読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

留学生は海外に出発する前に青汁を持っていくことをオススメします!

f:id:ceo_masa:20161216154135j:plain

海外に飛び出した留学生が最初にぶち当たる壁は言葉の壁で間違い無いのですが、食事の違いというものも非常に大きいです。

日本では当たり前に食べることができていたコンビニのおにぎり、当たり前のように飲むことができていたペットボトルのお茶、誰もが当たり前に手に入れることができたものが、外国では簡単に手に入れることができません。

慣れ親しんだ日本食を食べたければ、ウェブサイトやローカルのニュースペーパーなどを使って地元の日本食レストランを探したり、日本食を売ってるスーパーを探したりしなくてはいけません。ですが、大体そういうお店の価格は少し高く設定してあったりするので、お金に余裕がない留学生にとっては結構厳しいんです。ちょっとしたお寿司のお弁当が$8くらいしたりしますから。

海外留学先で日本で送っていた生活を送ることは可能ではあるのです。ただ、金銭的なハードルが結構高いんですよ。

 

慣れなきゃいけない現地の食事

食事の違い。

これは結構ボディブローのようにきいてくる辛さで、特に現地の国に長期間滞在するような方であれば、滞在中に一回は日本食が恋しくて恋しくてたまらないということも経験するでしょう。

▼以下の記事で詳しく書いています

blog.inakano-masa.com

もしかすると

「海外の食事なんてすぐになれるさ!!」

と楽観的に思う人もいるかもしれません。

滞在先の国の文化を体験することも大切な留学の経験の一つですからね。

でも、毎日食事がパスタやシリアル、ホットドッグやハンバーガーだったら?ポテトと肉ばっかりの食事だったら?

結構キツイと思いません?

もともとのベースとして、日本人はご飯にお味噌汁、納豆や海苔などで育ってきたわけです。最近ではパスタやパン、ポテトに肉などのような欧米式の食事も一般的になりつつありますが、それでも日本人としての血がこの体には脈絡と流れているわけです。

やっぱり慣れ親しんだ日本食の方がいいんですよ。

大好きなハンバーガーでも、毎日食べ続けていたら嫌になるものなのです。

以前、LAに4日ほど滞在したことがあるのですが、現地の食事はハンバーガーやサンドイッチばかり。1日目は大丈夫なのですが、2日目、3日目になってくると結構キツかったです。4日目なんてもはやギブアップ寸前。早く日本に帰って日本食が食べたいという気持ちでいっぱい。

こんな風に、ちょっとした小旅行でも海外の食事というのは相当辛かったです。。。これから海外留学に行く人は最低でも一ヶ月は現地に滞在することになりますよね。

食事の問題、大丈夫ですか?

耐えられる自身、ありますか?

 

海外で栄養を確保する難しさ

海外留学先での食事事情。結構大変です。それと同時に、海外の食事では日本の食事と違って栄養がうまく確保できないことがあります。特に欧米などに留学に行くと、普段サラダなどのヘルシーな食べ物を食べる機会が中々ありません。どちらかというと、ポテト、パスタ、ホットドッグ、チーズ、牛乳、パンなどのシンプルなものを食べる機会が多く、栄養の観点からちょっと物足りない印象は否めません。

また、飲み物に関してもそれは同じで、普段の日常生活ではコーヒーや炭酸ジュースなどを口にする機会が多く、日本のようにヘルシーなお茶や野菜ジュースは中々口にできません。まあ、こういうヘルシーな飲み物というのは、大き目のフードコートにいってオーガニック系のレストランに行けば手に入るのですが、いかんせん価格が高い!貧乏生活を余儀なくされている留学生にとっては中々手が出ずらい商品なのではないかなと思います。

 

留学生の生活が厳しい理由

基本的に、留学生は現地で積極的に働いたりアルバイトするようなことはしません。あくまでも留学の目的な勉強ですから、普段は現地の学校に行ったり、空いている時間は図書館やカフェで勉強をするのが普通です。そのため、現地での収入はゼロという方が多く、生活が苦しいという人も多いです。事実、僕も留学時代は相当切り詰めた生活をしていました。持っている服やカバンを個人売買で売ったり、なるべく安い家賃の家に引っ越したり...。結構大変だったことを覚えています。

生活が苦しいと、どうしても節約生活をしなくてはいけないわけなのですが、その時、一番真っ先にしわ寄せがくるのはどこだと思いますか? 

それは、

 

食費です!!

