英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

【初心者向け】海外のFX業者を使う時に絶対に気をつけるべき2つのリスク

f:id:ceo_masa:20170123205950j:plain

最近よく耳にする海外のFX業者ですが、そのような業者を使うリスクというのは存在するのでしょうか?

今回の記事では、海外のFX業者を使う時に気をつけたいリスクを2つ、簡単にまとめてみました。

FX初心者の方には是非じっくりと読んで欲しい内容になっています。

 

 

海外のFX業者を使う時に絶対に気をつけるべき2つのリスク

1. 出金が適切にできないかもしれないリスク

f:id:ceo_masa:20170123194728j:plain

海外FX業者とのトラブルで一番多いといいってもいいかもしれないのが、この出金に関するトラブルです。

FX取引で儲かったお金を引き出したい、他のFX業者に乗り換えたい、もうFX自体を辞めたいから口座のお金を全額出金したいなどなど、出金の理由というのは様々に存在します。

このような出金依頼を出しても業者からのレスポンスが遅かったり、そもそも何も対応してくれないなど、海外のFX業者が出金を渋るというトラブルは非常に多いです。

参考サイト:海外無登録業者にご注意ください(平成27年1月更新):財務省関東財務局

 

適切に出金されない理由の推測

出金が適切になされないというのは2つの理由が推測されます。

一つが、意図的に出金をさせないということ。

二つ目が、社内のオペレーションが雑であり、出金業務が適切に行われていないということ。

上記はあくまでも推測ですが、仮に意図的に出金をさせていないとなれば、それは言語道断であり、もし仮に出金業務が適切に行われていないのであれば、日本で法にのっとって適切に運営しているFX業者の立場から考えれば「?」となるところです。

FX取引は資産運用の一つの手段や副業感覚として始める人が大半かと思いますが、FX取引とは違う部分で不安になったりトラブルに巻き込まれるのは、本来の目的からすればおかしいところ。

海外のFX業者は大きくて信用できるところもあります。

ですが、それと同じように、わけのわからないヤバ目のところも存在します。

それをFX初心者の方が見抜くのは非常に困難であり、また、そこまでの努力をしてまで海外FX業者を利用するメリットはあまり存在しないと思います。

 

2. 急に取引ができなくなるリスク

f:id:ceo_masa:20170123194747j:plain

基本的に、日本の金融庁に登録のない海外のFX業者が日本のお客さんを勧誘することは金融商品取引法違反となっており、そのような無登録のFX業者は金融庁のHPでも注意喚起されています。

海外に所在する業者であっても、日本の居住者のために又は日本の居住者を相手方として金融商品取引を業として行う場合は、原則として、金融商品取引業の登録(我が国の「金融商品取引法」に基づく登録)が必要です。登録を受けずに金融商品取引業を行うことは禁止されています(金融商品取引法違反として罰則の対象)。

(参照元:海外に所在する無登録業者とのFX取引等にご注意ください!:財務省関東財務局

金融庁は海外ではFSA(Financial Services Agency)と呼ばれており、彼らの動向は海外のメディアでもニュースになっています。

例えば、以下のニュースは、とある海外のFX業者が日本の金融庁への登録がされていないということが大きく話題になったニュースです。(※その業者はニュージーランドではきちんと登録がされているようですが、日本では登録がなかったようです)

www.leaprate.com

日本のFXマーケットというのは、規制が厳しいですが非常に魅力的なマーケットとして有名です。

海外のFX業者は、日本国内のFXの規制の動向、他のFX業者のニュースをしっかりとチェックしています。

例えばですが、『日本のお客さんに対して積極的に勧誘はしていないが、日本からの口座開設の申し込みは断っていない』という海外FX業者が、

「やっぱり日本人のお客さんを相手にしてちゃ会社的にヤバイよね?」

と思い、明日から急に日本人のお客さんとの取引を停止する可能性はゼロとも言えません。

僕は外資系企業で働いていたので、外資系企業の意思決定の早さは身をもって知っています。

ある日を境に「やっぱ、やーめったっと!!」となる可能性は無いとはいえません。

で、そうなると、その海外FX業者を使っている人はどうなるのでしょうか?

取引中のポジションはどうなるの?

発注中の指値、逆指値はどうなるの?

預けているお金は?

キャンペーンのボーナスは?

たくさんの疑問が湧いてきますが、そもそも日本において登録されていない業者になりますので、その対応はそのFX業者次第。

つまり、予期できないリスクがそこに存在するということなのです。

 

 

まとめ

以上、「海外のFX業者の使う時に気をつけるべき2つのリスク」になります。

いかがでしたでしょうか。

ネット上で紹介(アフィリエイト)されている海外FX業者のほとんどは日本の金融庁に登録がありません。

これらの海外のFX業者ですが、

「他の国の機関にきちんと登録がされているんじゃないの?」

と思ってしまう人もいるかもしれません。

ですが、海外のFX業者は、日本のお客さんを対象に営業行為を行うためには日本の金融庁の登録が必要だということは覚えておきましょう。

例えて言うならば、いくら海外で運転免許証を取得していたとしても、日本で車を運転するためには日本国内で正式に発行された免許証が必要になるということですね。

なお、僕個人的には海外FX業者に対して肯定も否定もする立場ではありません。

ただ、もし個人投資家として両者を比較しなければいけないのであれば、そこに積極的に海外FX業者を利用する意味が見出せないというだけです。

もし自分が利用するのであれば、きちんと日本国内にビジネスの基盤のある業者を利用したい。

単純にそう思います。

 

【外資系金融で働いていた僕がオススメするFX業者】

それなりに長く業界にいたのでFX業者はたくさん知っていますし、業者視点でそれぞれのサービスの内容についても理解しています。

その中でもDMM FXは個人的にオススメです。

とにかくこちらが心配になるくらいスプレッドが狭いし、スマホのツールも使いやすい。

口座開設のスピードもかなり早いし、今ならキャッシュバックのキャンペーンもあります。

これから新規でFX取引の口座を開設するなら、まずはDMM FXで開設することをオススメします。

>>FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

 

【その他の記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com