英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

【閲覧注意】英語が話せるようになりたいけど何も行動に移せないバカへの手紙

f:id:ceo_masa:20161212195951j:plain

英語を話せるようになるって大変です。

単語を覚えたり、文法を覚えたり、きちんとした発音を覚えたり、とにかくやることが多いんですよ。

「本気で英語が話せるようになりたい!」

「英語を話せるようになって、もっと自分の可能性を広げてみたい!」

そんな風に意気込んでも、そのモチベーションは中々長続きしないんですよね。

 

社会人のあなたの言い訳

もし、あなたが社会人の方だとしたら、きっと忙しくて勉強をする時間が確保できなかったりすることもあるでしょう。

仕事でヘトヘトになって帰ってきたあとに英語の勉強なんて本当に大変ですもん!

そんな時間があったら、ちょっと晩酌をしてテレビでも見たいですし、ちょっとでも睡眠時間を確保したいと思いますよね?

でも、明日になってもきっと英語の勉強はスタートしないでしょう。

だって、これまでそうやって何も変わらないまま時間を過ごしてきたから。

「よし!今度こそやろう!」

とアマゾンで買ったTOEIC対策のテキストブック、どうしましたか?

テキストブックは机の上に積んでおくものではなく中身を読むものですからね。

買っただけで満足をしちゃったら、ただのノウハウコレクターですよ?

 

学生のあなたの言い訳

もし、あなたが学生だったら、時間はたくさんあるけれども、学校で勉強したあとにまた勉強するのもダルい。

しかも、バイトが終わったあとなんて勉強なんてやる気にならない。

だから、

「英語の勉強なんて明日やればいいか!」

と思ってしまって、ついついスマホで2chまとめを見て時間を潰したり、何の意味もないガチャゲーで時間を浪費したりするんじゃないでしょうか?

で、そうやって次の日になったらなったで、

「今日は忙しいし、別に英語なんて話せるようになっても...ね!?」

なんて自分に言い訳する。

「人工知能とか発達したら、人間が英語なんて話せるようになっても意味ないでしょ?」

なんて変に賢い言い訳だけは一丁前で、何も行動できない自分を直視しようとしない。

 

でも、

 

それじゃあ、いつまで経っても英語なんて話せるようになれませんよ?

 

英語、話したいんですよね?

 

いや、究極のところ、

 

もっと自分を好きになりたいんですよね?

 

もっと努力ができて、好きなことに打ち込めて、そして、アツくなれる。

 

そんなカッコイイ自分になりたいんですよね?

 

周りの好きなことやって輝いている人がうらやましいんですよね?

 

でも、それでも何も動き出せない自分にイライラしているんですよね?

 

僕も英語が全然ダメでした...

海外でMBA取得。

外資系金融から世界的に有名な外資系銀行へ転職。

そして、海外の外資系金融でオペレーションのHeadを務める。

こんな風に、これまで外資系金融を3社も渡り歩いた僕ですが、そもそも最初から英語がペラペラだったわけではありません。

 

両親は日本人。

出身地は日本の田舎。

電車も走っていなければ、コンビニもない、人口わずか6,000人ちょっとの村出身です。

親の仕事の都合で海外に赴任だとか、中学生時代の夏休みに海外でホームステイだとか、そういう華麗で優雅な経験とは全く無縁の田舎のクソガキでした。

 

高校生の頃はやることがないからバイクでそこら中走り回ったり。

本当に親にはたくさん迷惑かけました。

大学に行ったら行ったでロクに勉強もしないダメ大学生。

バイトにバンドに明け暮れた毎日。

就職活動なんて何一つうまくいかず、結局内定をくれた会社なんてたった一社だけですから。

 

留学を決めてから受験したTOEICの模擬試験。

点数が200点台と聞いて、

 

「お、500点満点だったら案外悪くないかも?」

 

って思っていたところ、TOEICの満点は990点だということをそこで初めて知って絶望。

TOEICのシステムすらよくわかってなかったというバカさ加減!! 

 

いざ海外に留学した初日、ホームステイ先の5歳の子の言うことがわからず、口の中がカラッカラになるほど緊張。

ホームステイ先にはうまく馴染むことができず、部屋からあまり出ることはありませんでした。

その結果、ホームステイファミリーとのお別れの日は大した感動もなく、淡々としたもの。

 

このままで大丈夫なのか?

 

本当にやっていけるのか?

 

そんな不安に押しつぶされることだってありましたよ。

 

でも、

 

それでも本気で英語を勉強したらここまでなれますよ??

 

世間には僕よりも頭のいい人間なんていっぱいいますよ。

僕よりもレベルが上の高校、大学を出ている人なんてたくさんいます。

きっとあなたもそうですよ。

僕よりも頭がいいはずです。

 

にもかかわらず、

 

「英語の勉強が続かない...」

 

「英語の勉強のやる気がでないんです。。。」

 

なあ?

 

 

いつまでも甘えてんじゃねーよ?

 

 

あなたの本気って、一体どれだけのレベルの本気?

笑わせないでくれよ、マジで!?

 

究極は「やる」か「やらない」か、ですよ?

