英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

英語が話せるようになると間違いなく人生を大きく変えることができる

f:id:ceo_masa:20170804115836j:plain

英語が話せるようになると人生を変えることができます。

 

圧倒的に可能性が広がり、

これまでの自分からガラリと変わることができます。

 

希望に満ち溢れ、

最高に充実した毎日を過ごすことができます。

 

なので、今英語の勉強を頑張っている人は、絶対に英語の勉強を諦めないでください。

間違っても、

 

「英語なんて勉強しても意味がない。」

 

「こんなのクソだ。」

 

そんな風に思わないでください。

 

 

もちろん、

英語の勉強はしんどいです。

 

地味だし、なかなか上達もしないし、正直辞めたいときもあります。

 

 

でも、

それを乗り越えて得られるメリットは計り知れません。

 

人生を変える。

 

ほんと、可能になります。

 

実際英語が話せるようになって人生を変えた僕が言うんですから。

間違いないです。

 

英語が話せるになると人生を変えることができる理由

f:id:ceo_masa:20170804120231j:plain

なぜ英語を話せるようになると人生を変えることが出来るのか?

その理由は簡単で、英語が話せるというスキルはこれからキャリアを歩むうえでめちゃめちゃ役に立つからです。

 

想像してみて下さい。

英語が話せれば、日系企業の重要なポジションはもちろん、外資系企業も就職・転職先として候補に挙がることは分りますよね。

 

これまで

「ここの会社で働きたい!!でも、英語が話せないからなあ...。」

と諦めていたあの憧れの企業に転職することも可能になるのです。

 

でも、英語が話せなければ、これらのポジションや会社というのは絶対に候補に挙がりません。

そもそもチャレンジすることすらできないのですから。

「ここの会社で働けたらいいなあ~。」

そんな願望だけで終わっていたはずです。

 

でも、

それって悔しいですよね?

 

願望だけで終わらすのではなく、自分の人生の選択肢として存在する。

これが可能性が広がる、ということ。

 

そうなんですよ。

英語が話せるということは、自分の可能性を広げることと直結しているんです。

 

可能性が広がるということはチャンスの数がそれだけ増えます。

 

チャンスがあれば人生を変えることが出来ます。

 

とってもシンプルですよね。

 

英語が話せるようになるということは希望である

f:id:ceo_masa:20170804120336j:plain

英語が話せるようになるということは、ある意味、誰にでもできる唯一の一発逆転スキルなんです。

 

学歴がパッとしない、経歴がパッとしない。

そのせいで苦労している状況。

 

正直、これを今から変えることは至難の技です。

 

しょうもないFラン大学を卒業してしまった。

それはもう変えることができない自分の学歴です。

でも、そこからまた違う大学に行って学歴を手に入れようと思っても、莫大な時間とお金がかかります。

 

もしくは、

変なブラック企業に入社してしまって将来の可能性が乏しいキャリアを歩んでいる。

これも、もう変えることができない自分のキャリアです。

そこから違う会社に転職をしようと思っても、一部上場企業や優良企業を狙うことはまず難しいのはわかりますよね?

 

学歴や経歴がパッとしない。

その多くの方は、それを受け入れて、自分の中で折り合いをつけて生きているのが現状です。

 

「まあ、それなりに幸せだし...。」

 

という合理化。

 

そして、

 

「他の人を見てみろよ。もっと苦労してるじゃん(笑)」

 

という慰め。

 

聞かれてもいないのにやけに饒舌に話す自分。

 

本当はこんな自分が嫌なのに。

本当はこんな自分を変えたいのに。

 

そんな気持ちを押し殺して毎日を生きているんですよね。

 

そんな閉塞感にも似た鬱屈した毎日。

それを唯一破壊できるのが、英語が話せるというスキルです。

 

それはなぜか?

