読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

【まとめ】外資系金融でのキャリアを輝かしいものにするための仕事術

f:id:ceo_masa:20170426163405j:plain

外資系金融でのキャリアを輝かしいものにするためにはどうすればいいのか?

自分への忘備録の意味も込めて改めてここで簡単にまとめてみたいと思います。

 

外資系金融でのキャリアを輝かしいものにするための仕事術

上司から依頼された仕事は最優先で進めろ!

外資系金融では上司は絶対的存在であり、あなたの生殺与奪権を持っています。

上司から依頼された仕事は最優先で進めましょう。

相手からリマインドされる前の進捗の報告は絶対です。

 

上司に好かれるための努力は惜しむな!

上司から好かれれば出世レースに勝ったも同然。

プライベートの御用聞き、スタバのコーヒーの使いぱしり、歯の浮くようなお世辞、これらの努力は惜しまないようにしましょう。

努力に見合ったリターンが必ず返ってきます。

 

大事なメールは必ず上司をCCに入れろ!

外資系金融の社内のコミュニケーションはメールベースで行われるのですが、大事な内容のメールは必ず上司をCCに入れるようにしましょう。

何かあったときに「CCに入れましたよ?」と逃げ道を作ることができます。

上司から後で「聞いていないけど?」と梯子を外されると面倒なことになりますから自分の身は自分で守りましょう。

 

立場が下の人間には思いっきりマウンティングしろ!

外資系金融の社内のヒエラルキーは絶対です。

立場が下の人間や役職が下の人間には、自分の方が立場が上ということをしっかりと見せなくてはいけません。

メールの文面、タスクの振り分け、普段のふるまい、全てにおいてしっかりとマウンティングしてやりましょう。

中途半端な優しさや気遣いは舐められる結果となり、後で必ずしっぺ返しがあります。

 

他部門の余計な仕事に首を突っ込むな!

よその部門の仕事に首を突っ込むと、本来であればやらなくてもいいタスクや案件をやる羽目になる場合があります。

自分の仕事以外の仕事はできるだけ関与しないようにしましょう。

 

上手に責任転嫁しろ!

「この案件の全ての責任は私にある!」というセリフがカッコいいと思うような日本人的美的感覚は外国人には通用しません。

責任があるって認めるならクビだね、がグローバルスタンダード。

外資系金融でキャリアを歩みたかったら、普段から上手に責任転嫁するように行動しましょう。

逆ギレ、メールの揚げ足取り、すっとぼけ。

色んな方法を総動員させましょう。

 

タフなメンタルを持て!

金融マーケットは24時間休む事なく動いており、外資系金融の仕事は常に緊張が強いられます。

それだけではなく、上司や同僚との人間関係や社内政治からストレスを感じることも日常茶飯事。

とにかくタフなメンタルを持つようにすることが大切。

 

タフな肉体を持て!

外資系金融では長時間の労働が常態化してしまう職場です。

夜の22時からの会食、深夜1時のカンファレンスコール、朝5時からのマーケットオープンチェックなど、様々なイベントがあなたを待っています。

ちょっとしか睡眠時間が取れなくてもすぐにバリバリ仕事ができる。

そのような肉体を維持することが大切です。

 

簡潔な英語で話をしろ!

外資系金融の職場では誰もあなたに完璧な英語を話すことを求めていません。

きちんと内容が伝わることが一番大事なことなのですが、そのためには簡潔な英語で話をすることが必要になります。

難しい表現や誰も知らないイディオムなどはただの自己満。

誰でもわかる簡単な英語で話をしましょう。

 

会社の携帯は肌身離さず持て!

外資系金融の仕事では常にメールのチェックが必要です。

会社から支給されたアイフォン(もしくはブラックベリー)は肌身離さず持つようにしましょう。

レスの早さは信頼に繋がります。

 

ということで、まとめ

外資系金融で成功したかったら大体この辺を押さえておけばオッケーかな!?

また、思い出したら随時追記していきたいと思います。

 

【その他の外資系金融に関する他の記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com