読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

海外留学なんて意味がないと思っている人。それは正解です。

留学についてひとこと

f:id:ceo_masa:20161219102805j:plain

海外留学なんて意味がない。

そんな斜めに構えた意見、大好きです。

 

だって、確かにそうですもん。

 

ほんとに。

ぶっちゃけてしまうと、海外留学なんて意味がないんですよ。

海外留学に来たけど全然英語が話せないまま帰国する人なんていっぱいいるし、海外に何年も留学したけど英語が超下手くそな人もたくさんいます。

海外留学なんて意味がない。

確かにそうなんです。

みんな海外留学に幻想持ちすぎ。

 

 

勉強する場所を変えただけ

少し海外留学について考えてみましょう。

海外留学の目的って、大半は

海外で英語を勉強する

というものですよね。

でも、ぶっちゃけ英語の勉強なんて日本にいてもできるわけです。

スカイプ英会話、スマホアプリ、海外のテレビ番組、これらをうまく使って真剣に勉強さえすれば、わざわざ高いお金を出して海外で英語を勉強する必要なんてないんです。

つまり、海外留学というのは、あくまでも英語を学ぶ環境を整える作業。

英語を勉強する「場所」を変えただけなんです。

それ自体が英語が話せるようになるためのアクションではないんですよね。

 

海外留学に対する勘違い

で、海外留学に対する一番大きな勘違いというのは、

海外に行った=英語が話せるようになる

という考え。

まあ、甘いですよね。

さっきも書きましたけど、海外留学というのは英語を勉強する場所を変えただけ。

例えて言うのであれば、期末テスト前に部屋の大掃除をして綺麗にしただけの状態。でも、実際テスト勉強を自体は何もしていないみたいな。

なので、海外留学=スタート地点にたった、というだけのことなんです。

でも、このままでは英語なんて全く話せるようになんてなりません。

必要なのは、行動をする=勉強をするということ。

これ、しっかり考えた上で海外留学に出ていますか?

 

やっぱり必要な勉強の努力

何度もこのブログで主張していますが、海外留学って華麗じゃないんですよ。

海外に出たあとは、英語の勉強をするという努力が必要となってきます。

でも、努力や勉強という単語を聞くと、

「ええ〜〜〜」

と思う人もいるかもしれません。

こういう汗臭くて泥臭い言葉が嫌いな人って多いじゃないですか。どちらかといえば、「楽に!」「簡単に!」という方が好きな人が多いかもしれません。

でも、どっちにしても英語の勉強を避けることなんてできません。

逃げてもいいですけど、帰国した時にバカにされるのは自分ですからね。

これだけ最高の環境にいるんですから、その結果は自己責任。

お膳立てはできている、あとはお前の努力次第。

例えていうなら、

ゴール前でフリーの状態で最高のパスがきた、さあどうする?

っていうことです。

 

 

僕なりの結論:お前次第

結論をいうと、海外留学の意味って自分で作るものなんですよ。

海外という最高の環境を活かして勉強を頑張るのもいいですし、流されて遊びまくる生活を送ってもいいでしょうし、嫌になって日本に帰ってもいいんです。

結局、与えられた環境から何を手に入れるのかはあなたの自由ってことなんです。

もう一度いいますが、海外留学に意味はありません。

なぜなら、それ自体がただの「英語の勉強のために環境づくり」であり、決して英語が話せるようになるために絶対に必要なものではないからです。

英語の勉強なんて日本でも出来ます。

海外留学に行きたくなければいかなくでも全然オッケーなんです。

なので、もしあなたが

「海外留学なんて、もしかして意味がないのでは?」

と思っていたら、それは正解です。

で、もし日本でも英語の勉強を続けられる強いメンタルとストイックな姿勢があれば、日本で英語の勉強をすることをオススメします。

今の英語学習環境であれば、日本にいながらにしても英語を話せるようになるということは十分可能だと思いますからね!

 

 

僕の場合、海外留学に行った意味はありました。現地での生活、色んな国から来た友人との交流、ちょっとした日常生活が今でも最高の思い出になっています。海外留学にはそういったメリットもあります。日本で勉強するのか、それとも海外で勉強するのか。自分にはどっちが合っているかを考えることも大切ですね!

 

 

 

【コチラの記事もどうぞ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com