 

簡単です。

 

英語は自分の努力次第で話せるようになるからです。

 

自分でなんとかすることができる。

自分でコントロールができる。

 

英語が話せるようになるかどうかって、自分次第なんですよ。

 

これってめちゃめちゃフェア。

希望があるんですよ。

 

「自分が頑張ればいいじゃん!」

そういうことなんです。

 

やればいいだけ。

行動したもん勝ちなんです。

 

「自分次第」という満ちあふれた可能性

f:id:ceo_masa:20170804120637j:plain

学歴や経歴は後から付け足すことはめちゃめちゃ困難です。

 

パッとしない大学を卒業したあなたの実力で、今から東大に入学しようと思ってもできると思います?

 

パッとしない経歴のあなたが、今からマッキンゼー、ゴールドマンサックス、グーグルに転職できると思います?

 

ごめんなさい。

 

できっこしないんです。

 

夢をみろ、諦めるな、可能性を追いかけろ。

 

世の中はそんな綺麗で優しい言葉で溢れていますよ?

 

でも、

 

自分がどれだけ努力してもどうにもならないことはたくさんあるんです。

 

それに比べたら、英語が話せるようになることなんてどうってことありません。

めちゃめちゃ簡単じゃないですか。

自分が頑張って勉強すればいいだけ。

他の競争相手はいないですよ。

 

受験のようにライバルがいるわけでもありませんし、就職・転職活動のように他の候補者がいるわけでもありません。

全ては自分次第。

だから、可能性で満ちあふれているんです。

 

努力の数、足りてますか?

f:id:ceo_masa:20170804120748j:plain

「そうやっていうけど、英語ってめちゃめちゃ難しいじゃないですか?」

 

「あんただからできたんだろ?」

 

そう思う気持ち、わかります。

たしかに英語って難しいのかもしれません。

 

でも、

僕はTOEIC模擬試験200点台のクソみたいなところからスタートしたけど、英語が話せるようになりましたよ?

TOEIC模擬試験200点台って、多分ほとんどの人が楽勝で取れる点数ですよね。

もともとのスタート地点が後ろの方。

それでもできるようになったんですよ。

それって、

「え?そんな点数だった人でも英語が話せるようになるんですか?」

って思いますよね。

めちゃめちゃ希望になりません?

 

それでも英語が難しいとか思う人は、アジアの中でも後進国と言われているカンボジアに行ってタクシーの運転手と話をしてみてくださいよ。

みんなそれなりに英語が話せていますよ?

カンボジア人の平均月給って1万~2万円くらいです。

しかも、日本みたいに教育を受けることができる環境は圧倒的に不足しています。

でも、それなりに英語が話せる人がたくさんいますよ?

日本はどうですか。

本屋に行けばリーズナブルな価格でクオリティの高いテキストが買えますし、オンライン英会話では気軽にネイティブと英会話が楽しめます。

中学校、高校では学校の授業で英語の勉強が可能ですし、駅前まで足を運べば英会話教室だってあります。

こんなに英語学習に恵まれた環境にいるのに話せないなんて、逆に考えればおかしいじゃないですか。

 

英語って、あなたが思っているほどそんなに難しくないですって。

難しくしているのは、あなたの思考のせい。

無理だって思い込んでいるから無理だと思うんです。

 

僕でもできるようになったんですよ?

あなたにできないはずがないじゃないですか!

 

不安になるということは、努力の数が圧倒的に足りていない場合が大半です。

 

そうやって不安になる前に、英語の勉強、ちゃんとやってます?

ちょっとでも空き時間があれば、それをちゃんと「投資」してあげてます?

 

そこを思い返してみてください。

 

ちなみに、

テストやプレゼンで不安になる理由ってわかりますか?

 

準備不足だから。

ただそれだけ。

きちんと準備していたら「よし!みてろよ!」って逆にワクワクするくらいですから。

 

英語も一緒。

「できないかも。。。」

って不安になるということは努力が足りていないだけ。

ほとんどの人はそれで不安になっているだけなんです。

 

僕自身の体験談

f:id:ceo_masa:20170804120953j:plain

僕はこれまで三社の外資系金融で働いてきたキャリアを持っています。

自分で言うのもなんですが、いわゆる外資畑を歩いてきて、普通の人に比べたらそれなりに良いキャリアを歩んできていると自負しています。

 

それを可能にしてくれたのが、英語が話せるというスキルなんです。

 

学歴、経歴、正直パッとしませんでしたよ? 