大体、勉強ができない、行動に移せない人って言い訳だけは一丁前なんです。

 

「実は、これこれこうで....」

 

とか 

 

「わかっているんです。でも、実はかくかくしかじかで。。。。」

 

本当に上手に言い訳するんですよ。

聞いていて思わず、

 

「なるほどね、それじゃあ仕方ないよね!」

 

って思ってしまいそうになります。

でも、

 

結局、あんた何もしていないよね?

 

何もしてない人がうまい汁を吸えるほどこの世は甘くないですって。 

何もやっていないんだから成果が出ないのは当たり前なのに、悩む資格すらないと思いますよ?

 

なので、英語が話せない、英語の勉強のモチベーションが上がらない、そんな人にはこうアドバイスするようにしています。

 

やるの?

 

それとも、やらないの?

 

 

究極はそこなんです。

わかりますか?

 

英語が話せないのはあなたの責任です!!

確かに、英語の勉強方法とかテクニックとか色々ありますよ?

モチベーションを上げる方法だとか、英語の勉強を続かせるノウハウとかもあります。

でもね、根本的に最後までやりぬく意思が自分の中になければ何も始まりませんって、マジで。

ほら、どれだけ教材や環境がよくったて、自分がゼロで空っぽだったら意味がないんですから。

そんな人にはアドバイスしても意味がないと思いませんか?

 

このブログでも書いたことありますけど、

 

今ほど英語学習で恵まれている環境ってないですよ?

 

僕が海外留学した時なんて、今話題のフィリピン留学ってそこまでメジャーじゃありませんでしたし、スカイプでできるオンライン英会話なんてのもありませんでした。

そもそもスマホなんてものは存在していない時代です。

海外留学自体のハードルがものすごく高かったんですよ?

でも、今では格安でフィリピンに語学留学することが可能ですし、スマホを使って英会話の授業に参加できたりします。

Googleで少し検索してみたら、英語学習のノウハウを惜しみなくブログで公開してくれている人なんて山ほどみつかります。

これを言ってしまうと身も蓋もありませんが、正直留学なんてしなくても英語がペラペラになれる環境がすでに整っているんです!!

 

それに気付けていないあなた、

 

それを活かすことができていないあなた。

 

英語が話せていないのは、

 

ぜーーーーーーーーーーーーんぶあなたの責任です!!

 

まずそこに気付きましょう。

いいですか?

認めましょうね、自分の努力が圧倒的に足りていないことを。

 

あれこれ言い訳せずに行動しようよ?

今の時代、これだけ環境に恵まれているのに、なぜあなたは英語が話せるようになっていないのか?

 

その答えは簡単です。

 

あなたが何も行動に移せていない

 

たったそれだけなんですよ。

 

何も行動をしていないから、今の目の前の現実が変わらないんです。

 

現実を変えることができるのは自分です。

両親でもなければ、彼氏彼女でもなければ、友人でもありません。

 

あなた自身が自分で行動して現実を変えていくしかないのです!!

 

 

「英語が話せるようになりたい!」

 

「英語がペラペラになって、もっと自分の可能性を広げたい!!」

 

そう本気で思っているんですよね?

 

「今度こそ頑張るんだ!」

 

「今度こそ変わりたいんだ!!」

 

その気持ち、痛いほどわかりますよ。

 

だったら、すぐに行動しましょうよ!?

 

今この瞬間、早速行動に移してみせましょうよ。

 

いつまでも言われっぱなしじゃ悔しいですよね?

 

ムカつきますよね?

 

じゃあ、やりましょうよ!!

 

1日1ミリだっていいんです。

前に進みましょうよ!!

 

言い訳はやめろ!な?

もう、自分に言い訳をするのは終わりにしましょう。

変に理論武装して、努力できない自分を隠すのはやめましょう。

 

これまでの自分は行動できなかった。

でも、

 

これからの自分は違う。

 

それでいいんです。

 

人は変わりたいと思った瞬間から変われるという言葉があります。 

この言葉は本当です。

 

英語を本気で勉強できなかった自分、

勉強しても話せるようになるか怖かった自分、

そんなものはもう捨ててしまいましょう!!

 

もう一度言いますが、

僕が生まれて初めて受けたTOEICの模擬試験の点数は200点台。

それでも、MBAを取得し、外資系金融を3社渡り歩けるレベルの英語力をつけることは可能なんです!!

 

自分を信じましょう。

そして、あれこれ考える前に、まずはきちんと行動に移しましょう。

そうすれば、きっと英語なんて喋れるようになりますから。

 

僕はそんな風に変われる人を本気で応援しています。

 

頑張りましょう!!

 

この瞬間から変わってやりましょう!!

 

 

本気で英語を話せるようになるための行動をしたいなら

個人的にDMM英会話はガチでオススメです。

未だに行動できてない人は、とにかくここでトライアルを受けるところから始めましょう!

外国人とスカイプで話すだけで全然違いますから。

とにかく英語を話そ?

 

それすらできないんなら....

もう英語を話せるようになるという目標はスッパリ諦めましょう。

勉強するだけ時間の無駄です。