英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

たくさん自己啓発書を読んでも成功できないしお金持ちになれない理由

f:id:ceo_masa:20170414093902j:plain

僕はこれまで何冊もの自己啓発書を読んできたけど、どの自己啓発書も大体書いてあることは同じ。

例えば、

  • 人に感謝をする
  • きちんと挨拶をする
  • 掃除をする
  • 口よりも先に行動をする
  • 不平不満は言わない
  • 自己投資をする

大体これくらいかな?

まあ、当たり前のことといえば当たり前のことなんだよね。

色んな難しい表現や体験談、例え話が書いてあるけど、どの自己啓発書も大体こんな感じの内容なんじゃないかなと思います。

で、自己啓発書を読んでいるほとんどの人って成功できないんです。

それはなぜなのか?

今回の記事ではそのことについて少し書いてみたいと思います。

 

自己啓発書を読んでも変わらない理由

自己啓発書を読む人って

「成功したい!」

とか

「金持ちになりたい!」

という動機があって自己啓発書を買うんだけど、結局何も変わらないんですよね。

なぜなんだろうなーって考えた時、自分なりに一つの答えが見つかったんです。

それは、

明確な人生の目的がない

ということ。

 

「目的」と「手段」がボヤけている

結局、自己啓発書に書いてある情報って「手段」なんですよ。

例えば、あなたが成功したい、金持ちになりたと強く願っていたとして、人に感謝されたり、掃除をきちんとしたりすることっていうのは、その目的を実現するための「手段」なんです。

でも、自己啓発書を読んでも成功しないのは、そこに書いてあること自体が「目的」になっちゃっているからなんですよね。

人に感謝されたり、きちんと挨拶をしたり、掃除を一生懸命したり。

一生懸命やっている人はたくさんいると思いますよ。

でも、

「ここまでやっているのに何で金持ちにならないんだー!!」

って悩んでいる人がほとんど。

だって、それはあくまでも「目的」を達成するための「手段」だからですよ。

大切なのは、それらを実践した上でどうやって活かしていくのかということ。

ここがボヤけてしまってはいけない。

 

結局、目的が欠落しているんですよ

で、なんでそんな風に「手段」「目的」が入れ替わってしまうのかというと、そもそもきちんと自分の人生の目的が明確に定まっていないからなんですよね。

どういうことかというと、世間一般の多くの人は、成功したい、お金持ちになりたいと願いますが、成功とはどういう定義なのか?そして、お金持ちになったらどうしたいのか?

そこのビジョンが決定的に足りていないんですよ。

あなたにとって成功って何?

お金持ちになったらやりたいことって何?

改めて聞かれてすぐに答えることってできますか?

多分、

「確かにそう言われてみれば、あまり深く考えたことなかったな...。」

ってなると思います。

成功者になる、お金持ちになるっていうのは、あくまでも「自分のやりたいこと」を実践した上で、その結果として付いてくるものだと思います。

それ自体が目的化してしまうと、結局何をしてもいいからそのゴールにたどり着けばいいやーってなってしまうんですよね。

でも、それだとビジョンのない人生になってしまい、儲け話があればこっちにフラフラ、あっちにフラフラしてしまって、結局何がしたいか分らなくなってしまうんです。

で、また自己啓発書を読み漁ってしまう毎日。

こんな感じのスパイラルに陥っているんですよ。

 

最後に:大切なことは「自分」を理解しておくこと

自己啓発書って、読んだ後の読後感はガチで気持ちが良いです(笑)

なんだか言いようのない肯定感に包まれて、

「よっしゃ!頑張ろう!!」

ってモチベーションがマックスになります。

でも、あなた自身の中に人生の目的がきちんと存在していないと、結局いくら自己啓発書を読んでも意味がありません。

自分が何をやりたのか?

何をして成功をしたいのか?

自己啓発書を読んでトイレ掃除をする前に、最低限、「成功の定義」「お金持ちになったらやりたいこと」くらいは明確にしておきましょう。

そうすれば、自己啓発書を読む意味がありますから。

でも、それらが明確ではない状態で自己啓発書を読んでも無駄。

基礎がグニャグニャの地盤の上に家を建てるようなものですからね。

まずは「自分」という地盤をしっかりと理解して固めておく。

それがまずあなたにとって必要な行動だと思いますよ。