英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

外資系金融に入社してから英語の勉強は必要なのか?僕の体験談と勉強方法を教えます!

f:id:ceo_masa:20161214191951j:plain

外資系金融というフィールドでは、グローバルなネットワークを活かして世界中の同僚が繋がっている職場です。そのような職場できちんと周囲の人間とコミュニケーションを取るために必要なものが「英語力」となります。

外資系金融を目指す人であれば、それなりに高いTOEICの点数(肌感覚で大体800点から950点前後)が必要ですし、すでに外資系金融で働いている人であれば、社内で円滑なコミュニケーションが実現できるように、より実践的なレベルの英語力が求められます。

このように、外資系金融で働く人はみなある程度の英語力を持って外資系金融で働いていますが、

そもそも外資系金融に入社してからも英語の勉強は必要なのか?

毎日英語をブラッシュアップをしなてくはついていけないのではないのか?

これらの点というのは、これから外資系金融を目指す人にとっては気になるところではないかと思います。

そこで今回は、外資系金融に入社してからの英語の勉強事情について、自分の体験談を混ぜながら少し書いてみたいと思います。

外資系金融に入社してからの英語が不安という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

外資系金融に入社してから英語の勉強は必要なのか?

そもそも外資系金融で必要となる英語のスキルとは?

外資系金融に入社してからの英語ですが、僕が働いていたようなオペレーション部門であれば、高いレベルのライティング、リーディングのレベルが求められます。

外資系金融に入社すると、社内の様々なドキュメントに目を通すことになりますし、コンプライアンスの規定なども確認しなければいけません。一応金融に関わる仕事をしているわけですから、コンプライアンスや社内規則に関しては特にうるさいです。これに違反してしまうと最悪の場合はクビということもありますので注意が必要となります。しかも、それらは全て英語で書かれています。

「え?全部英語!?」

と不安になる方もいるかもしれませんが、外資系金融なので当たり前の話です。ここで不安になってしまうと、そもそも通常業務に支障が出るレベルです...。

英語スキルの観点から言えば、TOEIC800点以上の高いレベルのライティング、リーディング。これは必要不可欠といっていいでしょう。逆に言えば、それ以上の能力があればそこまで英語で不自由することはないと言っていいと思います。オペレーションの仕事はメールやチャットの内容をいかに正確に理解できるかが大切になってきます。英語でメールやチャットの内容を瞬時に理解する英語脳、そして、ササッと返信できるタイピングの早さがあれば、通常業務をする上で全然問題ないと思います。

なお、役職が少し上になった時に経験するグローバルミーティング、電話会議による外国人上司への報告業務などになると高いスピーキング力と論理的な思考が求められます。これらのスキルについては海外留学をしている経験があれば間違いなく有利ですね。海外に留学していた人であれば、外国人と話をするということに慣れていますし、日本人にありがちなへりくだった態度にならずに、むしろ堂々と意見を主張しますから。そういった意味では、海外留学というのはコストに見合った経験を提供してくれるものだとも思いますね。このような経験に乏しい人はオンライン英会話スクールを使って数をこなすことをオススメします。

>>オンスタ!! | オンスタあなたにオススメのオンライン英会話スクールを紹介するサイトです。あなたにピッタリのオンライン英会話スクールはコレ!!

 

 

外資系金融の社内で使う英単語

さて、外資系金融の社内で使う英語について考えてみたいと思います。

そもそも、外資系金融というのは非常に専門性の高い仕事になります。特に金融業界というのは使用する単語が非常に特徴的です。MBA留学をしていたような人であればファイナンスの授業で出てきたような英単語が出てくるので比較的慣れるのも早いかもしれませんが、これまでファイナンスの分野の英語を勉強してこなかった海外留学生や学生にとっては、

「なにこの単語?」

「日本語に訳しても言葉の意味自体がわからない。。。」

と感じることもあります。

しかも、僕が勤務していたオペレーションのような部門になると日常的にITの用語に関しても触れる機会が増えます。具体的な例をあげると、データセンター、パケット、クッキー、ハードウェア、ソフトウェア、トラフィック、メモリー、フェールオーバーなど、これらの意味は一体何なのかは最低限”常識”として知っておく必要があります。ITに関する事前知識がないと外資系金融のオペレーションは結構辛いかもしれませんね。

以前、外資系金融でよく使う英単語や社内メールの表現をまとめておきましたので、気になる人は以下の2つの記事を参考にするといいでしょう!というか、したほうがいいです。マジで。

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

英会話教室に通う必要があるのか?

