英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

【キャリアアップ】外資系企業に転職したい女性が外資系企業の求人案件に応募する方法

f:id:ceo_masa:20171104151031j:plain

「外資企業で働いてみたい!」

「外資系企業で自分の力を試してみたい!」

最近はそんな女性の方が非常に多いです。

今回の記事では、外資系企業に転職したい女性が外資系企業の求人案件に応募する方法について解説をしたいと思います。

これから外資系企業に転職する女性の方は是非参考にして頂ければと思います。

 

外資系企業の求人に応募する方法

外資系企業へ転職する場合、 通常は転職エージェントを利用します。

外資系企業の求人案件は「非公開求人」扱いされることが多く、一般的な転職サイトに掲載されることは稀。

そういった非公開求人案件は転職エージェントを通じて紹介してもらいます。

実績ある転職エージェントに登録しておくと、こちらが希望する以上の優良外資系求人案件を紹介してもらうことができます。

 

オススメの転職エージェント

外資系企業でバリバリ活躍したい女性の方であれば、以下の転職エージェントの利用をオススメします。 

どちらも転職エージェントとしての実績としては申し分ありません。

個人的に利用したこともありますが、抱えている求人案件数がバラエティ豊かですし、担当のコンサルタントの方のクオリティも「さすが!」でした。

これから外資系企業への転職活動を進めて行くのであれば、まずはこの2つの転職エージェントへの登録を済ませておきましょう。

経験とノウハウのレベルが他の転職エージェントよりもレベルが一つ上ですので、きっと満足ができるでしょう。

登録は無料、転職サポートも無料。

お金の心配もしなくていいので安心して利用できます。

 

公式サイト:JAC Recruitment

公式サイト:リクルートエージェント

 

転職活動に失敗しないためのコツ

今回は2つの転職エージェントをオススメさせていただいています。

転職エージェントに複数登録する理由としては、転職エージェントにはそれぞれ得意分野・不得意分野があるので、一社だけに依存してしまっては本当に理想とする求人案件を見つけずらいからです。

複数の転職エージェントを利用して求人案件を紹介してもらうことにより、本当に納得ができる求人案件を見つける可能性が高まります。

転職エージェントAに登録していたけど、実は転職エージェントBにはもっといい求人案件があった、なんてそういうことがあったら嫌ですよね?

後から「しまった。こうしておけばよかった!!」ということを避けるためにも、転職エージェントには複数登録しておくことをオススメします。

 

オススメの転職サイト

転職エージェントを利用する事に加えて、転職サイトへの登録も済ませておくと完璧です。

キャリアアップを目的とした転職活動では、できるだけ多くの求人案件に出会うことが成功の秘訣。

エージェントが紹介してくれる求人案件を待つだけではなく、転職サイトを利用してこちらからも積極的に求人案件を探すようにしましょう。

利用する転職サイトは、こちらのビズリーチ・ウーマンがオススメです。

外資系企業のようなハイクラスな求人案件を探すならコレでオッケー。

登録は無料ですので、まずは登録をして求人案件をチェックしておきましょう。

きっと理想の外資系の求人案件に出会うことが出来ると思います。

ビズリーチ・ウーマン

公式サイト:ビズリーチ・ウーマン公式サイト

 

外資系企業で働くことによって得られるメリット

では、外資系企業で働くメリットについて、自分自身の体験談をベースにお伝えしたいと思います。

これからの転職活動の参考にしていただければと思います。

 

成果主義というフェアな職場

外資系企業内のカルチャーですが、非常にフェアな職場環境になっています。

女性だからこの案件はできない、女性だからこの仕事は任せられない、という制約はなく、自分の実力さえあれば様々な仕事を任せてもらうことが可能です。

キャリアアップに貪欲な女性にとっては最高の職場環境だと思います。

僕がこれまで働いてきた外資系金融の企業内でも、多くの女性の方が活躍していました。

営業のマネージャー職に抜擢されてた女性の場合、何名のもメンバーを抱えてバリバリ新規開拓をしており、マンガに出てきてもおかしくないくらいカッコいいキャリアウーマンを体現していました。

実力には自信があるけど、全然評価されない。

女性だからと言って大きな仕事を任せてもらえない。

外資系企業に限ってはそんなことはありません。

もっともっと自分の可能性を広げてみたいという女性にとって、外資系企業は非常に魅力的な職場であると思います。

 

