英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

年末年始こそ転職エージェントを使ってキャリアを振り返りましょう!

f:id:ceo_masa:20161220135825j:plain

年末年始が近づいてきました!

なんというか、

いろいろと身の回りの人間関係や家のいらないものなどをしっかりと整理せよ!

みたいな無言の圧力を感じますね!

なんかこう、無性に部屋の模様替えをしたくなるみたいな。

不思議なもんですね。

 

キャリアを振り返る良いタイミング!

ということで、年末年始。

これって実は自分のこれまでのキャリアを振り返るのにものすごくいいタイミングなんですよね。

普段激務な外資系金融の人でも、さすがに正月は休みの場合が多いでしょう。

なので、そういう休みのときを利用して冷静にキャリアの棚卸をするのって、すごく前向きな作業だと思うんですよね。

新年の目標を立てることと、これからのキャリアを考えることって似ていますから、今年一年の自分のパフォーマンスを振り返り、

「今年はこれが出来た!来年はこれに挑戦しよう!」

こんな風にフレッシュな気持ちになるのもいいんじゃないでしょうか?

やっぱりデキるビジネスパーソンたるもの、自分自身に対してきちんとPDCAをまわすことって大事ですからね。

まんがで身につくPDCA (Business ComicSeries)

まんがで身につくPDCA (Business ComicSeries)

  • 作者: 原マサヒコ(著)、兼島信哉(まんが)
  • 出版社/メーカー: あさ出版
  • 発売日: 2015/12/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

実家で感じる現実的な問題

年末年始、特に実家に帰ったときって将来について嫌でも真剣に考えちゃうんですよ。

少し背中が小さくなった親父の背中、

さらにシワが深く刻まれたお母さんの顔。

久しぶりに両親の姿を見ると、なんであんなに老いて小さく見えるんだろう?という疑問は置いておいて、

「ここまで育ててきてくれてありがとう!」

という溢れ出す感謝の気持ち。

それと同時に、

「老後の面倒はどうする?その資金は?」

という現実的な問題も考えさせられるのが実家の帰省というイベントの王道パターン。

夢のない話かもしれませんが、こうした老後の問題だとか、誰がオヤジやオカンの面倒を見るとか、そうした現実的な問題のほとんどは

 

お金が解決してくれますから。

 

こんなことを言ってしまうと身も蓋もありませんが、実際そうなんだから仕方ありません。

世の中の大体の悩みはお金から来ていますもん。

お金が解決してくれるのは当然ですよね!?

 

ビジネスパーソンの限られたお金の増やし方

で、

僕らのようなビジネスパーソンが財布の中に入ってくるお金を増やすためにはどうすればいいのか?

ってことなんですけど、ぶっちゃけその答えは限られていて、

  • 今の仕事の給与を増やす
  • 他の会社に転職する

の二択しかないんですよ。

もちろん、投資などで不労所得を増やすことも考えられます。

ですけど、投資でお金をガンガンまわして生活が楽になるくらいのレベルの人って、それなりの元手を持っているんですね。

原資を持っている人ってやっぱり限られてくるんですよね。

最低でも一千万単位レベル。

これからの時代はこれくらいの資産がないとヤバイです、本当に。

百万単位のお金でチョビチョビ運用していても子供の教育費の足しにすらなりませんし、老後のことを考えると全然足りません。

FXで稼ぐ?

あれは不労所得というよりも労働に近くありませんか?

スキャルとか業者からすれば

「スプレッド、ありがとうございまーす!おいしくいただきまーす!」

じゃないんでしょうかね。

僕には詳しくわかりませんが(笑)

 

年末年始はキャリアを振り返るには最高のタイミング

というわけで、年末年始の休み。

こういうのをうまく利用して、これからのキャリアの中でどうやって給料の所得を増やしていこうか、きちんと考えましょうということです。

現実的な話、今いる会社で頑張っても給料ってなかなか上がりません。

正直、転職しちゃった方が給料が上がる可能性というのは高い傾向にあります。

なので、こういう時に転職活動をするというのはかなり賢い戦法だと思います。

ちなみに、なぜ今いる会社で頑張っても給料が上がらないのか?

