融に転職したい女性が注意しておきたい2つのこと」について書いてみました。男性からの視点になりますが、ナマナマしい一つの意見として女性の方に興味深く読んでくれれば嬉しいです!

 

外資系金融に転職したい女性が注意しておきたい2つのこと

1. 仕事がハードである

以前の記事でも少し触れましたが、外資系金融では男性も女性も関係ありません。同じように仕事が与えられます。

外資系金融では女性に与えられるタスクは男性と同じというのが当たり前です。これがグローバルスタンダードです。古い日系企業にあるような女性に対する変な配慮はありません。非常にフェアな労働環境なんです。

外資系金融でバリバリ働く女性の3つの特徴とは? - 英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

実力があれば責任のある仕事を任せてもらえますし、社内のプロジェクトにもガンガン参加することができます。役職が上の女性であれば、一人で5つも6つもプロジェクトを任されるということは珍しくありません。

このように、外資系金融は非常にフェアな労働環境ではあるのですが、逆に言えば、そこには「女性だから」という甘えや言い訳は一切存在しないということです。例え連日エグいくらいオーバーワークが続こうが、それが仕事を進めるために必要なことであればコミットするのは当然のことという認識です。もし仕事ができないのであれば、周りに迷惑をかけないようにするのが当たり前です。たしかに「早く帰った方が...」と心配はします。ですが、「早く帰れ!」とは絶対に言いません。遅くまでかかって終わらせられるのであれば遅くまでやる。早く終わらせられれば早く帰る。あくまでもフェアなんですよ。そこには男性だとか女性だとかいう考えが介在する余地はありません。(だからこそ魅力的な職場なんですよね!)

外資系金融に転職したいような女性には”釈迦に説法”だと思いますが、外資系金融に挑戦するのであれば「女性だから」という甘えなどは一切捨てるべきだということは覚えておきましょう。

 

2. 出会いがあるようでない!?

これは余計はお世話ですが、大切なこと(!?)なので書いておきます。

仕事がハードだということはそれだけオフィスにいる時間が長いということ。外資系金融の社内で担当する部門やポジションにもよりますが、それなりの役職につくとかなり忙しくなるのは覚悟しておいたほうがいいです。忙しくなるとプライベートの時間がすくなるなるため、出会いの数は限定されてきます。仕事は充実しているけど、ちょっとした寂しさを感じることもあるかもしれません。

もちろん、出会いというのは自らが積極的に動くことによっていくらでも増やすことができます。例えば合コン。こういう外資系金融の業界では合コンなどに誘われる機会がこれまでよりも増えると思います。なんてったって華麗な世界ですから!ただし、外資系金融で働いていると、周りに優秀な人やすごい人が多くなってしまうため、自然と男性を見る目が肥えてきます。出会い自体はあるんだけれど、何だか出会う人がパッとしない...。そんな風に思うことも増えるかもしれません。

ちなみに、こんな風に男性の目が肥えてきて、しかも、キャリア志向もどんどん強くなってくると、結婚するタイミング逃す可能性があるというのも覚えておきましょう。実際、外資系金融の社内では結婚をしていない女性は結構多いです。僕が一緒に働いていた女性はみんな結婚していません。(一人離婚を経験済み)結婚して子供を持つよりも、外資系金融みたいなアドレナリンがドバドバでる環境でバリバリ働く方が充実しているということなのです。

もし、あなたが将来結婚をすることを人生の目標にしているのであれば、きちんとその時期を見定めて行動を起こすようにした方がいいでしょう。あれこれ忙しくしていたら、いつの間にか結婚するタイミングを逃しちゃった、ということもありますから。ちなみに、外資系金融の社内で「◯◯さんには絶対に結婚という言葉は言っちゃダメ!」という暗黙のローカルルールが男性陣の中にあったことを今でも覚えています。意外かもしれませんが、外資系金融の男性でもこうやって気を使うこともあるんですよ...。

ただ、ここで僕がきちんと言いたいことは、幸せの形は人それぞれだということです。女性の結婚=幸せという考えも一つの価値観ですし、仕事でキャリアアップ=幸せというのも一つの価値観です。そこに正解も間違いもありません。グローバル企業で働くということは、様々な価値観が尊重される環境で自分の能力を発揮するということです。日本だけの価値観に縛られることなく「もっと大きな視点で人生を楽しんでもいいんだ!」と自分にオッケーを出せる、そんな仲間に巡り会える、そんな場所こそが外資系金融なのです。楽しいですよ、ほんと。

 

絶対に登録しておくべき4つの転職エージェント

ここで、自身の体験から絶対に登録しておくべきオススメの転職エージェント4社を以下にまとめておきます。もし外資系金融への転職を目指すのであれば是非登録しておくことをオススメします。僕が中小規模の外資系金融から世界的に有名な外資系銀行に転職できたのも、以下のどれかの転職エージェントさんのおかげですから。今でも本当に感謝しています!

