英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

ワーホリ・海外留学から日本へ帰国後、当時の生活を振り返ると気づく2つの後悔

f:id:ceo_masa:20161206173300j:plain

ワーホリ・海外留学をしている時は気づかないけれど、日本へ帰国した時に気づくことはたくさんあります。

今回の記事では、昔の留学生活と思い出しながら「ワーホリ・海外留学から日本へ帰国後、当時の生活を振り返ると気づく2つの後悔」についてまとめてみました。今海外留学をしている人はぜひ参考にしてください。

 

 

ワーホリ・海外留学から日本へ帰国して気づく2つの後悔

1. もっと英語を話せばよかった!

ワーホリ・留学で海外にいるということは、外国人に囲まれて生活をしなければいけない環境に身を置いているということです。まさに英語の勉強には最高の環境。このようなストイックな環境に身を置くことができるということが海外留学の醍醐味なのです。

ですが、毎日そこにいると、特別な環境であるにもかかわらずそれが当たり前となってしまいます。あれほど憧れていた海外留学。英語が話せる最高の環境。なのに、いつの間にか当たり前になってしまった。近所のスーパーで買い物をした時の店員さんとちょっとした会話も、ちょっとオシャレなコーヒーショップで偶然隣になった人と話すことも、最初の三ヶ月くらいはあれほどワクワクして積極的に話をしたはずなのに、今では全く何も思わなくなってしまった。その結果、英語を話す機会に圧倒的に恵まれているにも関わらず、逆にあまり英語を話さなくなってしまった。

日本に帰国してから振り返ると、

「私はどれだけ恵まれた環境にいたのだろう...」

と気づくはずです。

 

2. もっと日本人の友人を作ればよかった!

ワーホリ・海外留学で「英語が話せるようになる」 という目的を達成するためには、できるだけ英語を話すということが大切です。英語を話す機会や時間を増やすためには、それだけ日本語を話す機会を減らさなければなりません。そのため、海外では日本人の友人を作らずにストイックに英語を使う時間を確保することも一つの作戦です。

ですが、あとから振り返ってみれば、そのようなストイックな姿勢はせっかくの出会いの機会を奪っていたということも考えられます。ワーホリ・海外留学には色んな目的を持った人がやってきます。英語を必死で頑張りたいという人もいれば、ゆる〜く海外生活を楽しみたいという人もいます。本気でキャリアアップを目指している人もいますし、仕事を退職して次の転職先が見つかるまでの期間をエンジョイする人もいます。色んな人が持つ目的を認めてあげて積極的に交流をすれば、日本に帰ってからもその友情は続きます。

人との出会いというのは人生をより豊かにしてくれます。新しい価値観を提供してくれることもありますし、人生の中でかけがえのない友人となってくれることもあります。その出会いの機会を自ら閉ざしてしまうことは、ある意味もったいないと考えることもできます。しかも海外という非日常的な場所で出会う人たちです。色んな人と仲良くなれる絶好の機会でもあるのです。

「意地を張らず、色んな人が海外にきている目的を認めてあげて、もっと一つ一つの出会いを大切にすればよかった...。」

あとから振り返って、そう気づくはずです。 

 

 

まとめ

以上、「ワーホリ・海外留学から日本へ帰国後、当時の生活を振り返ると気づく2つの後悔」になります。いかがでしたでしょうか?

ワーホリ・海外留学で海外に滞在していると、だんだん最初のころの新鮮な感情というのが薄れてきてしまいます。これは、現地での生活に「慣れてきた」ということですので、決して悪いことではありません。

ですが、いつまでも

「自分は特別な環境にいるんだ!」

という感謝の気持ちを忘れないことが大切ですね。

また、海外では様々な出会いがあり、日本では出会えなかった同じ日本人と出会えるのも海外留学の魅力の一つです。ストイックな姿勢もいいですが、自分自身の視野を広げる余裕を持つことも大切です!

 

 

僕は海外留学中はなるべく日本人の友達を作らないようにしていました。それはそれで英語の上達を助けれくれたのですが、今振り返ればもっとオープンになって積極的に友人を作っていれば、さらに留学生活をエンジョイできたのではないかなと思います。いや〜、あの頃は若かった!!ストイックな姿勢も大切ですが、留学生活は長期戦。エンジョイする姿勢も同じくらい大切ですからね!

 

 

 

【コチラの記事もどうぞ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com