それには色んな理由があるんでしょうが、個人的には

  • 他の会社はスキルや経験を客観的に評価しれくれる

というところが一番じゃないかと思います。

やっぱり、長く同じ会社に勤めると、提供している労働価値が当たり前になってしまい、そこに価値を見出してくれない場合が多いんですよね。英語なんてできて当たり前、仕事が早くて当たり前、会社に尽くして当たり前みたいに思われてしまい、言葉は悪いですが「いいように使われる」機会が多くなってしまいます。

例えて言うなら、マンネリしたカップルのようなもんです。

別れて気づくあいつの可愛さ、みたいなね。緊張感のない馴れ合いの関係になってしまうんですよ。

なので、年末年始ってキャリアを振り返るには最高のタイミングであるといえます。

 

転職エージェントを活用しちゃいましょう!

で、実際転職するにはどうすればいいのか?

ということなんですけど、この答えは簡単で、

転職エージェントを活用しちゃいましょう!!

ということです、はい。

転職エージェントについては以下の記事で詳しく書いていますが、簡単に言うと、人を探している企業と職を探している人をマッチングしてくれるサービスのことになります。

blog.inakano-masa.com

で、そうやって人を転職させることによって企業からコミッション(※転職者の年収のパーセンテージ。通常は20〜30%程度がコミッションとなっています)をいただく。そのようなビジネスモデルで成り立っているのが転職エージェントになります。

なので、自分が転職のために利用しても基本的には無料の場合がほとんど。しかも、転職に精通したプロのコンサルタントの方たちがこれからのキャリアの歩み方について真剣に相談に乗ってくれるので(当たり前か!)、正直相談するだけでも価値があります。自分の市場価値やいまの転職マーケットの事情を知りたい人は、今すぐに転職する予定はなくても登録だけでもしておいていいんじゃないでしょうかね。

もしかすると、僕みたいに圧倒的なキャリアアップ(給料や待遇、勤める会社のブランドやネーミングバリューが大幅アップ!!)が可能になるかもしれませんよ!?

 

絶対に登録しておくべき4つの転職エージェント

さて、せっかくの機会ですので、ここで僕がオススメする4つの転職エージェントについて紹介をさせていただきたいと思います。

世の中にはたくさんの転職エージェントが存在します。

そのため、どの転職エージェントに登録していいかわからず、ついつい数多くの転職エージェントに登録をしてしまいがちになります。

ですが、僕自身の体験から言えば、ある程度大手の転職エージェントを押さえておけばそれで十分です!!

残念ながら、小規模の転職エージェントでは満足がいくような案件を紹介してもらうことができず、下手すればキャリアダウン(給与、待遇、勤務地、会社名など)となる案件が多かった経験があるので、個人的には全くオススメできません(※あくまでも個人的な体験ですので全ての転職エージェントさんがそうであるとは限りません)

ということで、自身の体験から絶対に登録しておくべき転職エージェント4社を以下にまとめておきます。

外資系企業・外資系金融で転職を希望している方がいれば”鉄板”の転職エージェントですので、もうすでにご存知である方も多いでしょう。

外資系企業・外資系銀行への転職を希望している方の中で、もしまだ登録をしていない人がいれば是非登録しておくことをオススメします。

僕が外資系銀行に転職できたのも以下のどれかの転職エージェントさんのおかげですからね!

これからのキャリアの振り返りにぜひ有効活用してくださいね!!

 

1. JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

JAC Recruitmentは、日本で28年の転職支援実績がある転職エージェントです。

国内、外資系の求人案件に強いだけではなく、海外の求人案件にも強いネットワークを持っており、外資系金融だけではなく外資系企業の求人案件全般に強いことが特徴です。

外資系企業への転職を通じて今後のキャリアアップを目指すのであれば、絶対に登録しておくべき転職エージェントです。

丁寧なヒアリングときめ細やかなサポートも非常に満足度が高く、心から納得できる転職活動をおくることができるはずです。

海外留学経験があり、英語が話せるようなグローバルな人材だけではなく、これからマネジメント・エグゼクティブ職を目指す方にもオススメです。

>>JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)

 

2. Recruit Agent(リクルートエージェント)

リクナビ、リクナビNEXTなどで同じみのリクルートキャリアが運営する転職エージェントサービスになります。

国内案件に強いというイメージがありますが、実は外資系金融・海外案件も紹介案件として豊富に取り揃えています。

国内大手の転職エージェントだけあって、サポート、案件数、ノウハウ、全てがトップレベルといってもいいでしょう。

特に案件数に関しては非常に豊富で、思わぬ優良案件に出会えることも。

口コミ評価も軒並み高く、これから転職活動を始める方は登録しておきたい転職エージェントです。

>>リクルートエージェント

 

