英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

外資系金融を狙う方は外資系FX業者への転職もオススメです

f:id:ceo_masa:20170204172306j:plain

外資系金融への転職を目指す方は、主に外資系投資銀行、外資系証券、外資系商業銀行への転職をターゲットとしているかと思います。

ですが、ゴールドマンサックスやJPモルガン、ドイチェなどの大手一流の外資系銀行に代表されるように、これらの外資系金融が転職者に求めるスペックは低くはありません。

また、外資系金融への転職は人気が高く、タイミングによっては競争率が高くなる場合があります。

そのため、

「外資系金融へキャリアアップを果たしたいけど、いい求人案件がない!!」

と状況に陥ってしまい、うまく転職活動が進められない場合もあります。

 

外資系FX業者へ転職する3つのメリット

そのような場合、個人的にはFX業界への転職をオススメします。

外資系FX業者への転職は以下のメリットがあります。

 

メリット1:比較的入社しやすい

投資銀行や外資系証券と比較すると、FX業界の企業が転職者に対して求めるスペックはそこまで高くありません。(※あくまでも相対的な比較です)

ゴールドマンサックスなどの大手一流投資銀行への転職が厳しくても、外資系FX業者であれば高待遇で迎えてくれるということもあります。

もし、部下が持てるポジションに就けるチャンスがあれば、まずはそこでキャリアアップをはかるのも賢い選択肢です。

人をマネジメントする経験はどこの企業でも重宝されますし、これまで部下を持ったことがない人にとってはマネジメントの経験を手に入れる大きなチャンスです。

 

メリット2:英語を使う機会がある

外資系FX業者では、社内で英語を使用する機会に恵まれます。

メール、会議、チャット、海外とのやりとりは英語を使用するのが普通です。

外資系FX業者では、これまで学んできた英語を活かし、さらにビジネスの場でブラッシュアップすることができます。

 

メリット3:キャリアアップの可能性が広がる

もし外資系FX業者への転職ができたなら、それはもう立派な外資系金融でのキャリアとなります。 

FXは為替の仕事です。

大きな投資銀行には必ず為替の部門が存在します。

きちんと仕事の経験を積み、コツコツと成果を出し続ければ、その後、一流外資系銀行への転職するということも十分可能となります。

 

外資系FX業者への転職にオススメの転職エージェント

では、そんな外資系FX業者に転職するためにはどうすればいいのでしょうか?

通常、外資系金融への転職にはハイクラスな転職エージェントを使用することが一般的ですが、FX業界への転職の場合も同様に、ハイクラスな転職エージェントを利用すればいいでしょう。

以下に、外資系FX業者へ転職を目指す人であれば必ず登録しておきたい転職エージェントをまとめておきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

1. JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

JAC Recruitmentは、日本で28年の転職支援実績がある転職エージェントです。

国内、外資系の求人案件に強いだけではなく、海外の求人案件にも強いネットワークを持っており、外資系金融だけではなく外資系企業の求人案件全般に強いことが特徴です。

外資系企業への転職を通じて今後のキャリアアップを目指すのであれば、絶対に登録しておくべき転職エージェントです。

丁寧なヒアリングときめ細やかなサポートも非常に満足度が高く、心から納得できる転職活動をおくることができるはずです。

海外留学経験があり、英語が話せるようなグローバルな人材だけではなく、これからマネジメント・エグゼクティブ職を目指す方にもオススメです。

>>JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)

 

2. Recruit Agent(リクルートエージェント)

リクナビ、リクナビNEXTなどで同じみのリクルートキャリアが運営する転職エージェントサービスになります。

国内案件に強いというイメージがありますが、実は外資系金融・海外案件も紹介案件として豊富に取り揃えています。

国内大手の転職エージェントだけあって、サポート、案件数、ノウハウ、全てがトップレベルといってもいいでしょう。

特に案件数に関しては非常に豊富で、思わぬ優良案件に出会えることも。

口コミ評価も軒並み高く、これから転職活動を始める方は登録しておきたい転職エージェントです。

>>リクルートエージェント

 

3. Spring転職エージェント

世界60の国と地域で5000ヵ以上もの拠点を持つ転職エージェント。

英語の面接対策などのサポートはもちろんですが、優良外資系企業と信頼関係を築いている専任のコンサルタントが転職のサポートをしてくれます。

グローバルなネットワークを活かしたノウハウと情報は、まさに外資系転職エージェントならではの強み。

外資系金融のようなグローバルなフィールドに活躍の場を求める人にオススメの転職エージェント。

>>Spring転職エージェント

 

4. アージスジャパン

f:id:ceo_masa:20170503172541p:plain

アージスジャパンは、外資系の求人案件のレベルが高いです。

特にコンサルティングファームの案件が豊富で、さらなるキャリアアップを貪欲に狙うのであれば絶対に登録しておきたい転職エージェントの一つです。

公式ページの「お取引先企業一覧」を見てもわかる通り、非常にバラエティ豊かな企業が取引先としてリストアップされていて、色んな角度から今後のキャリアや可能性を考えたい人にはかなりオススメです。

転職サポートは無料。

しかも、すでにレジュメを持っているのであればわずか一分で登録が完了します。

金融だけではなく、様々な外資系企業の案件を探しているのであれば是非登録をしておきましょう!!

>>アージスジャパン公式ページ

 

優秀な人はどんどん転職すべき

個人的に、外資系金融を狙うような優秀なビジネスパーソンはどんどん良い条件の企業へ転職すべきだと思っています。

優秀な方が転職活動をしないというのは、その人の将来のキャリア形成はもちろん、ビジネスパーソンとしてのさらなる飛躍の可能性を考えると、非常にもったいないことです。

新しいフィールドでより大きな仕事にチャンレンジすることで、さらに大きな責任を担う。

そうすることによって、より仕事がデキるビジネスパーソンへと成長できるのです。

同じ会社で同じ仕事を繰り返していても、そこから得られる経験や成長の可能性は限られていますから。

 

まとめ

今回の記事では、外資系FX業者への転職についての記事になります。

投資銀行や外資系証券などの外資系金融へのハードルが少し高いと感じる方は、外資系FX業者への転職を考慮してみてはいかがでしょうか。

今後の転職活動やキャリアアップの可能性を広げるためにも、個人的にオススメします。

 

 

一言で外資系金融と言っても、取り扱う金融商品によって様々な会社が存在します。少し視野を広げてみると、意外と優良外資系金融の求人案件に出会うこともありますので、投資銀行だけではなく、色々な外資系金融の会社を検討してみるといいと思いますよ!

 

 

 

【外資系金融に関する他の記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com