英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

外資系金融への転職活動中に必ず転職エージェントに確認するべきこと

f:id:ceo_masa:20161206075248j:plain

外資系金融へ転職するためには転職エージェントや知り合いのつてを利用することが一般的です。転職エージェントは求職者と企業をとマッチングさせるプロです。彼らしか知り得ない企業の情報や内部の人の情報などを手に入れることが、転職活動の際に重要なこととなります。

今回の記事では、これまで外資系金融3社を渡り歩いてきた体験をベースに、「外資系金融への転職活動中に必ず転職エージェントに確認するべきこと」についてまとめてみたいと思います。

 

外資系金融への転職活動中に必ず転職エージェントに確認するべきこと

年収のレンジを確認する

誰もがお金を稼ぐために働いていますし、より稼ぎたいと思いならが働いています。外資系金融に転職する際に最も重視すべき点は「年収」だと言っても良いと思います。キャリアアップ=年収のアップという考え方が基本です。年収がダウンするようであればそれはキャリアアップとはいえない場合があります。外資系金融に転職をするのであれば、これまで勤務してきた企業での年収と、転職先でもらえる年収のレンジは必ず転職エージェントに確認しておきましょう。転職先で年収が下がってしまったとなっては、その会社で仕事をするモチベーションに大きな影響を与えてしまいますから...。

実際に転職先でもらうことができる年収に関しては、面接などの選考を通じて微妙に調整されることがあります。例えば、とある外資系金融で募集しているポジションの年収が600万円だとします。そのポジションにあなたが応募して、面接による選考が順調に進みます。ですが、あなたのこれまでの経験が、そのポジションのRequirementをわずかに満たしていないことが面接を通じてわかりました。そのような場合、将来のポテンシャルを考慮して年収を多少ダウンした形で採用されることもあります。もちろん、逆に年収がアップする場合もあります。このあたりについては、面接時に与える印象とこれまでの仕事のアピールに依存されるかと思います。転職エージェントと面接時における注意点や応募ポジションの職務内容について詳しく確認しておくといいと思いますよ。

もし、多少年収がダウンしたとしても、勤める会社のレベル(ブランドや規模)が今の会社よりもアップするのであれば、そのオファーは受けておくことをオススメします。自身の経歴が大きく向上することにつながりますから。

 

募集している職種の詳しい内容を確認する

外資系金融に転職する際は、募集している職種の内容について詳しく確認しておきましょう。例えば、募集しているポジションが営業職だった。しかし、いったいどのような商品を営業するのか?相手は法人なのか、個人なのか?営業の方法は反響営業なのか?それとも、こちらからプッシュするようなスタイルなのか?与えられる営業のノルマはだいたいどれくらいなのか?1日のタイムスケジュールはどのような形になっているのか?研修制度はあるのか?営業職一つを例にとっても、これだけの確認すべき事項が挙げられます。これらの情報収集を怠っては良い転職などできるはずがありません。そもそも自分がこれから従事する仕事ですから、しっかりと情報収集するということは当たり前のことですよね!募集している職種の内容については転職エージェントを通じてしっかりと情報収集しておきましょう。面接でも積極的になれますし、積極的な姿勢というのは相手に対して良い印象を与えることにもつながります。

 

社内の雰囲気を確認する

転職先の社内の雰囲気を確認することは非常に大切です。例えば、これまで勤めていた会社はオフィスで同僚と気軽に話ができる雰囲気だったが、転職先ではピンと張り詰めた空気が満ちたオフィスで、隣のデスクの同僚と会話をすることもできない。このような雰囲気の違いというものはどこの企業でも存在します。転職活動の際は必ず社内の雰囲気を転職エージェントに確認し、果たしてその雰囲気が自分に合うかどうかを確認しておきましょう。

社内の雰囲気については、そこに良い悪いはありません。判断の基準としては、自分に合うか、合わないか?というところになります。この合うか、合わないか、というのはバカにできず、雰囲気に合わない職場で時間を過ごすというのは想像以上に苦痛なことは理解しておきましょう。もし、転職を検討している企業の社内の雰囲気が合わないと思うのであれば、たとえ大きなキャリアアップになったとしても、そこに転職することは見送った方がいいかもしれません。すぐに退職したり、毎日仕事をするのが苦痛だと感じるのであれば、それは決して良いキャリアの歩み方だとへ言えませんから。

 

まとめ

以上、「外資系金融への転職活動中に必ず転職エージェントに確認するべきこと」になります。いかがでしたでしょうか。

転職活動に成功するためには、うまく転職エージェントを使うことがカギとなります。積極的に情報収集し、キャリアアップができる転職を目指しましょう!!

 

 

部署には何人くらいの人がいるとか、残業があるのかどうかなど、ちょっとしたことでもいいんです。気になることがあったら必ず転職エージェントに確認をするようにしましょう。転職エージェントは面接官ではありませんから、変に遠慮したりカッコつけたりする必要はありません!むしろ、ありのままの姿で話す方が、より自分に合った仕事を紹介してくれるかもしれませんよ!

 

 

 

【外資系金融に関する他の記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com