3. Spring転職エージェント

世界60の国と地域で5000ヵ以上もの拠点を持つ転職エージェント。

英語の面接対策などのサポートはもちろんですが、優良外資系企業と信頼関係を築いている専任のコンサルタントが転職のサポートをしてくれます。

グローバルなネットワークを活かしたノウハウと情報は、まさに外資系転職エージェントならではの強み。

外資系金融のようなグローバルなフィールドに活躍の場を求める人にオススメの転職エージェント。

>>Spring転職エージェント

 

4. アージスジャパン

f:id:ceo_masa:20170503172541p:plain

アージスジャパンは、外資系の求人案件のレベルが高いです。

特にコンサルティングファームの案件が豊富で、さらなるキャリアアップを貪欲に狙うのであれば絶対に登録しておきたい転職エージェントの一つです。

公式ページの「お取引先企業一覧」を見てもわかる通り、非常にバラエティ豊かな企業が取引先としてリストアップされていて、色んな角度から今後のキャリアや可能性を考えたい人にはかなりオススメです。

転職サポートは無料。

しかも、すでにレジュメを持っているのであればわずか一分で登録が完了します。

金融だけではなく、様々な外資系企業の案件を探しているのであれば是非登録をしておきましょう!!

>>アージスジャパン公式ページ

 

ハイクラスな転職サイトを希望する方はコチラ

なお、

「気軽に転職活動をしたい!」

「マイペースに転職活動を進めたい」

など、様々な事情により転職エージェントではなく転職サイトを使って転職活動をしたい方もいるはずです。

そのような方には以下のBizreach(ビズリーチ)をオススメします。

非常にハイクラスな転職サイトになりますので、転職エージェントと併せて登録をしておくと、さらに色んなキャリアアップの機会に恵まれるでしょう。

 

BIZREACH(ビズリーチ)

国内最大級のエグゼクティブ向け会員制転職サービスです。

国内外の優良企業と、厳正な審査基準をクリアした一流ヘッドハンターから直接スカウトをうけることができるという、これまでの転職エージェントとは一味違ったユニークなサービスがウリです。

主なターゲット層は年収750万円以上のハイクラスなビジネスパーソンで、扱っている求人案件のレベルは軒並み高いです。

これからアグレッシブにキャリアアップ、年収アップを狙いたい方にオススメです。

>>■□ 年収1000万円以上の会員制転職・求人情報サイト ビズリーチ □■

 

おまけ:僕からのアドバイス

僕が一社目の外資系金融から世界的に有名な外資系銀行に転職する際、とりあえず片っ端から大手転職エージェントに登録をしました。

各転職エージェントから色々な求人案件を紹介してもらいましたが、みんな紹介してくれる案件に微妙に違いがあります。(たまに同じ求人を紹介してもらうこともありましたが。。。)

つまり、

もし転職エージェント一社だけにしか登録していない状態だと、出会うことができない求人案件がある!!

ということです。

あとで

「やっぱり、あの転職エージェントの案件も見ておけばよかった...」

「本当はもっといい求人案件があったんじゃないだろうか?」

と後悔しないよう、キャリアアップを目指すのであれば上記の全ての転職エージェントに登録しておくことをオススメします。

 

まとめ

転職エージェントですが、彼らを利用した方が転職先の生の情報が手に入るので、自分で転職活動をするよりも手に入る情報量が圧倒的に多いです。

また、企業との間に入って動いてくれているので、言いにくいことや確認してほしいこ内定をもらいやすい傾向にあります。しかも、基本的に利用は無料の場合がほとんど!!

こういうサービスは利用しない手はありません!!

年末年始のような、世間のみんなが休んでリラックスしている時にこそ動き出す。

これが他のビジネスパーソンとの差をつける絶好のチャンスです。

これまでのキャリアの振り返り、年末年始にこそ是非やってみてくださいね!

 

 

気がつけばもう今年もあと少しで終わりですね。今年の仕事のパフォーマンスはどうでした?待遇や給料はアップしましたか?ボーナスはもらえましたか?もし、その中で一つでも納得がいかないことがあるのなら、転職を考えるいい機会なのかもしれません。仕事が出来る人は積極的にレベルの高い会社に活躍の場を求めることをオススメします!