読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

入社2日目でバックレた新入社員のニュースがネタであって欲しいと思う。。。

f:id:ceo_masa:20170420094221j:plain

アメリカと北朝鮮の間の緊張が高まっているのはわかっています。

もしかしたら戦争になってしまうかもしれないという空気感になりつつあるのもわかっています。

でも、朝から一番衝撃を受けたニュースはこれ。

headlines.yahoo.co.jp

率直な感想として、

「ネタであって欲しい」

と思いましたよ。

だって、内容があまりにもクズすぎるから。

 

 

違和感を感じることは当たり前

たしかに、入社初日というのは違和感を感じることがあります。

「なんだか、思っていた場所と違う。。。」

と思うことはありますし、そのような気持ちが

「ここでやっていけるのか?」

と不安を誘うこともあります。

でも、それは初日だから当然です。

新しい環境になれば、周囲には新しい人ばかりだし、そこには新しい”ルール”や文化が存在します。

それが組織ってもんだし、それを理解していないのが痛い。。

学生生活を通して世の中の「当たり前のこと」を学んでいなかったんでしょうかね?

そこがとても不思議。

 

バックレは絶対にダメ!!!

まあ、百歩譲ってそこはいいでしょう。

一番最悪なのがバックレるという行為。

これって本当に最低の行為です。

そのような行動を取ってしまうと周りにどれだけ迷惑がかかるのか?

周りの人がどのような気持ちになるのか?

そういった配慮が決定的に欠けているんですよ。

もちろん、彼にも彼なりの正義があって、彼なりの言い分もあるのだと思います。

でもさ、今の世の中に蔓延している「自分を大切にしよう!」とか「一度きりの人生、後悔しないように生きてみよう」という空気感が免罪符になって、あたかも無責任な行動が看過されるような世の中であってはダメだよね。

みんながそういう行動を取った途端、むちゃくちゃな世の中になってしまうよ?

 

逃げ癖がつくと大変

まあ、今回紹介したニュースのざっくりとした感想を言うと、

この人はこれから大変な人生を歩むんだろうなー、

可愛そうだなー、

でも、それも自分で選択しているんだよなー、

ということ。

一旦このような逃げ癖がついてしまうと、それを取り払うのには、その倍以上の努力が必要になるんで、きっとしんどいはずです。

逃げ癖って本当にやっかい。

下手に理論武装して逃げてしまうと、その時に展開した理論と自分の行動との整合性を無意識のうちに取ろうと思うから、自分の非や過ちを簡単に認められなくなるんですよ。

つまり、かたくなまでに自分が正しい、自分の選択は正しかったという想いを強めてしまうんです。

そこには反省はありませんし、改善もありません。

今回の彼のケースだと、きっと反省もしないし、そこから改善をすることもないでしょう。

なので、例え再就職が決まったとしても多分八割くらいの確率ですぐに辞めてしまうでしょうね。

でも、少しずつ成功体験を積み重ねて自分なりの価値観や判断基準を形成していく大切な時期に逃げ出してしまうのは本当にもったいない。

せめて半年、いや、三ヶ月くらいは頑張ってみてもよかったのになー。

 

 

最後に

入社2日で会社を辞める。

それは早すぎる判断です。

一見、合理的で筋は通っているように見えても、よーく目を凝らして見てみましょう。

それはただの理論武装であることに気づくはずです。

もっともらしい言い訳の内側には、

「こんなことやりたくない。。。」

「面倒くさい。。。」

という弱さが隠れているんです。

弱い自分を隠しているんですよ。

そんなことに力を使うくらいなら、目の前のことにしっかりと立ち向かっていく方が建設的だし、自分を成長させることができるんですけどね。

まあ、結局他人の人生だからその選択にどうのこうの言っても仕方ないんですけど、もしこの話が事実だとしたら正直怖いです、ほんと。

僕には到底理解できない考え方と行動だから。

 

朝からほんとモヤモヤするニュースですよ。

あー、ネタであって欲しいな。。。