どこにでもいるようなダメ大学生でした。

 

それでもこのようなキャリアを歩めたんです。

 

もちろん、会社の中で死ぬほど努力して仕事をして、周りの人から認められたということもあります。

外資系金融ですから、時には朝まで働くなんてこともありましたし、休日の朝からオフィスで過ごすことも日常茶飯事でした。

それくらいハードに働いたから今のようなキャリアがあるのかもしれません。

 

でも、そのきっかけを作ってくれたのも、英語が話せるというスキル。

これがなければチャンスを掴む事さえできなかったでしょうね。

 

「英語を勉強する意味がない」というダメ人間の思考

f:id:ceo_masa:20170804121118j:plain

 「でも、今更英語が話せるようになったって、どうせAI(人工知能)が出てきたら意味がなくなるじゃん!」

最近はそういう意見を持つ人が増えています。

 

確かに僕もそう思います。

AIが発達してきたら、そのうちリアルタイムで翻訳してくれる機械も出てくるでしょうし、その精度も人間が翻訳するよりも高くなるかもしれませんね。

 

今世界では弁護士、裁判官、医者、金融ディーラーなどの仕事がどんどんAIに取って代わられています。

最近ではAI同士が独自の言語で会話をした、というニュースもありました。

AIによって人間の知的労働が奪われていくという流れに逆らうことはできませんし、最終的には肉体労働以外のほとんどの仕事はAIによって完結する時代がやってくるでしょう。

なので、英語を学ぶ必要もなくなる、と考えるのは当たり前のことだと思います。

 

ただ、僕個人的には

「だから何?」

って感じです。

 

なぜなら、AIがそこまで発達した社会では、そもそも全てのことを学ぶ意味さえも見いだせない時代になるからです。

今でも碁の試合で人間がAIに勝てないのです。

AIの知能が発達した時代になると、「人が何かを考え、創造する」という価値や意味が見いだせない時代に突入するわけです。

つまり、もはや人間が存在するアイデンティティさえも揺らいでくる時代がやってくるわけです。

 

そこまでいけば、英語がどうのこうの、という次元で話をする世界ではないわけですね?

中国語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、日本語、韓国語などなど、全ての言語もAIの翻訳機能によってカバーされるでしょうし、これまでのような「学び」の意味さえも不透明になるんです。

これは少し極端な考え方かもしれませんが、あながち間違いでもないと思っています。

 

スマホが普及した今の社会では、わからないことがあればすぐに「ググる」ということが当たり前になりました。

人間が「知っている」「暗記している」ということの価値が圧倒的に減少したわけです。

そんな社会が来る可能性もゼロではないですよね。

 

あと、

「AIが発達するから...」

なんて小賢しい言い訳をして英語を勉強することから逃げている。

そういうクソな自分からは永遠に変わることは出来ないという事実は残りますよね。

 

努力できなかった自分、やらなかった自分。

これは歳を重ねるごとに重くのしかかってくるはずです。

 

ゴチャゴチャいう暇があったら単語の一つでも覚えましょうって。

目の前の努力ができない奴が何をもって人生を変えることができるんでしょうか?

 

努力をする方法を知らないまま歳をとってしまう人生ほど暗いものはありません。

 

まとめ

f:id:ceo_masa:20170804121327j:plain

色々と書きましたが、英語が話せるようになると間違いなく人生を大きく変えることが出来ます。

そのためには、それ相応の努力は必要ですし、「頑張る」ということも必要です。

 

でも、これから新たに学歴を手に入れたり、それなりの経歴を手に入れるよりも簡単です。

 

なぜなら、

自分次第でどうにかなるからです。

 

自分がちゃんと勉強さえすれば話せるようになりますし、それは誰にも邪魔されることではありませんよね。

これほどフェアでやりがいがあることはありません。

 

これから人生を大きく変えたい人。

そんな人には英語が話せるようになることを強くオススメします。

 

これこそが、唯一の人生一発逆転のスキルなのですから。

 

【コチラの記事もどうぞ】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com