読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

【初心者向け】僕が海外のFX業者をオススメしない2つの理由

f:id:ceo_masa:20170204114522j:plain

 FX業者は大きく分けて「国内」と「海外」の業者に分けることができますが、個人的にはFX取引初心者の方が海外の業者を利用することはオススメしません。

今回の記事では、海外のFX業者をオススメしない理由について書いてみたいと思います。

FX取引初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

海外のFX業者をオススメしない2つの理由

1. 海外FX業者の多くが金融庁への登録がされていない

ネット上で紹介される(アフィリエイトされる)海外のFX業者の多くが日本国内の金融庁への登録がされていません。

海外のFX業者が日本国内の顧客を勧誘するためには、日本国内において金融庁への登録が必要となります。

しかし、多くの海外FX業者は日本の金融庁への登録がされていないまま日本の顧客からの口座開設を勧めたり、口座開設を獲得を目的とするようなウェブサイトを用意しています。

金融庁へ登録がされていない海外の業者ということは、何かあった時に相談できる場所がなかったり、適切なサポートを受けることができない可能性があります。

FX取引では、FX取引を行うだけではなく、

  • お金を預ける
  • お金を出金する

という大切な作業を必ずやらなければいけません。

金融庁への登録をせずに営業をしている業者が、果たしてその信用に足る業者なのかどうか。

最終的な判断はそれぞれ個人の考え方と自己責任になるのでしょうが、個人的には海外のFX業者へお金を預けることはオススメしません。

 

2. ハイレバのメリットがない

日本で提供可能なレバレッジは最大で25倍ですが、海外のFX業者はさらに高いレバレッジを提供することが可能です。

そのため、海外のFX業者を紹介する謳い文句として、

「国内の業者とは違い、ハイレバで取引が可能!」

「ハイレバは資金効率が良い!!」

という形で紹介がされていることが多いです。

しかし、ハイレバ(高いレバレッジをかけている)ということは、FX取引によって口座内の資金を失ってしまうリスクがより高まっているということです。

リスクとリターンには深い相関関係があります。

得られるリターンが高ければ高いほど、そこには高いリスクが同じように存在します。

FX取引は、口座内の資金があってこそ持続可能な投資です。

むやみやたらに高いレバレッジで取引をすると、あっという間に口座内の資金を失ってしまう(=FX取引から退場する)ことがあるので、個人的にはハイレバの取引はオススメしません。

国内のレバレッジ25倍で十分すぎるほどです。

あと、忘れてはいけないことは、そもそもハイレバにしたからといって、それでFX取引に勝つ確率が上がるものではありません。

ハイレバと勝率とは全くの無関係です。

FX取引で勝てない人や初心者の人がハイレバで取引をしても、そこから得られるメリットは皆無と言っていいでしょう。

少ない金額でハイレバの取引をしたいという人は、そもそも自分にとってFX取引が適切な投資であるのか、FX取引に適正があるのかどうか。

そこから考え直すことも必要かと思います。

 

 

まとめ

以上、海外のFX業者をオススメしない2つの理由についてまとめてみました。

いかがでしたでしょうか。

FX取引を始める時はどの業者で口座開設をしようか迷いますが、国内で適切に法を遵守している国内のFX業者を選ぶといいでしょう。

これからFX取引を始める人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

【外資系金融で働いていた僕がオススメするFX業者】

それなりに長く業界にいたのでFX業者はたくさん知っていますし、業者視点でそれぞれのサービスの内容についても理解しています。

その中でもDMM FXは個人的にオススメです。

とにかくこちらが心配になるくらいスプレッドが狭いし、スマホのツールも使いやすい。

口座開設のスピードもかなり早いし、今ならキャッシュバックのキャンペーンもあります。

これから新規でFX取引の口座を開設するなら、まずはDMM FXで開設することをオススメします。

>>FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

 

【その他の記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com