英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

外資系銀行のオペレーション部門の年収はどれくらいなのか?

f:id:ceo_masa:20170918150401j:plain

外資系銀行のオペレーション部門。

まさに憧れですよね?

 

外資系金融業界を目指す人であれば、

一度は転職を考えてみるポジションだと思います。

 

実際、

僕が過去に勤務していた会社も外資系銀行でしたし、

そこで従事していたポジションもオペレーションでした。

 

外銀に転職できた時は嬉しかったな~。

▼外銀に転職した方法はコチラの記事で解説しています

blog.inakano-masa.com

 

外資系銀行はどうしてもIBD(投資銀行部門)のイメージが強いので、

オペレーションのようなバックオフィス&ミドルオフィス業務にはあまりスポットライトが当たることありません。

 

ネット上を探してもそんなに詳しい情報はありませんし、

ほとんどがIBDに関する情報ばかりです。

 

ですが、

オペレーション部門で得られる年収ワークライフバランスを考えると、

個人的にはIBDよりもオススメのポジションだと思います。

 

これから外資系金融業界を狙うのでしたら、

オペレーション部門は一度は挑戦してみる価値があるポジションですね。

 

外資系銀行のオペレーション部門の年収

まず、

気になる外資系銀行のオペレーションでオファーされる年収ですが、

大体600万円から800万円のレンジとなります。

 

銀行業務の経験があれば700万円、800万円台からのスタートとなるでしょうが、

例え未経験でも600万円のオファーは狙えるでしょう。

 

ぶっちゃけ、

ミドル&バックオフィスでこれだけもらえれば悪くありませんよね?

 

しかも、

年齢は20代後半から30代前半の話です。

 

それくらいの年齢で月収50万円以上もらえる仕事って、

日系企業だとあまりないと思います。

 

さすが外資系金融業界。

給料の金額に関しては非常に魅力的です。

 

外資系銀行のオペレーション部門の勤務時間

基本的に残業はありません。

オペレーション部門で担う仕事にもよりますけど、

勤務時間は「◯時から◯時まで」と決まっています。

 

いわゆる、

外資系企業でよくありがちなQOLが充実しているポジションです。

 

僕の場合、

朝は7時前の出社でしたが、

18時にはオフィスを出ることができました。

 

そこからは自由。

 

飲みに行くのもアリ、

カフェで勉強するのもアリ。

 

語弊があるかもしれませんが、

外資系金融にしては比較的「楽な」ポジションでしたね。

 

友人からは、

「もうこれで安泰だな!!」

と言われたくらいですからね。

 

深夜までオフィスでバリバリ仕事をしているIBDの激務のイメージでいると肩透かしを食らうと思います。

 

外資系銀行のオペレーション部門の雰囲気

男性が少ないです。

オペレーション部門ってそういう部門なんですよね。

 

ココだけの話、

お局さんが怖い。

 

これはオペレーション部門に勤務する人間にとって一番のリスクかも。

 

これから転職する人は、

上司(ボス)に目を付けられないように本当に注意した方がいい。

 

転職して最初の三ヶ月くらいは目立たず、騒がず。

 

これ、

転職者の立ち回り方の基本です。

 

「僕は何も波風立てませんよ。あなたの敵じゃありませんよ~。」

普段からこういうポーズを取っておくことが無難です。

 

外資系銀行のオペレーション部門の仕事

決済(Settlement)、カンファメーション(Confirmation)、スワップ(Swap)などなど、かなりおもろいです。

 

色んなソフトウェアを触れますので、

慣れておくと将来の転職の際に役に立ちます。

 

▼これくらいは知っておいた方が良いかも。

>>Japanese - Calypso Technology

 

基本的に、

営業のようにゼロから積み上げている仕事というよりも、

ゼロで当たり前という仕事です。

 

具体的に言えば、

システムが正常稼働していて当たり前、

取引が正常に約定していて当たり前、

そんな「当たり前」を支える仕事です。

 

ルーティンワークが多く、

派手さやクリエイティビティはそこまで求められません。

 

あくまでも仕事人として裏で業務を支えたり、

各部門の橋渡し役として案件をコーディネートしていくような仕事が主になります。

 

そういう影の功労者的なポジションにやりがいを感じる人には最高のポジションです。

 

外資系銀行のオペレーション部門の転職方法

求人案件が非公開であるため、

基本的には転職エージェントを利用します。

 

オススメの転職エージェントは以下の4つ。

外資系銀行のオペレーション部門を目指すのであれば必ず登録しておきましょう。

(※それぞれの転職エージェントによって求人案件が異なるので、全ての転職エージェントに登録することをオススメします)

 

【オススメの転職エージェント】

■外資系求人に圧倒的な強さを誇るエージェント

>>JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)

 

■国内最大級の大手転職エージェントならではのサポート

>>リクルートエージェント

 

■優良外資系企業との太いパイプならココ

>>Spring転職エージェント

 

■年収1000万円台を目指すマネージャーなら絶対に登録すべし!

>>クライス&カンパニー公式ページ

 

転職エージェントに関する詳しい情報は、

以下の記事もあわせて参考にして下さい。

blog.inakano-masa.com

 

なお、

「転職エージェントはちょっと...。」

という方は、ハイクラス向け転職サイトを利用しましょう。

 

オススメはビズリーチです。

求人案件のレベルが他の転職サイトとは全然違います。

満足できる求人案件を求めるなら登録はマストです。

>>■□ 年収1000万円以上の会員制転職・求人情報サイト ビズリーチ □■

 

まとめ

以上、

外資系銀行のオペレーション部門に関する情報になります。

 

どうです?

意外と狙い目だと思いませんか?

 

外資系銀行に転職できれば、

間違いなくその後のキャリアの可能性が広がります。

 

興味がある人は是非一度チャレンジしてみましょう!!

 

【あわせて読みたい】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com