読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

海外留学に行きたくないという贅沢な悩みに一言!!

留学についてひとこと

f:id:ceo_masa:20161217103624j:plain

ネットを見ている時に偶然見つけたのですが、

「海外留学に行きたくありません!どうしたらいいでしょうか?」

という悩み。

こんな悩みってあるんですね!?

それを見た瞬間、

「贅沢な悩みだよなー」

と率直に感じました。

普通、海外留学というのは

「海外留学に行きたくて仕方ありません。どうしたらいいでしょうか?」

という悩みの方が多いんですけど、行きたくないと悩めるのは逆に羨ましい限りです。

 

 

日常生活で英語を使うという不安

海外留学に行きたくないという気持ち。

海外留学に行きたくてたまらなかった自分としては理解できないのですが、やはり色んな不安があるのでしょう。

例えばですが、現地での生活。これも一つの不安材料です。

海外留学に出てしまったら、もうそこは外国です。日本ではありません。日本語が通用することはありませんし、生活をしていくためには現地の言葉を話さなくてはいけません。

「英語を話す自信がない」

だから

「私になんて海外留学はムリ!!」

という思考になるのもわかります。

実際のところ、海外での日常生活で使う英語は学校で机の上で学ぶ英語とは全然違いますからね。

多少ライティングやリーディング、リスニングに自信があっても、そんなの役に立ちません。日本にいても日常的に外国人と話すような人であれば、外国人を目の前にした途端にアタフタ。自信なんてあっという間に打ち砕かれますもん。

 

海外留学が失敗する可能性が高い!

大体、海外留学に行きたくないという悩みを持つ人は、親や周りの人から

「留学くらい行った方がいいよ」

と強く言われているケースだと思います。(羨ましいですよね..)

「マジ!?いくいく!!」

というアツい展開が理想的なのですが、自分自身が行きたいくないと思っているのであれば仕方ありません。

そもそも、海外留学なんて強制的に行かされるようなものではありませんからね。そういう状態で海外に行っても鬱っぽくなるか、遊学で終わるかどちらかになる可能性が高いです。

▼海外留学に行ってはいけない人の特徴についてコチラの記事で詳しく書いています

blog.inakano-masa.com

 

海外留学なんてやめておきなさい

海外留学に行きたくない。

そういう気持ちを持っているのであれば、海外留学に行っても成功する可能性は低いです。なので、行けばなんとかなるという安易な気持ちで海外に飛び出すことはやめておきましょう。

個人的には海外留学をして人生が変わった体験をしているので、海外留学に関しては思いっきりオススメしたい気持ちは山々です。でも、海外留学って楽しいことばかりじゃなんですよ。日本を離れて寂しいのは当たり前ですが、言葉が通じない辛さもありますし、文化の違い、食生活の違いなど、様々な違いを体験していかなければいけません。

変化への柔軟な対応。

まさにそれを自分の身を持ってやらなければいけないんですが、そうはいっても体や精神面におもいっきり負荷はかかります。

その負荷がドーンとかかったときに耐えることができるのか?

もともと好きで行っているわけではなければ、きっとそこで

ペキッ!!

って心が折れてしまうんじゃないですかね。

 

 

まとめ

まあ、好き勝手いいましたけど、海外留学に行きたくなければ行かない。行きたくなったら行く。そんな感じでいいんじゃないですかね。

自分のことを自分で決めれない人が海外に行ったらトラブルになる可能性大ですから。海外でたくましく生きていける気がしません。

親もそういう子供は海外に出させちゃダメ。

絶対一回は「ヤバイ!」という体験をさせてしまいますよ。海外って日本と比較すると危ないことだらけですし、取り返しのつかないことになっても遅いですからね。

ぶっちゃけ、今は日本にいながらでも海外留学に行くのと変わらないレベルで英語学習は体験できます。高いコストと時間を犠牲にするのであれば、日本で一生懸命勉強するのもありですけどね。

ただし、現地での生活というかけがえのない経験、そして、そこから得られる国際感覚は身につかないことは理解しておきましょう。周りを日本語で囲まれている環境にいるんですから、それは仕方ありません。

でも、現地での生活こそが本当に大切な学びではあるんですけどね。高いお金と時間の犠牲を払うだけの価値はありますから。

 

 

僕なんて海外留学に行きたくて仕方なかったので、海外留学に行きたくないと悩める人が羨ましいです。望んでいないことを強制されてもモチベーションが上がらないのは当たり前。もっと他に熱中できることをやりましょう!

 

 

 

【コチラの記事もどうぞ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com