英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

食べログを使うとお店選びに失敗する確率が減るけど、それもつまらないという話

f:id:ceo_masa:20170418155301j:plain

みなさん、外食する時って食べログを使いますよね?

僕も、東京、大阪、名古屋に出張に行ったときは、必ず食べログでお目当てのお店を調べてからランチ(もしくはディナー)で訪問するようにしています。

その時に基準にするのが口コミレビュー。

これが大体3.2以上のお店だと、これまでの経験上「当たり!」のお店。

普通に良い感じの時間を過ごすことができます。

逆にレビューの点数が2.8とか2.5というように、妙に低い数字だったりした場合は「イマイチ。。。」と判断して避けるようにしています。

あと、高すぎたりする場合も「ステマ」の可能性が否定できないのでしっかりとレビューを読んでから選ぶようにしています。

この口コミレビューシステムに賛否両論はあるかもしれませんが、一ユーザーとしてはこの口コミレビューのおかげでお店選びに失敗するということはほとんどなくなりましたので、ほんと助かっていますよ。

 

食べログは出会いの確立を下げている

とはいえ、最近ふと思ったのが、

「それって、ある意味食べログにコントロールされていないか?」

っていうこと。

どういう意味かというと、知らず知らずのうちに飲食店を選ぶ基準が食べログの口コミレビューの点数になっていて、その点数を信じ切ってお店を選んでいるということ。

これってよく考えてみたら実は結構怖くて、もし食べログの口コミレビューの点数が低ければ、多分そのお店には一生行かない可能性が高いということと同じ意味ですよね。

自分でそのお店に行っていない、自分の口で料理を味わっていない、自分で体験をしていない。

にもかかわらず、

「あ、この店はレビューの点数が低いからダメだね!」

って自動的に判断してしまっているんですよ。

これって普段当たり前のようにやっている行動なんですけど、よく考えてみたら、「もしかしたら出会っていたかもしれないお店」との出会いが自動的に排除されているということですよね。

例えば、レビューの点数が低くても自分にとっては良いお店なのかもしれませんし、

「え?ここ、めっちゃいいお店やん!?」

ってなることもあります。

そういうお店、路地裏に腐るほどありますよ、ほんと。

レビューの点数だけでお店を選んでいると、お店選びに失敗する確率は減りますけど、こういうお店と出会う確率も同じように減ってしまうんですよ。

 

口コミレビューなんてあてにならない!? 

ほら、レビューなんて所詮は主観です。

他人が美味しいと思うものと自分が美味しいと思うものは違うし、他人が心地よいと感じる接客が必ずしも自分が心地よく感じることもないわけです。

食べに行ったとき、たまたまお腹が空いていないタイミングかったら美味いと感じにくいこともありますし、空腹だったらめっちゃ美味いと感じる時もあります。

一緒に食べに行った人と楽しい時間を過ごせたらお店自体の印象も良くなることもありますし、あまり好きじゃない人との食事ならお店の印象もそれに合わせて良くないでしょう。

そんな風にレビューの点数なんてあてにならないんですって。

だから、そのレビューを妄信してお店との出会いを少なくしてしまうと味気ないってこと。

例えば、道を歩いていて

「お?なんだかよさそうなお店!」

って思って食べログを見てみたらレビューがイマイチ。

「う~ん。。。じゃあ別のお店にしようか。。。」

って、確かにお店選びに失敗するリスクは減りますけど、これってなんだか味気なくありません?

なんていうか、一言でいうとダサい生き方というか。

もっと自分の直感を信じようよ、って。

食べログのレビューが全てじゃないんだから。

 

大切なことはバランス感覚!

実は、先日記事で書いた「とき寿司はなれ」は食べログを使って見つけました。

blog.inakano-masa.com

食べログのおかげでいいお店に出会えて良かったのですが、そのお店に向かう途中にいくつもの「良さそうなお店」を通り過ぎていく時に思ったんです。

「あ、俺って食べログの口コミレビューにコントロールされてるわ。。。」

って。

通り過ぎていったお店は物理的に存在しているけど、食べログの口コミレビューの点数があまり高くないからチェックしていない=「自分にとっては存在していないお店」になっているんですよね。

食べログのおかげで出会うお店もあれば、出会えないお店もある。

ほんと、口コミは妄信し過ぎないで自分の感覚を信じる。

そして「自分の足で情報を得る」ってことも大切だなと思いましたよ。

大切なのはバランス感覚、ね。

 

自分の感覚、信じたいよね!

ちなみに、僕の身近な成功者の方は、そういった口コミやレビューは一切信用せずに自分の感覚を信じるそうな。

それって人間関係にも同じことが言えますよね。

色んな噂話や、

「あいつって、実は◯◯なんだよw」

なんて陰で悪口を言われている人。

でも、実際に一対一で話をしてみたらすごく良い人だった。

そんな経験ってありませんか?

 

人の意見に左右されず、自分の中のブレない感覚を大切にしたい。

食べログのレビューを参考にし過ぎている自分。

そんなブレブレの自分に喝を入れておきますね(´・ω・`)