読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

【中国出張体験談】ザリガニって食べれるの?美味しいの?

f:id:ceo_masa:20170516085845j:plain

先週は仕事の関係で中国に行ってきたんですけど、まさかザリガニを食べるとは思わなかったので早速記事に。。。

今回の滞在先は常州。そこの取引先の中国人とはいつも英語で会話をしているんだけど、

「Today, let's have lobster for dinner!」

という言葉をまんまと信じて、

「マジで!?ロブスターっすか!?さっすが中国、おもてなしのレベルが違う!!」

と思っていたらザリガニ。

おいおい、ザリガニはcrayfish(クレイフィッシュ)!!

確かにロブスターっぽいけど、全然違いますからね。

 

 

中国でザリガニを食べました!!

今回連れて行ってもらったお店は地元のザリガニレストラン。

看板のザリガニの写真?が何とも言えない雰囲気。

f:id:ceo_masa:20170516085904j:plain

今の季節から夏にかけてはザリガニは人気の食材で、ぜひ食べておくべきローカルフードだそうな。

そんなわけで、半袖でも心地よい気候の中、外のベンチで座ってザリガニを待つ。

約10分くらいしてからかな?目の前にやってきましたよ!!

何十匹というザリガニが炒められた器が!!

f:id:ceo_masa:20170516090019j:plain

苦手な人にとっては下手するとグロ画像、、、といったところでしょうか!?(汗)

食べ方も豪快で、ビニール手袋をはめて手でむいて食べるというワイルドな食べ方。

でも、ザリガニって結構ボディが固いしゴツゴツしているもんだから、手で強引にむこうとしても痛い。しかも、ザリガニの周りには結構なレベルの香辛料やソースがまぶしてあるので、触っていると手がヌルヌルしてきて心地悪いったらありゃしない。

で、必死になって身を取ってみたら、「チョコン」とした量の身しか取れないんですよね。100円寿司のネタよりも小さいくらい。ほんと、労力に見合わない食材です。ザリガニでお腹を満たそうとしたら、とにかく量を食べるしかなさそうです。

 

ザリガニの食べ方のコツ

最初に手でむこうとせずに、まずは口に挟んで歯でバキっと割って、そこから中身の身を出していくといい感じです。そうすれば、手で余計にゴネゴネしなくても済みます。周りの中国人の人もそうやって食べていました。ワイルドだなー。

あと、取引先の中国人の人いわく、食べ方のコツとしては背ワタを取ることだそうな。確かに、背中のところに薄黒い紐のようなものがピーーーっと線のように走っていました。でも、そもそもザリガニの身はとても小さいので、しっかりと注意しておかないと一緒に食べてしまうかも!?実は、最初の一匹、二匹くらいは背ワタも一緒に食べてしまったんですよね。。。

とりあえず、今のところ大丈夫です。

 

肝心のザリガニの味ってどうなの?

味は美味しいです。普通にエビ。ビールと良く合いますね!!食べたことが無い人は一度食べてみるといいと思います。小学生の時に虫かごに水を入れて飼育していたザリガニですからね。それを「食べる」んですから。なんとも不思議な感覚になりますよ。

でも、何度も言いますが、身が本当に小さい。ガチで一口サイズ。なので、たくさん食べるためにはそれだけたくさんのザリガニをむかなきゃいけないのが本当に面倒。これさえなければな~と思います。

 

 

まとめ

ということで、中国で初めて食べてみたザリガニ。正直、意外と美味しくてビックリしました。もし日本でも食事で出されたらパクパク食べると思います。

ただ、中国でたくさんの量を食べるのはちょっと怖いかな!?やっぱり現地の水の汚染が気になりますから。ザリガニは悪環境の中でも生息できる生き物だそうなんですけど、例えばですが、工場や家庭から出る汚い排水が混ざったような環境で生きていたザリガニなんて、やっぱり食べたくありませんよね?いくら熱で炒めてあるとはいっても、それでも完全に「安心・安全」が担保されているわけじゃありませんので。

ま、あまり神経質になっても仕方ありませんし、食材に「完璧」を求めたら世の中のものは何も食べられなくなってしまいます。せっかく食べる機会に恵まれたのであれば、ザリガニは一度は食べておくべき食べ物だと思います。

「ザリガニを食ってきたんだよね!」という経験だけでも話のネタになりますし、それだけでも面白い体験だと思いますよ。