英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

【レビュー】海外出張にオススメの英会話教材ならHapa英会話!一度は試してみる価値アリです!

f:id:ceo_masa:20171012173504j:plain

海外出張に行くと、仕事でもプライベートでも英語を使わなければいけない環境になります。

「現地での生活、やっていけるかな?」

なんて心配する人いるのも当たり前です。

そんな人にオススメの英会話教材がHapa英会話。

 

英会話教材を調べているときにたまたま偶然発見して

「なんだか面白そうな教材だな!!」

と思って購入してみたのですが、これがアタリでした(笑)

 

僕はこれまで海外留学、海外出張(短期・長期)を経験したことがありますが、これはまさにこれから海外に出て行こうとしている人全員にオススメできる英会話教材です。

事前の英語対策の一つの選択肢として考えておくといいでしょう。

>>Hapa英会話公式サイトはコチラ

 

Hapa英会話のレビュー

Hapa英会話の特徴って?

f:id:ceo_masa:20171012173246p:plain

Hapa英会話の最大の特徴は、

ガチでリアルな英会話が学べる!!

というところ。

これに尽きます。

 

ガチでリアルな英会話というのは、実際に使う機会がある英語のフレーズということ。

例えば、海外に行ったらマクドナルドやスタバって絶対に一回は行きますよね?

「あ、マクドナルドじゃん!!本場の味ってどうなのかな?」

って思ってお店に入ったこと、絶対一度はあるはずです。

そういう時、どういう英語のフレーズで注文をするかわかりますか?

 

 

...これ、

意外と分らない人が多いんです。

 

分かったとしても、せいぜい

「Can I get~」

のフレーズが言えて終わり。

そこからのボキャブラリーや経験値が持ち合わせていないので、その後の会話は全然続かない、ビビッてしまって冷や汗ダラダラと言う人も多いはず。

 

海外に出てリアルな英会話力が求められるシチュエーションになると、これまで学校で学んできた英語力というのはあまり役に立たないことの方が多いんです。

TOEIC対策で学んだビジネス英語や難しい文法。

確かに大事です。

ですが、日常で使う機会のない英語を知っていても役に立たないんですよ。

外国人と株の話や世界情勢の話をすると思います?

中東情勢や世界の歴史の話、すると思いますか?

外資系金融の職場であれば可能性はありますけど、基本的には日本語でもやらない会話は外国人ともやらないですよ。

せいぜい現地のホテルの感想だとか飯は美味いかどうかの話の方が多いんですって。

 

頭でっかち。

そう言ってしまうと分りやすいですね。

僕たちって、意外なほどに海外で実際に使う必要があるフレーズって知らないんですよ。

だから、中学・高校と6年間も英語を学んでいるのに、海外に出た途端、驚くほど無力になるんです。

 

海外から帰国して、

「こんなことならもっと英語を勉強しておけばよかった~!」

なんて悔しい思いをすることがありますけど、もう十分に英語は勉強しているんですよ。

ただ単に本当のネイティブの英会話を知らないだけ。

それをHapa英会話はカバーしてくれるのです。

 

Hapa英会話の教材内容

具体的なHapa英会話の教材は以下のような構成になっています。

  • CD12枚
  • DVD1枚
  • テキスト1冊

これに以下の特典が付いています。

  • CD6枚
  • テキスト1冊

正直、特典が結構お得感をアップさせています。

なんとなくですけど、

「消費者の気持ち、わかってるね!」

なんて思ってしまいます(笑)

 

Hapa英会話の勉強方法

Hapa英会話の具体的な勉強の方法ですが、Hapa英会話は「3ステップ・ロールプレイ学習法」というオリジナルのメソッドが採用されていて、基本的にはこれに沿って英会話の勉強を進めていく形になります。

簡単に説明をすると、

  1. CDを使って会話の流れを覚える
  2. テキストを使って単語とフレーズをざっと覚える
  3. CDを使ってロールプレイを繰り返す

というシンプルなもの。

f:id:ceo_masa:20171012173323p:plain

順番としては、インプット→インプット→アウトプットですね。

最後にきちんとアウトプットのトレーニングが用意されているのが好印象です。

 

Hapa英会話のウリであるロールプレイ

個人的には最後のステップのロールプレイはHapa英会話だけではなく、英会話教材全般にとって”肝”になる部分だと思います。

日本人は、英語をインプットする機会は多くても、中々アウトプットする機会がありません。

ここでしっかりとロールプレイをすることが英会話の上達と直結するので、じっくりと取り組むことが大切です。

ちなみに、Hapa英会話で用意されているロールプレイは12種類。

  1. カフェ
  2. ファーストフード
  3. 道案内
  4. ショッピング
  5. ホテル
  6. レストラン
  7. 飛行機
  8. Immigration(入国審査)
  9. 税関
  10. タクシー
  11. スターバックス
  12. マクドナルド

これだけのシチュエーションをロールプレイしておけば、海外出張の事前対策はバッチリですよね。

もし、下の動画のように本当の現地の人みたいなカッコいい「本当の英会話」が使いこなせるようになると思ったら、海外出張もなんだかワクワクしてきません?

こういう気持ち、大切です。

www.youtube.com

 

Hapa英会話のクオリティってどうなの?

Hapa英会話は、LAの超人気英会話学校BYB English Centerの校長である、セサニック淳さんによって開発されています。

このBYB、28年間にわたって2,800人以上の有名企業の日本人駐在員やその家族に英会話を教えてきた実績のある学校です。

駐在員の方が勤めている企業の名前を見てもこの通り!

f:id:ceo_masa:20171012165121p:plain

一流企業ばかりです。

この辺りの実績があるからこそ、ちゃんとしたノウハウに基づいてHapa英会話が開発されているわけで。

これから購入する人にとって、そこは大きな安心材料かなと。

やっぱりクオリティが高いものには理由があるんですよね。

なんだかわけの分らない人が裏付けのない内容の英会話教材を作ったわけではないということです(笑)

 

あ、あと90日間の全額返金保証が付いているのも何気にすごいですよね。

気軽に試してみて、なんだか違うなーって思ったら返金を依頼すればいいんですから。

こういうサポートって、絶対にクオリティに自信が無ければできないこと。

でも、心配する必要はないと思います。

これから海外出張に行く人であれば、海外に持っていきたくなるような良い教材ですから。

そもそも「返金をしよう!」なんて思わないはずです。

 

まとめ

これから海外出張に行く方、Hapa英会話はオススメの英会話教材です。

海外出張となると色々不安な気持ちも出てきますが、きちんと事前に対策をしておきましょう。

Hapa英会話はきっとあなたの強い味方になると思います!

興味がある方は是非一度チェックしておきましょう。

 

>>Hapa英会話公式サイトはコチラ

 

【あわせて読みたい】

blog.inakano-masa.com 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com