読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

転職して感じた中小規模の外資系金融と世界的に有名な外資系銀行との違いとは?

外資系金融のお仕事

f:id:ceo_masa:20161129164533j:plain

 以前の記事でも書いていますが、僕が海外留学から帰国した後に就職した外資系金融は、世界中のオフィスで働く人全員を合わせてわずか200〜300人ほどの小さな外資系金融の会社でした。その会社で約3年働いたあと、キャリアアップを目指して転職活動を開始。某転職エージェントを使うことにより、世界的に有名な外資系銀行へと大幅にキャリアアップする転職を実現することができました。

▼オススメの転職エージェントについてはコチラの記事で詳しく書いています

blog.inakano-masa.com

世界的に有名な外資系銀行に入ってみると、以前勤めた外資系金融の会社とは大きな違いがありました。今回の記事では、その違いについて少しまとめてみたいと思います。

今後キャリアアップの転職を考えている人にとって、モチベーションが上がるような記事になっているかと思います。楽しんで読んでくれれば嬉しく思います!

 

転職して感じた中小規模の外資系金融と世界的に有名な外資系銀行との違いとは?

オフィスの良さ!

詳しいオフィスの住所は内緒にしておきますが、外資系銀行のオフィスの良さというのは以前に勤めていた外資系金融の企業とは比べものになりません。とにかくロケーションの良さとステータス性は感動するくらいでした。

面接の選考の最中はオフィスに何度も通うことになるわけですが、大きくそびえ立つビルを下から見上げながら、

「ああ、ここで仕事ができればどれだけ素敵だろう...」

と思って言いました。憧れだった場所での仕事です。それが実現できたの時の嬉しさというのは言葉では表すことはできませんでした。そういうオフィスに一度勤務してしまうと、もう他のオフィスで働くことなんてできませんね!それくらいのステータス性も感じることができました。まあ、毎日通っていたら結局なんとも思わなくなるんですけどね(笑)

 

給料の良さ!

当たり前の話ですが、給料は格段に良かったです。年収で言えば200万円近くアップしているわけですから、生活のレベルも上がります。買えなかった物が買えるようになった、行けなかった場所にも行けるようになった。収入が上がると人生の選択肢が増えます。

▼詳しくはコチラの記事でも書いています

blog.inakano-masa.com

また、年収が上がっているということは、それだけ自分の仕事が評価されているということを意味していますから、単純に嬉しかったです。仕事ができる実力がある人間が正当に評価される会社に勤めることができるのは心の充実感が全く違います。新卒で入社した会社での手取りは約20万円。その頃とは3倍以上違う月収に自分のこれまでの努力と苦労が報われた気がしました。

ちなみに、海外のオフィスに出張に行く時に東京のヘッドの人から

「ビジネスクラスじゃなくてごめんね。今回はエコノミーで!申し訳ない!」

と言われた時は

「さ、さすが外資系銀行!色んな意味でデカすぎる!!」

と思いました。しかも、海外に出張中の経費はバンバン出るし、滞在していたレジデンスも最高クラスの部屋。オフィスも現地で一番いいロケーションにありました。文句なんてあるはずもありません。外資系銀行に転職したい人は絶対に転職した方がいいですよ!?本当にオススメします。

 

仕事のでかさ!

以前勤務していた外資系金融の仕事でもそれなりに大きな裁量を与えらて仕事をしていましたが、外資系銀行で与えられる仕事は、規模、金額の大きさ、プレッシャー、スピード感、全てにおいて格が違いました。外資系銀行での仕事では、世界中の銀行と何億というお金を電話一本でやりとりをするわけです。この仕事のでかさは他の業界では味わうことはできないのではないでしょうか。毎日の仕事でしびれるくらいのアドレナリンの放出と達成感を感じることができますからね!

もちろんプレッシャーも半端ありません。正直デスクで他の銀行と電話をするのが嫌な時もありましたし、プレッシャーでよく眠れない日もありました。朝早くからとんでもない金額のお金を取り扱わなければいけませんでしたので、毎日朝から飲むコーヒーの量も半端じゃなくなりました。スタバなんで常連でしたからね。でも、「もっと早くからこういうフィールドで仕事がしたかった!」と悔しさを感じたくらい毎日の仕事が楽しかったです。自分を試したい人は、若い時からこういう仕事に絶対挑戦した方がいいですよ!!

 

まとめ

今回の記事では「転職して感じた中小規模の外資系金融と世界的に有名な外資系銀行との違い」について簡単にまとめてみました。転職を考えている人であればモチベーションが上がったのではないでしょうか?

この記事の最初でも紹介しましたが、以下の記事で転職エージェントについて詳しく書いています。

blog.inakano-masa.com

僕は転職エージェントを利用することにより、このような素晴らしい外資系銀行へと転職をすることができました。ぜひ参考にしてくださいね!

 

 

キャリアアップをすると見える世界が全然変わります!実力がある人や実績があるような優秀な人はキャリアアップのチャンスがあれば絶対に掴むべきですね。もし、僕がその外資系銀行から以前に勤めていた外資系金融の企業に戻れと言われたら?200%戻らないですね!!大きな会社と小さな会社との間にはそれくらいの差があります。バリバリ働きたいビジネスパーソンであれば、上を目指して頑張りましょう!!

 

 

 

【外資系金融に関する他の記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com