 

手元にあまりお金がない、残りのお金に余裕がない。そうなった時、留学生というのは食費をまっ先に削るのです。

 

食費を削ったあとのしわ寄せの行き先

外食はやめて自炊にする。ランチに行くのはやめてお弁当にする。一見すると合理的な作戦のように思うのですが、長期的に見るとあまり効果的な方法であるとはいえません。なぜなら、自炊などをすると作れるメニューがワンパターン化してしまうからです。自分で作るのでどうしても自分が食べたいものを作ってしまいがちになるんですよね。

お金を節約するために始めた自炊なのですが、結局多くの人は偏った食事をとることになってしまいます。極端に栄養がかたよってしまうと、体の健康面に影響が出る可能性もあります。人によって様々なのでしょうが、肌があれてきたり、免疫力が低下して風邪をひきやすくなってしまったり、あまり良いとはいえないような現象が体に起こる可能性があるでしょう。そうなると本末転倒。勉強どころではなくなってしまいますよね。

日本にいるとあまり意識しないのですが、日常の食生活というのは海外留学生にとってはかなり真剣に考えるべき問題なんですよね。

 

毎日自炊は大変だし面倒...

留学先の現地で効率よく栄養を確保するためには、当たり前の話ですが、野菜や果物などの健康的な食材を使った料理を積極的に食べることが大切で。ですが、ぶっちゃけ毎日そんな食事なんてしてる余裕はありません!!毎日英語の必死に英語の勉強をしたあと、自分でスーパーに買い出しに行って、そして家に帰ってから調理をする。想像するだけでも面倒すぎると思いませんか?

また、日本だったら車やバイクでスーって行けるような場所でも、海外だったらそうはいきません。車やバイクなんてもっていませんから、歩いていくことになります。もし、近所にスーパーがない場合は電車やバスなどの公共交通機関を使ってわざわざ買い出しに行かなければいけません。買い出しにいったらいろいろ買いますから、帰りは両手に袋を下げることになります。

それが重いのなんの!!

これが週に数回程度あるけです。最初はワクワクして買い出しにいっても、だんだん面倒になってきて、結局は近所のファーストフード店かピザ屋のお世話になる。こういうパターンって結構多いです。。。

 

留学生は青汁を持っていけ!!

とはいっても、僕も留学先で褒められた食生活を送っていたわけではありません。外食、外食、テイクアウト、ごくたまに自炊みたいな。偏った食事はダメだとわかっていても、勉強で忙しい毎日を送っているとそういう生活になってしまうんですよ。

「何か効率のいい栄養補給の方法はないのだろうか?」

そう考えた結果、僕がとった行動は

日本から青汁を持っていく

ということでした。

青汁というと、おっさんくさい、青臭い、うさんくさいと、3つの「くさい」印象を持ってしまう方が多いと思います。まあ、合っている部分もあるのかもしれませんが、結構便利ですよ。粉末状のものだとあまりかさばらないので、スーツケースの中にいれると結構な数を持っていくことができます。一時帰国したときとかに買いだめしておくといいでしょう!

ちなみに、コレは僕が今ガチで使っている青汁↓

山本漢方製薬 大麦若葉粉末100% 徳用 3g*44包

山本漢方製薬 大麦若葉粉末100% 徳用 3g*44包

 

使い方は超簡単。水と混ぜる、振る、飲む。以上です。調理時間?30秒くらいでしょうか。カンタンに栄養補給が可能になります。多少青臭いですが、青汁だから仕方ありません!!普段、節約生活を送っている海外留学生にとっては嬉しい栄養補給の手段だと思います。

なお、青汁に酵素が入ったものもあります。これだとさらに効率的。

>>ごくごく飲める美味しいホコニコのこだわり酵素青汁

留学で長期戦になる人は持っていくといいです。僕も2年半の留学の期間、どれだけの青汁を飲んだかわかりません。本当にお世話になりました!!

なお、

「飲みやすいって本当かよ?」

ってツッコミをいれたくなりますが、そこは試してみてからのお楽しみですね。まあ、青汁は青汁ということはお忘れなく...。

 

まとめ

ハードな海外留学を乗り切るためには、時にはアスリートのように徹底した自己管理が大切。海外は何が起こっても原則的に自己責任という風潮があります。便利なものはできるだけ利用して、クオリティの高い日常生活を送るようにしましょう。青汁を飲むなんて大したことではないんですが、こういう行動の積み重ねが重要ですよ!

いずれにしても、これから海外留学の予定がある人は青汁を持っていくことをオススメします。持ち物リストにきちんとメモしておきましょう!!

 

 

僕も今でも飲んでいる青汁。その効果が見た目に現れるわけではありませんが、やっぱり飲むのと飲まないとでは体の中での違いはあるんだと思います。プラシーボ効果でもいいじゃないですか!どうせなら健康的な生活を送りたいので、やっぱり青汁は止められません!

 

 

 

【コチラの記事もどうぞ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com