読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

海外留学に行ってはいけない人の2つの特徴

f:id:ceo_masa:20161216094759j:plain

僕は自分自身の体験から、英語を身につけるためには海外留学が一番の選択肢だと思っています。本気で英語を勉強したい人は絶対に海外留学に行った方がいいと思います。ですが、英語を学びたい人全員が海外留学に適正があるわけではありません。中には海外留学を留学に行かない方がいいような人もいます。

今回の記事では「海外留学に行ってはいけない人の特徴」について書いてみたいと思います。もし、これに当てはまったら海外留学には行かないほうがいいかも!?これから海外留学を考えている人はぜひ参考にしてくださいね!

 

 

海外留学に行ってはいけない人の2つの特徴

1. 目的がない人!

海外留学に行ったからといって英語がペラペラになるわけじゃありませんし、何か自分が大きく成長できるということもありません。英語がペラペラになりたければ自分で勉強をしなくてはいけませんし、自分を大きく成長させたいのであればそれだけの経験を自分で積むしかありません。

極論かもしれませんが、海外留学というのは「外国で」「外国人と」「英語を学ぶ」ということです。ただ単純に環境が日本から外国になっただけ。英語の勉強の環境なんて、日本にいたって再現することは可能なんですよね。もちろん、生活環境をガラリと変えることはとても大きな刺激ときっかけになります。ですが、もし自分にしっかりとした目的がないとそれをきちんと活かすことができない恐れがあります。

例えばですが、親が海外留学くらい行っておかないといけないと言ったから、友達が海外留学に行くので自分も行こうとおもった、というように、外からの刺激によって海外留学へのモチベーションが動かされる人は要注意!こういう人は自分の内側にしっかりとした目的を持っていないから、海外留学に行っても途中でやる気がなくなったり、面白くないとかいって途中で帰国する可能性があります。

大切なのことは、

「自分はこうなりたいから海外留学に行きたい!」

という強い目的意識。

英語が話せるようになるという目的でもいいですし、 外国の文化を学んでみたい、外国での生活を経験してみたい、そういうのでいいです。どんな小さな目的でもいいから目的をもつ。そうすることにより海外留学を成功させることが可能になります。

逆に、目的を持たずに海外留学に行ってしまうと、途中で何をしていいかわからなくなり、せっかくの海外留学の機会を活かすことができなくなります。このような人は海外留学に行ってはいけない人であると考えられます。特に明確な目的を持たずに海外留学を考えている人は、もう一度自分の中の目的の設定をきちんとするようにしましょうね。

何よりも大切なことは、自分の中に海外留学に行く目的をしっかり持つということ。これが海外留学を成功させる秘訣になります。

覚えておいてくださいね!

  

2. 流されやすい人!

人に流されやすい人は海外留学をオススメしません。

例えばですが、

「◯◯さんがそうやって言ってたから」

とか

「ネットにこうやって書いてあったから」

と、フラフラしてしまう人は要注意です!

海外留学には様々な誘惑が存在します。毎日勉強ばかりしていた時に、ちょっとパーティーに誘われた、クラブに行こうと誘われた、もうね

 

行ってしまいますよ!!

 

これまで頑張って貯金してきてやっとの思いできた海外留学です。

「ちょっとくらいハメを外してもバチはあたらないよね?」

と思ってしまうのが人間なんです。

ですが、そこで踏みとどまらないどんどん誘惑に流されてしまいます。人間の心ってそんなに強いものではありません。勉強か、それとも飲み会か。その二択になったときにどれだけの人は「勉強」を選択できるでしょうか。周りが遊んでいるからといって自分もそこに流されてしまうと、せっかく海外留学に来たのに何の成果も出せないまま帰国することになります。周りの雰囲気や空気に流されやすい傾向がある人は要注意です!

僕が留学したときの体験談ですが、同じ時期にきた日本人の人たちと話す機会があり、よく一緒に飲みに行ったりもしました。

酔っ払ったらいつも

「絶対英語を話せるようになった帰る!」

「ビックになって帰ってやるぜ!」

みたいにアツく語り合ったのですが、結局その人たちはパーティー三昧の毎日。海外留学の目的を忘れてしまい、楽な方に流されて行ってしまったんですよね。

結局、1年近く経っても英語が話せないまま。そして、無念の帰国となっていました。あれだけアツく語り合ったのに何だったんでしょうね?本当にかっこ悪い留学生でしたが、誰でもそうなってしまう可能性ってあるんですよね。正直に言うと、僕も最初の方はパーティーばっかりやっていましたし、異国の地であわよくば....的な展開も期待したりしていました。そのときは若かったですし、やっぱり男ですからね(意味深)

海外に出ると色んな意味で開放的になります。流されない強い自分であることが海外留学を成功させる秘訣です!

なお、過剰にストイックになると後で後悔してしまうこともあります。

▼留学していた当時を振り返った後悔について書いています

blog.inakano-masa.com

適度に引き締めるところは引き締める、緩めるところは緩めるといったメリハリが大切です。特に長期の海外留学の人は、適度に緩めることをやらないとストレスで心がやられてしまう可能性もあります。週末だけはリラックスして飲みに行くとか、自分なりのストレス発散方法を見つけるといいでしょう。

長期留学はマラソンです。自分を追い詰めすぎないようにしましょうね!!

 

 

まとめ

以上、「海外留学に行ってはいけない人の2つの特徴」になります。いかがでしたでしょうか。

これから海外留学を考えている人は、自分がこの2つの特徴にあてはまっていないか、よく考えてみましょうね!! 

 

 

僕が海外留学に行った最初の方は結構派手に遊んでいました。でも途中から、「何やってんだ、俺は!?」とバカらしくなったんですね。もしあの時気づいていなければ、チャラい留学生になっていたんだと思います。たまに遊ぶくらいならいいんですけど、それでも時間とお金がもったいないですよね。遊ぶのは日本に帰ってきてからでいいんです!

 

 

 

【オススメのオンライン英会話スクールを探すならコチラのサイト】

f:id:ceo_masa:20170311153233p:plain

オススメのオンライン英会話スクールを紹介するサイト「オンスタ」を立ち上げました。

どのオンライン英会話スクールにしようかお悩みの方はぜひこちらのサイトを参考にしてみてください!

オンスタ!! | オンスタあなたにオススメのオンライン英会話スクールを紹介するサイトです。あなたにピッタリのオンライン英会話スクールはコレ!!

 

【コチラの記事もどうぞ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com