英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

英会話初心者が英会話のレベルを確実に一つアップさせるコツ

f:id:ceo_masa:20170919084559j:plain

英会話初心者の人のレベルというと、

自己紹介がスムーズに言えたり、

相手に対して聞きたいことを聞けたり、

ちょっとしたカンバセーションであれば間が持つようなレベルです。

 

肌感覚で言えば、

海外留学1~3か月目の人はこのレベル。

 

ここからさらにレベルを上げて、

もっともっと高いレベルまでスピーキング力を押し上げるためには、

一つ大切なコツをつかむ必要があります。

 

そんなコツについて少し書いて見たいと思います。

 

英会話初心者の人の話す英語

英会話初心者の人が話す英語には特徴があります。

それは

主語が「I(私)」か「You(あなた)」が大半である

ということです。

 

もし、

あなたが英会話の初心者だったら、

自分が話す英語について少し振り返ってみてください。

 

ほら?

なんだかめちゃめちゃ「I」や「You」から始まる文章が多くありません?

 

これが英会話初心者の人が話す英語の特徴です。

 

英会話初心者の英語が持つ「狭さ」

会話の主語が常に「私」か「あなた」。

 

これって別に悪くはないんですけど、

誰かと話すときの会話のパターン

「私は~です。」

「あなたは~です。」

のようなものになり、どことなく単調。

 

会話としては成り立ちます。

 

けれど、

なんとなーく内容が狭い。

 

そんな風に思ったことはありませんか?

 

自分の英会話のレベルは上がってきているのは分かるけど、

まだまだ全然満足が出来ていないという人は、

この会話の「狭さ」について悩んでいる人が多いです。

 

この「狭さ」を破壊することが、

英会話初心者からレベルを上げるために必要なことです。

 

英会話初心者が英会話のレベルを上げる方法

「じゃあ、具体的にどうすればいいの?」

ということですが、

この方法は意外と簡単です。

 

主語が「It」の文章を意識的に使う。

たったこれだけ。

これを実践するだけでスピーキングのレベルをアップさせることができます。

 

「It」を使った英文は難しくする必要はありません。

 

例えば、

「It is good.」

「It is nice.」

こういうシンプルなものでオッケー。

慣れるまでは難しい表現を使う必要はありません。

 

これまで使っていた英文の主語は「私」と「あなた」。

それ以外の主語については「It」を意識して使うようにしてみてください。

 

そうすると、

”主語を何にしていいのかわからなかったから言えなかったこと”が言えるようになります。

 

つまり、

会話の「狭さ」を打破することができるのです。

 

 「It」を主語にすることのメリット

「It」を意識的に使うようにすることのメリットは大きいです。

 

これまで「私」と「あなた」だけの世界の会話だったのが、

「それ」という第三者的な目線で話を展開することが出来るようになるので

ビックリするくらい会話に広がりが出てくるからです。

 

例えば以下のような文章。

■It is very nice for you to~

■It is great that~

 

こういう表現、

実際に会話の中で使いたかったんじゃないでしょうか?

 

これは「It」を主語にするという発想がなければ使うことができない表現です。

「It」を使うことによってこれまで言いたくても言えなかった英会話の表現が手に入るのです。

 

逆に言えば、

英会話のレベルを上げるためには、

「私」と「あなた」という慣れ親しんだ主語以外の主語も使ってあげる必要があるということなのです。

 

英会話の上達で悩んでいる人は「It」を主語にする練習をしましょう。

英会話のレベルが一気に上がります。

 

自分自身の海外留学時代の体験談

自分の英会話の幅の狭さに悩んだ時期がありました。

 

英語に慣れてきたのはいいんだけど、

気が付いたらいつも話すことが同じ。

 

なんとなく英語の上達を意識できない時期ですね。

 

日常で不便を感じることは少なくなってきたけど、

まだまだこのレベルで満足はできない。

 

そんな英語のレベルの段階の話です。

 

そんな時、

「そういえば、itって全然使ってなかったなあ。こういう地味な単語を使えるとカッコいいかも!?よし、意識して使ってみるか!」

と思って「It」を積極的に使い始めてみたのが始まりです。

 

で、

実際に「It」を使い始めてみると、

驚くくらい会話の幅が広がったんですよね。

 

「あ、Itってどんな文章の主語にでもなるわ!」

って。

 

そこから一気に英会話のレベルが伸びました。

 

「It」を主語とした英語のボキャブラリーを会話に加えることにより、

英会話の幅を広げることに成功したのです。

 

まとめ

英会話初心者の人は、

「私」と「あなた」以外の主語を意識して見てください。

必ず「It」を主語として使う必要が出てくることがわかるはずです。

 

「It」を主語にしたにした英文を話せるようになると、

会話に幅が出てきます。

 

会話に幅が出てくれば、

これまでアウトプットしたくてもできなかった言葉もアウトプットできるようになります。

 

話したかった単語や表現を使うことが出来るようになり、

より英会話のボキャブラリーが増えてくるので英会話が楽しくなります。

 

英会話初心者の人がレベルをアップさせるためには、

「It」を主語にすることを意識してみましょう。

 

すぐにその効果を実感できるはずです。

 

【あわせて読みたい】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com