給与水準が高い

外資系企業の魅力の一つに、給与水準が高いというのもあります。

体感としては日系企業の1.5倍から2倍程度。

報酬の金額が全てではありませんが、

「ちゃんと評価されている!」

ということを測るうえにおいては、会社から支払われる報酬金額の大きさは大切な要素です。

得られる報酬が大きければ生活のクオリティも上がります。

より豊かな生活を送ることにより、

仕事の成果も上がる→評価が上がる→報酬が上がる→生活のクオリティが上がる

そんな好循環を生み出すことが可能になります。

「もっと稼ぎたい!」

そんなアグレッシブな思いをもった女性の想いを叶えてくれる職場かもしれませんね。

 

自分の仕事が明確になっている

外資系企業で任される仕事の内容は契約でしっかりと決められています。

日系企業の場合、やらなくてはいけない仕事は非常に「ふわっ」としていて、空いている時間はこれをやっておいて、掃除もやっておいてね、他の部署の先輩も手伝ってあげてね、なんてことが頻発しますが、外資系企業に限ってはそれがありません。

なので、余計な「直接的な評価につながらないような微妙な仕事」に時間を取られることはありません。

逆に、他の部署の仕事に首を突っ込んだりすると、

「あいつは何を余計なことをやっているんだ?」

「他の部署のやり方に口出しをしないでくれる?」

なんて顰蹙をかってしまうことになります。

中小規模の日系企業出身の方であれば、最初のうちはなんとなくよそよそしさを感じたり、冷たさを感じてしまうこともあるかもしれませんが、すぐに慣れます。

私の仕事はここからここまで、という明確さが好きな人にとってはこのような外資系企業のカルチャーが合っていると思います。

是非とも外資系企業にチャレンジするべきだと思います。

 

プライベートの時間が確保できる

これは少し書くのを迷いました。

なぜなら、僕が働いていた外資系金融のような業界の場合、全然プライベートの時間を確保できなかったからです。。。

一方、他の業界の外資系企業に勤めている友人の場合、しっかりとプライベートの時間は確保。

まさに”イメージ通りの外資系企業勤務ライフ”をエンジョイしていました。

勤務する業界や業種によってバラツキはありますが、プライベートの時間が確保できる

というか、これに関しては僕が勤務していた金融業界が少し特殊だったのかもしれません。

普通、外資系企業はQOLがしっかりとした会社ばかりです。

アフターファイブを充実させたい女性にとっては外資系企業は選択すべきキャリアのチョイスであることは間違いありません。

 

外資系企業へ転職する前に注意しておきたいこと

外資系企業へ転職することはメリットだけではなりません。

いくつか注意しておくべき点もありますので、それもここでお伝えしたいと思います。

 

クビ・リストラのリスクがある

外資系企業=成果主義ですから、当然結果が出ないとクビ・リストラになる可能性があります。

性別は関係ありません。

「女性だからそこは多めに見て...。」

なんて甘えは通用しません。

フェアに評価される環境であるということは、自分が結果を出せなかった時でもフェアに評価が下されるということです。

数字で評価される営業職などに転職する場合は注意しておきましょう。

また、小さな組織の場合、日本撤退のリスクもあります。

自分個人としては成果は上げていても、会社自体が利益を生み出すことが出来ていなければ意味がありません。

転職先を見つける際は、その会社がしっかりとビジネスを展開しているかどうかもチェックしておいた方が無難でしょう。

 

人間関係が大変なこともある

外資系企業は実力主義、成果主義が徹底されています。

フェアな職場環境は素晴らしいことなのですが、アグレッシブな人が多い職場だと社内政治に巻き込まれて大変なことになることもあります。

本国上司へのゴマすり、責任のなすりつけ、揚げ足取り、人間の嫌なところを凝縮した戦いを日々の仕事で垣間見ることができるかもしれません。

ただ、これは外資系企業に限らず、日系企業内でも日常茶飯事の出来事。

あまり神経質になる必要はないかもしれません。

むしろ、

「あ、外資系企業でもこういうことってあるんだね!」

という感覚でいればいいかと思います。

 

まとめ

以上、外資系企業に転職したい女性が外資系企業の求人案件に応募する方法になります。

外資系企業は非常に魅力的な企業が多く、そこで培ったキャリアは自分自身の価値を大きく高めてくれます。

転職エージェント、転職サイトを活用して、ぜひ転職活動を成功させましょう。

頑張ってくださいね!

 

【あわせて読みたい】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com