英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

外資系金融に転職する方にオススメの外資系に強い転職エージェントとは?

f:id:ceo_masa:20170609090454j:plain

「英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ」を運営するMASAです。

今回の記事では、外資系金融に転職する方にオススメの外資系に強い転職エージェントをご紹介したいと思います。

外資系金融への転職を狙っている方は必ず参考にするようにしてください。

 

転職エージェントを利用すべき理由とは?

外資系金融の会社に転職するためには転職エージェントを利用することが一般的です。転職エージェントに登録をしておくと、一般には公開されていない非公開求人案件を紹介してもらうことが可能となります。

外資系金融の求人案件は非公開求人扱いをされていることが多く、ゴールドマンサックスやドイチェバンククラスの外資系金融の求人案件は普通の転職サイトには掲載されることはまずありませんので、外資系金融への転職を狙う方は転職エージェントへの登録が必須となります。

 

外資系に強い転職エージェントを選択しよう

ハッキリ言って、世の中に転職エージェントサービスは溢れかえっています。正直、数が多すぎるくらいだと思います。外資系金融への転職を狙うのであれば、そんな数ある転職エージェントの名から「外資系に強い転職エージェント」を選択することが重要になります。

というのも、転職エージェントにはそれぞれが得意とする分野や領域があり、外資系をあまり得意としない転職エージェントに登録をしてしまうと、

「外資系もいいですが、こちらの案件も...。」

という風に、こちらが望んでいない日系企業の求人案件などを紹介される可能性があるからです。転職エージェントもビジネスでサービスを提供していますから、彼らとしても何とかして求職者を転職させてコミッションを稼ぎたいわけなんですよね。

しかし、そういった転職エージェントを相手にするのは時間の無駄ですし、彼らのコミッション稼ぎにこちらの大事なキャリアが狂わされる筋合いはありません。

そういった非効率で腹立たしくなるような転職活動を避けるためにも、転職エージェントを選ぶときには、まず「外資系に強い転職エージェント」を選ぶということが最も重要な要素となるのです。

 

オススメの外資系に強い転職エージェント

では一体、どの転職エージェントを選択すると外資系金融に転職できるのか?

僕がこれまで三社の外資系金融を渡り歩いてきた経験をもとに、オススメの外資系に強い転職エージェントをご紹介したいと思います。外資系金融への転職を狙っている人はこちらの転職エージェント全てに登録しておくことをオススメします。

 

1. JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)

JAC Recruitmentは外資系の求人案件に非常に強い転職エージェントですので、外資系金融を狙うのであれば、絶対に登録しておくべき転職エージェントです。

自分が転職活動で利用した時の感想ですが、丁寧なヒアリングときめ細やかなサポートが非常に良かった印象を持っています。

これから利用する方は、心から納得できる転職活動をおくることができるはずです。

海外留学経験者、初めての外資系企業への転職者、外資系企業から外資系企業への転職者など、様々なバックグラウンドを持つ方でもしっかりと転職サポートしてくれます。

英語が話せるようなグローバルな人材だけではなく、これからマネジメント・エグゼクティブ職を目指すようなハイクラスな方にもオススメ。

外資系金融を狙う方は絶対に登録をしておきましょう。

>>JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)

 

2. Recruit Agent(リクルートエージェント)

リクナビ、リクナビNEXTなどで同じみのリクルートキャリアが運営する転職エージェントサービス。

国内案件に強いというイメージがありますが、実は外資系金融案件も豊富に取り揃えています。

国内大手の転職エージェントだけあって、サポート、案件数、ノウハウ、全てがトップレベルですので、初めての転職の方にも自信を持ってオススメができる転職エージェントになります。

とにかく抱えている求人案件数が非常に豊富ですので、思わぬ優良案件に出会えることもあるので登録は必須でしょう。

口コミ評価も軒並み高く、これから外資系金融へ転職活動を始める方は登録しておきたい転職エージェントです。

>>リクルートエージェント

 

3. Spring転職エージェント

世界60の国と地域で5000ヵ以上もの拠点を持つ転職エージェント。

英語の面接対策などのサポートはもちろんですが、優良外資系企業と信頼関係を築いている専任のコンサルタントが転職のサポートをしてくれます。

グローバルなネットワークを活かしたノウハウと情報は、まさに外資系転職エージェントならではの強み。

外資系金融のようなグローバルなフィールドに活躍の場を求める人にオススメの転職エージェントになります。

>>Spring転職エージェント

 

4. ビズリーチ 

ビズリーチは転職エージェントではなく転職サイトという立ち位置のサービスですが、掲載されている求人案件のレベルが非常に高いので紹介させていただきました。

例えばですが、年収が800万円以上のM&Aに携わるようなハイクラスな外資系金融案件を狙いたい人は迷わず登録すべきサイトです。

管理職、エグゼクティブ案件を狙う人も満足できる転職サイトになっていますので、一般的な転職サイトの求人案件レベルでは物足りない人は是非登録をしておきましょう。

なお、ビズリーチに登録しておくと、自分のレジュメを閲覧したヘッドハンターと直接コンタクトを取ることができます。

ヘッドハンターから精度の高い求人案件を紹介してもらうためにも、登録の際はしっかりとレジュメの情報を入力しておきましょう。

キャリアアップ、年収アップを狙う人なら必ず利用したいオススメの転職サイトです。

>>ビズリーチで外資系金融の求人案件を探す

 

まとめ

以上、外資系金融に転職する方にオススメの外資系に強い転職エージェントになります。

いかがでしたでしょうか?

外資系金融への転職は外資系に強い転職エージェントの利用が必要不可欠です。

今回の記事で紹介した外資系に強い転職エージェントをうまく使って、転職活動を有利に進めていきましょう。

 

【その他のお役立ち記事はコチラ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com