では、いよいよ今回の記事の本題に入りたいと思います。

「外資系金融に入社してから英語の勉強は必要なのか?」

ということですが、これに関しては

やっぱり必要!!

だといえます。

ですが、勘違いして欲しくないのですが、英会話教室や英語の塾などに通って英語力をゴリゴリ高める必要があるというわけではありません。そもそも、そんな時間は週末に限られていますし、せっかく外資系金融に勤めているわけですから、わざわざやる意味がありません。必要なことは、

仕事の中で英語力を高めていく!

ということです。

具体的に説明します。

例えば、受信したメールの中にわからない単語があるとしましょう。そしたら、それをGoogleでササッと調べて、すぐにその意味と文脈の中での使い方を覚えます。そして、その単語をすぐに使うようにします。

つまり、

英語のインプットとアウトプットのサイクルを極限まで短くし、効率的に英語を身につける!!

ということです。

簡単に言えば、仕事の中で英語を学んで、その英語を仕事の中で使うということです。こういうスピード感を持って学ぶということが大切です。一見コツコツとした努力のように思いますが、これを365日、毎日仕事の中でやっていたらどうなると思います?

知らない間にめちゃめちゃ英語力がつきますよ!?

外資系金融ではネイティブの人が働いているわけです。利用しない手はありません!

他にも、人それぞれ英語にクセがあるので、それを利用するということです。具体的に言うと、

単語や表現方法でやたらと使いたがるものをパクッてそのまま使ってやる!!

ということです。

以前働いていた海外の外資系金融では、CEOやファウンダーがやたらと「Going forward」「Moving forward」という表現を使っていました。あまりにも使うものだから耳に残りますよね?さっそくミーティングでの報告の時やメールでの返信でそっくりそのまま使わせていただきました!これでボキャブラリーが二つ増えたわけです。こういう風に英語を学んでいくんです。

外資系金融では様々な英語のクセを持った人が働いていますので、英語のボキャブラリーを増やすには最高の職場環境と言えます。貧欲に、そして貪欲に相手の英語をパクッていけば、たとえ今はそんなに英語がうまくなくても、ものすごい勢いで英語がうまくなりますからね!

 

最後に:僕の体験談

僕の場合、オペレーションという比較的複雑な単語や表現が求められる部署に在籍していたにもかかわらず、外資系金融勤務時はプライベートで英語の勉強をしたことがありませんし、英会話教室に通うこともしませんでした。英語に触れる機会は会社の中だけ。ある意味徹底していたかもしれません。

こうして書くと、もしかすると意識が低い奴と思われるかもしれません。ですが、外資系金融の社内で目の前の仕事を一生懸命やっていれば自然と英語は上達します。そのコツとしては、

相手のマネをする!

相手の表現をパクる!

こういう貪欲な姿勢を持つということですね!

なんでもそうですが、上手い人のマネをする。これって上達の近道なんですよ。せっかくネイティブの人と仕事をしているんですから、こういう最高の環境を生かさない手はありませんからね。

外資系金融に入社したら英語の勉強は必要です。

日々の仕事そのものから英語を学んで行きましょう。

自分から能動的に成長する姿勢って大事ですからね!!

 

 

僕の資系金融に入社したばかりの時の英語と、外資系銀行へ転職した後の英語、全然上手さが違いますからね!入社当時はまさに海外から帰国したて!自分で英語が上手いと自惚れていましたが、後から自分の送ったメールを見たら恥ずかしくてたまらないですよ!普段の仕事からきちんと英語を貪欲に学んでいけば英語は確実に上達します!

 

 

 

【オススメのオンライン英会話スクールを探すならコチラのサイト】

f:id:ceo_masa:20170311153233p:plain

オススメのオンライン英会話スクールを紹介するサイト「オンスタ」を立ち上げました。

どのオンライン英会話スクールにしようかお悩みの方はぜひこちらのサイトを参考にしてみてください!

オンスタ!! | オンスタあなたにオススメのオンライン英会話スクールを紹介するサイトです。あなたにピッタリのオンライン英会話スクールはコレ!!

 

【外資系金融に関する他の記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com