読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

現役転職エージェントに聞くBizreach(ビズリーチ)の評判とは?

外資系金融のお仕事 仕事

f:id:ceo_masa:20170217115902j:plain

先日の東京出張の際、東京で働く現役転職エージェントのHさんと新宿でランチをする機会がありました。

Hさんとは知り合ってすでに3年。

その間に何名もの転職成功者を輩出してきた腕利きの転職エージェントです。

久しぶりの再会ということで、二人で美味しい本格四川料理で会食をすることに。

辛くて美味い中華料理に舌鼓を打ったあとは近くのカフェへ。

そこで色々とビズリーチのことについて聞かせてもらいましたので、今回はブログ記事としてまとめてみたいと思います。(※写真掲載と記事については本人から許可をきちんともらっています)

同じ人材業界で働く方の意見なので、ビズリーチを利用するかどうか迷っている方にとって、きっと参考になると思います。

 

現役転職エージェントに聞くBizreach(ビズリーチ)

Bizreachはダイレクトリクルーティングの先駆け的存在

ビズリーチといえば、ダイレクトリクルーティングの先駆け的存在として業界内で認知されているようです。

従来の転職サイトといえば、利用者が登録し、自らサイト内の求人案件を探すことで転職活動をするような形でした。

今でこそ登録者に企業の人事が直接スカウトメールを送ることは珍しくありませんが、その方式を一気に普及させたのはビズリーチによるところが大きいのだそうです。

参考リンク:ダイレクト・リクルーティングとは|求人掲載、人材採用ならビズリーチ

 

Bizreachには転職エージェントも登録している

ビズリーチにはHさんのような転職エージェントも登録し、そこで優秀な人材を探しているとのことでした。

ビズリーチはヘッドハンターが登録しているだけではなく、転職エージェントも登録しているということなので、ビズリーチに登録をしておけば様々な方から効率よく転職案件の提案がもらえるということ。

これは非常にいい情報でした。

やはり、ビズリーチは登録しておくべき転職サイトの第一候補ですね。

 

求人案件の質が高い

Hさんの担当領域はウェブ、マーケティングなので、外資系金融やコンサルのようなハイクラスの案件は担当する機会はあまりないようです。

にもかかわらず、ビズリーチの求人案件については非常にレベルが高いという印象を持っているようでした。

これは、ビズリーチが企業としてそのようなハイクラスな求人を取り扱っているというポジショニングをきっちりと明確にしているからこそ聞けるビズリーチの評判ではないかと思います。

同じ人材業界からのビズリーチの評判は「かなり良さそうだな!」という印象を受けました。

 

ハイキャリアを目指すような人にピッタリ

ビズリーチは海外勤務案件・英語の求人案件に非常に強いですが、その点についてもHさんは同じ印象を持っているようでした。

また、ビズリーチに登録する人はキャリア思考の人が非常に多いようです。

通常、「辞めたい」「会社が嫌だ」というネガティブな思考での転職が多いようですが、ビズリーチの場合は「もっと稼ぎたい!」「もっと上のフィールドで勝負したい」というような強い上昇志向を持つ人が多いとのことです。

アドバイスとしては、最近の若い人材は留学経験があるという人が増えてきており、ビズリーチのような転職サイトへの登録は早めにやっておくと今後のキャリア形成において何かと有利になるとのことでした。

関連連記:外資系金融のようなハイクラスな求人なら転職サイトBizreach(ビズリーチ)がオススメ!

 

まとめ:業界からのBizreachの評判は良いのでは!?

以上、同じ人材業界で現役転職エージェントとして働くHさんに聞いたビズリーチの評判になります。

他にもウェブ、スタートアップ業界についてもHさんから色々と伺うことができたのですが、それらについてはディープすぎてここでは書けない内容になっています。。。

やはり人材業界にいると様々な情報が入ってくるようで、とても興味深かったです。

いずれにしても、同じ人材業界からのビズリーチの評判はかなり良いという印象を受けました。

これから本格的にキャリアップを目指すのであれば、その一つの手段としてビズリーチには登録をしておくといいでしょう。

>>ビズリーチの登録はコチラから

Hさんとはこれからも定期的に会おうという話をしましたので、また情報を収集したらこういう記事を書いていきますね。

 

【外資系に関する他の記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com