英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

高校・大学受験で英語のテストの点数を伸ばす方法2選

f:id:ceo_masa:20170819101741j:plain

高校・大学受験で英語が苦手という人は多いです。

原因はいくつか考えられますが、自分でもそれに気づかないうちはなかなか成績アップに繋がりませんし、個人の能力差によって適切な勉強方法も変わってきます。

だから英語の成績を上げる方法は一概に言えないと言ってしまえばそれまでなのですが、ここでは多くの人が悩む箇所についての解決策を述べていきます。

方法は2つです。

早速見ていきましょう!

 

高校・大学受験で英語のテストの点数を伸ばす方法2選

① 語彙力を伸ばしたいなら例文で覚えよう!

語彙力。

これは高校受験の時も大学受験の時も、終わりがないように思える長く地道な道をたどらないと定着しないものです。

だからこそ面倒で、しかも、覚えても忘れていくからやる気も出ません。

でも、単語がわからなければ英作文も長文読解も並び替え問題にも対応できないので、語彙力は必ず必要となるベース(基礎)と言えます。

これなしに受験は突破できないのです。

 

具体的に単語を効率よく覚えるためには、単語を1つ1つ覚えるのではなく、例文の中に組み込んで覚える方法があります。

単語1つだったら覚えることが少ないように思えるのですが、実はそれだけ覚えても使い勝手がわからないといざ長文内で出されても意味が取れないのです。

だから少々長くても、既に知っている簡単な文章の中に組み込んで覚える方が得なのです。

単語帳を選ぶ場合は、例文中に覚えるべき単語が赤字で書かれており、それを赤シートで隠して覚えられるものがオススメです。

語彙力が強化されれば基礎が固まるので、その分点数は地味に伸びていくはずです。

 

② 英語は暗記?いや、慣れも必要です!

よくある悩みの一つに、

「現在完了」と書かれていればその単元は満点が取れるけれど、色々な文法が混じっている問題になると点数が取れない!!

というものがあります。

どんな文法を使えばいいか途端にわからなくなる現象です。

これの対応策は、色々な文法がごちゃ混ぜになった問題の中で、わからなかった問題を「こんな言い回しもあるんだな」と声に出してみることです。

 

受験に出されるパターンはある程度決まっています。

意訳されていてわからなかったのなら、その文法と和訳を丸暗記するのも良いですが、それではものすごい量になってしまいます。

だったら、慣れる方が得策です。

「こんな言い方もするのか!」

と自分で「なるほど感」を持たせるように意識することで、定着率は高くなります。

同じような問題が出てきたら、今度は解けるように準備を整えるのです。

 

実は、これはもともと英語を日本語を介さずニュアンスや感覚で理解している人はわざわざ「なるほど感」を持たなくても自然と習得できていることです。

本来なら外国語は日本語を介さずに習った方が良いのですが、受験では難しいですからね。

英語が苦手なら、暗記と並行して慣れによる経験値を積み、それが長期記憶に馴染むまで繰り返しましょう。

1回で覚えてしまう人もいれば、数十回繰り返さないと定着しない場合もあります。

後者の場合は、時間を取って繰り返す回数を増やすことでカバーするしかありません。

 

まとめ

f:id:ceo_masa:20170819102146j:plain

受験英語はまたネイティブが使う英語とは違って独特です。

模範解答があり、ネイティブなら〇をしても×になることもあります。

とにかく正しくあるのが受験なので、英語で点数を稼ぎたいならその1つの正しい答えを覚えるようにするのがコツです。

これを意識しながら上記の2つの方法を試してみてください。

もちろん万人に良いとされる方法ではありませんが、比較的どのレベルの人でも”しっくりくる”勉強方法だと思います。

 

英語は、数学とは違い言語なので、学力に左右されない点数を伸ばしやすい教科です。

その証拠に英語は英語を母語とする国では幼稚園児でも喋れます。

自分の能力でどこまで伸ばすことができるのか。

一日でも早く、これらの方法を実践してみてください!

 

【あわせて読みたい】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com