英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

英語が話せるようになりたい人にオススメする4つのオンライン英会話スクール

f:id:ceo_masa:20170606094641j:plain

こんにちは。

「英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ」を運営するMASAです。

今回の記事では、自分の体験をベースに、英語を話せるようになりたい人にオススメする4つのオンライン英会話スクールをご紹介したいと思います。

今、本気で英語が話せるようになりたい人は是非参考にして欲しいと思います。

 

英語の上達の秘訣は話すこと

今やネット上の情報を探せば、英語を上達させる方法にたくさん触れることができますが、最終的に行き着く結論としては、

「できるだけ口から英語を話すようにする」

ということが一番英語が上達する方法だという答えに行きつくはずです。

僕もその意見には賛成で、TOEICの模擬試験200点台のレベルから外資系企業で働き、そして海外勤務を難なくするレベルになった秘訣というのは、できるだけ英語を話すように努力した結果だと思っています。

そのことについては以下の記事で詳しく書いていますので、もしよろしければどうぞ。

blog.inakano-masa.com

 

英語を話す環境=海外留学

出来るだけ英語を話す。

言葉にするのは簡単ですが、実際にその環境を手に入れるためにはかなり苦労します。というのも、僕たちが日常生活をおくっている環境では、そもそも英語を話す必要がないため、そのような環境を手に入れるためにはそれなりのコストを支払って特別な環境を手に入れる必要があるからです。

考えられる現実的な選択肢としては、

  • 海外留学
  • 英会話教室

の2つが挙げられます。

僕は海外留学に出て英語が話せるようになったので、この両者を単純に比較すれば断然海外留学をオススメします。国内にいるよりは圧倒的な英語環境に身を置くことができるので、学習効率の面から考えれば英語習得に非常に有効な選択肢だからです。

 

海外留学は時間と物理的な拘束が大きい

ただ、海外留学のネックとしては、時間と物理的な拘束が非常に大きいというところにあります。英語の習得を目的として海外留学に行くのであれば、最低でも半年、長くて3年という期間が必要ですので、長期間にわたる海外留学を実現させるためには、ビジネスマンであれば休職もしくは退職、学生であれば休学という大きな決断をせざるを得ません。

また、海外留学の場合、住み慣れた日本を離れて海外での暮らしを経験することになるので、慣れないうちは異文化に対するショックや拒否反応を経験する可能性があり、そこで大きなストレスを抱えることにもなります。

加えて、留学してすぐに英語が話せようになるわけではないので、そのような感情や気持ちを上手く言葉で伝えることができずにもどかしい思いをすることもあるでしょう。

英語を話せるようになれば自信の将来の可能性が広がるとはいえ、海外留学においてはそれなりに負荷のかかる生活を送る覚悟が必要です。

 

海外留学の最大のデメリットとは?

そしてもう一つ、海外留学の最大のデメリットとして挙げられるのが「費用」ではないかと思います。通常の学費に加えて、そこに海外での生活費も加算されてくるわけですから、そこにかかる費用は莫大です。

仮に、月に必要となる学費が$1,000、必要な生活費が$1,000とすれば、毎月$2,000もの費用がかかるわけです。これを最低半年続けようと思えば最低でも120万円から150万円もの余裕資金が必要になってくるわけです。

かかる費用はそれだけではありません。そこに往復の航空券代、海外旅行保険費用、そのたの雑費も必要となります。また、帰国してしばらくは仕事を探さなくてはいけないケースもあるでしょうし、様々な状況及びリスクを勘案すれば、余裕を持った海外留学生活を送るためには200万円程度の余裕資金がないと心もとないと言えます。

ですが、一般的なサラリーマンや主婦、学生が200万円もの資金を貯めるためには、それなりの努力が必要となり、ハッキリ言って非常に高いハードルであると言わざるを得ません。また、お金を貯めている間には、その分だけ時間を消費してしまうということも忘れてはいけません。例えば、2年間頑張って働いて留学資金を貯めたが、そこから留学に行って帰国をすると年齢的に転職が非常に厳しくなってしまう、というケースも考えられます。

将来のプランをしっかり立てておかなければ、そもそもの海外留学の意義を無くしてしまうリスクも存在することは忘れてはいけません。

 

海外留学のデメリットのまとめと解決方法

さて、ここまで挙げてきた海外留学のデメリットをまとめてみると、

  • 時間的な拘束がある
  • 物理的な拘束がある
  • かなりの費用がかかる

という風になります。

これら一つ一つのハードルを越える難易度は非常に高く、英語を話す環境を手に入れることは非常に難しいことであると思ってしまいますが、実は、これらのデメリットを全て解決する方法があります。

それがオンライン英会話スクールになります。

 

オンライン英会話スクールのメリット

オンライン英会話スクールとは、パソコンやスマホのアプリなどを利用して、オンラインで外国人の先生と英会話ができるサービスになります。最近はこのオンライン英会話スクールの普及が著しく、多くの企業がオンライン英会話サービスを提供してます。

オンライン英会話スクールの具体的なメリットとしては、

  • 家にいながらでも授業が受けられる
  • いつでも好きな時に授業が受けられる
  • レッスン料金がリーズナブル

という点が挙げられます。

つまり、海外留学のデメリットを全てカバーすることができる非常に有能なサービスになるのです。そのような理由から、オンライン英会話スクールのことを「オンライン留学」と表現する方もいるくらいです。