 

1. JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

JAC Recruitmentは、日本で28年の転職支援実績がある転職エージェントです。

国内、外資系の求人案件に強いだけではなく、海外の求人案件にも強いネットワークを持っており、外資系金融だけではなく外資系企業の求人案件全般に強いことが特徴です。

外資系企業への転職を通じて今後のキャリアアップを目指すのであれば、絶対に登録しておくべき転職エージェントです。

丁寧なヒアリングときめ細やかなサポートも非常に満足度が高く、心から納得できる転職活動をおくることができるはずです。

海外留学経験があり、英語が話せるようなグローバルな人材だけではなく、これからマネジメント・エグゼクティブ職を目指す方にもオススメです。

>>JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)

 

2. Recruit Agent(リクルートエージェント)

リクナビ、リクナビNEXTなどで同じみのリクルートキャリアが運営する転職エージェントサービスになります。

国内案件に強いというイメージがありますが、実は外資系金融・海外案件も紹介案件として豊富に取り揃えています。

国内大手の転職エージェントだけあって、サポート、案件数、ノウハウ、全てがトップレベルといってもいいでしょう。

特に案件数に関しては非常に豊富で、思わぬ優良案件に出会えることも。

口コミ評価も軒並み高く、これから転職活動を始める方は登録しておきたい転職エージェントです。

>>リクルートエージェント

 

3. Adecco(アデコ)

世界60の国と地域で5000ヵ以上もの拠点を持つ転職エージェント。

英語の面接対策などのサポートはもちろんですが、優良外資系企業と信頼関係を築いている専任のコンサルタントが転職のサポートをしてくれます。

グローバルなネットワークを活かしたノウハウと情報は、まさに外資系転職エージェントならではの強み。

外資系金融のようなグローバルなフィールドに活躍の場を求める人にオススメの転職エージェント。

2017年5月8日、アデコの転職エージェントは「Spring転職エージェント」へとブランド名を変えるようです。現在年収400~700万円といったミドルクラスの方を中心に、新卒からハイクラス、そしてバイリンガル・モノリンガルの方まで、これまで以上に強力な支援体制で転職サポートを行っていくようです。

>>Adecco(アデコ)

 

4. クライス&カンパニー

クライス&カンパニーは、とにかく求人案件のレベルが高いです。

さらなる年収アップとキャリアアップを狙うのであれば絶対に登録しておきたいハイクラスな転職エージェントの一つです。

PEファンドのような金融系の求人案件だけではなく、その他の業界の大手企業、大手日系企業や成長真っ只中の企業など、抱えている求人案件は非常に魅力的です。

コチラにも掲載されているように、特に30代の方の転職に非常に強く、そろそろ年収を1000万台に乗せたい人にオススメです。

また、キャリアコンサルタントの方の実績が素晴らしく、長期的なキャリア形成のためにも一度はアドバイスを願いたいところ。

30代のマネージャークラスの転職なら一度は相談しておきましょう。

>>ハイクラスに特化した人材紹介【クライス&カンパニー】

 

ハイクラスな転職サイトを希望する方はコチラ

なお、

「気軽に転職活動をしたい!」

「マイペースに転職活動を進めたい」

など、様々な事情により転職エージェントではなく転職サイトを使って転職活動をしたい方もいるはずです。

そのような方には以下のBizreach(ビズリーチ)をオススメします。

非常にハイクラスな転職サイトになりますので、転職エージェントと併せて登録をしておくと、さらに色んなキャリアアップの機会に恵まれるでしょう。

 

BIZREACH(ビズリーチ)

国内最大級のエグゼクティブ向け会員制転職サービスです。

国内外の優良企業と、厳正な審査基準をクリアした一流ヘッドハンターから直接スカウトをうけることができるという、これまでの転職エージェントとは一味違ったユニークなサービスがウリです。

主なターゲット層は年収750万円以上のハイクラスなビジネスパーソンで、扱っている求人案件のレベルは軒並み高いです。

これからアグレッシブにキャリアアップ、年収アップを狙いたい方にオススメです。

>>■□ 年収1000万円以上の会員制転職・求人情報サイト ビズリーチ □■

 

まとめ

以上、「外資系金融に転職したい女性が注意しておきたい2つのこと」になります。いかがでしたでしょうか。

少しナマナマしい記事だったかもしれませんが、これも一つの意見として参考にしてもらえれば嬉しく思います。外資系金融で働くということは楽しくてやりがいのあることです。ですが、これも幸せになる人生を送るための手段の一つにしかすぎません。何が自分にとって幸せな人生なのか。この辺りを真剣に考えてから転職活動をすると、より充実した転職活動が送れると思います。

 

 

男性も女性も一緒にフェアな環境で思いっきり働ける外資系金融というフィールド。バリバリ働きたい女性にはピッタリの環境ですね!転職を考えている女性の方は頑張ってくださいね!

 

 

 

【外資系金融に関する他の記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com