 

オンライン英会話スクールを選ぶ基準

今、世の中には本当にたくさんのオンライン英会話スクールが存在しており、一体どのオンライン英会話スクールを選べばいいのか非常に難しい状況となっていますが、これまでいくつものオンライン英会話スクールのレッスンを受けてきた僕の経験上、オンライン英会話スクールは以下の3つの条件を満たすスクールを選ぶことをオススメします。

 

条件①:プロフェッショナルな先生がいる

海外留学でもそうでしたが、講師がしっかりと情熱を持って教えてくれなければ英語の勉強は続きません。講師のクオリティがきちんとしているオンライン英会話スクールを選ぶことが大切です。

 

条件②:レッスンの予約がきちんと取れる

講師の数が少なかったり、レッスン受講可能時間が短いスクールの場合、せっかく会員になったのにレッスンの予約が取れない場合もあります。講師の数と会員数のバランスはしっかりとチェックしておきましょう。

 

条件③:テキストなどの教材が充実している

英語の勉強をする上で大切なのがテキストなどの教材です。オンライン英会話スクールを選ぶときは、これらの教材がしっかりと準備されているか。必ずチェックしておきましょう。

 

僕がオススメする4つのオンライン英会話スクール

ではここで、先ほど紹介した3つの条件を満たすオススメのオンライン英会話スクールをご紹介したいと思います。是非、今後のオンライン英会話スクール選びの参考にしてみてくださいね。

 

1. DMM英会話

DMM英会話は業界最大手のオンライン英会話スクールになります。

講師の在籍数は5000人を超え、国籍数も60ヵ国以上と、バラエティ豊かな講師陣は他のオンライン英会話スクールを圧倒します。

レッスン受講可能時間は24時間365日。

無料体験レッスンが2回受講可能ですので、興味がある方は一度体験レッスンを受けておきましょう。

>>DMM英会話の無料体験レッスンを受けてみる

 

2. レアジョブ英会話

レアジョブ英会話は法人への導入実績に定評があり、その実績は1,000社を超えます。

講師の国籍はフィリピンのみですが、厳しい採用基準を適用しており、そのクオリティは非常に高いことが特徴ですので講師の質が気になる方も安心です。

また、日本人カウンセラーによる無料カウンセリングも用意されており、サポート面がかなり充実しています。

無料体験レッスンは2回まで受講可能です。

>>レアジョブ英会話の無料体験レッスンを受けてみる

 

3. Best Teacher(ベストティーチャー)

Best Teacherは、SpeakingだけではなくWritingもしっかりと鍛えることが出来るユニークなカリキュラムが特徴です。

インプット(読み、書き、聞き取り)→アウトプット(話す)という英語学習に最も効率が良い手法でレッスンを受けることができるので、総合的な英語力のアップが期待できます。

レッスン料金は月額制となっており、受講回数に制限がありませんので、多くのレッスンを受ければ受けるほどお得なシステムとなっております。

講師の国籍は50ヵ国以上とバラエティ豊か。

無料体験レッスンはWriting1回、Speaking1回となっており、レッスンは24時間受講可能です。

ぜひこのユニークな英語学習を体験してみてください。

>>ベストティーチャーの無料体験レッスンを受けてみる

 

4. ビズメイツ

ビズメイツはビジネス英語に特化したオンライン英会話スクールになり、外資系企業勤務の方や海外勤務の方にオススメです。

講師陣のクオリティは圧倒的で、実際にビジネス経験者のみに限定されており、MBAや博士号保有者の方も在籍している充実ぶり。

ビジネスの場ですぐに使えるような実践的なビジネス英語を学ぶことができ、オンライン英会話スクールの中でもかなりハイクラスなスクールとなっていま。

講師のクオリティはもちろん、授業のクオリティについて厳しい目を持っている人でも納得できるものとなっています。

無料体験レッスンは一回受講可能です。

本気でビジネス英語を学ぶのであればビズメイツ一択です。

>>ビズメイツで無料体験レッスンを受けてみる

 

まとめ

以上、英語が話せるようになりたい人にオススメする4つのオンライン英会話スクールになります。いかがでしたでしょうか?

僕が海外留学を決意した時、オンライン英会話スクールというサービスはまだ存在しませんでした。ですが、もしその時すでにオンライン英会話スクールが利用できる環境であったのであれば、海外留学ではなくオンライン英会話スクールの方を選択していたかもしれません。

もちろん、海外留学には海外留学のメリットがありますので、一概にもどちらが優れた英語学習の手法であるかは決めることができませんし、その人の英語学習の目的によっても評価は大きく左右される部分でしょう。

とはいえ、オンライン英会話スクールが持つメリットは非常に魅力的ですし、様々な諸事情によって海外留学を断念せざるを得ない人にとっては、まさに待ちに待ったサービスであるといえます。こういったサービスを上手く活用し、空き時間を有効利用して勉強を続けていけば、日本にいながらにしても英語を話せることは可能になるでしょう。

英語を話せるようになりたい人は是非オンライン英会話スクールを活用して英語の勉強を頑張ってくださいね!

ということで、今回の記事は以上になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

 

【その他のお役立ち記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com