英語で一発逆転!田舎者でも外資系金融で働けたブログ

外資系金融で働きたい人、外資系金融に転職したい人、外資系金融に憧れている人、そんな人のために情報発信をするブログです。その他、英語に関することや雑記などあれこれ書いています。

ついサボってしまう?今度こそ英語の勉強を三日坊主で終わらせない3つの方法はコレ

f:id:ceo_masa:20171231112416j:plain

英語の勉強は挫折との戦いであるといってもいいでしょう。

始めるのは簡単ですが、続けることは本当に難しい。

 

英語をマスターする=語学を習得する

 

ということですから、当然ある程度の期間は継続して勉強をしなければ望む結果などでないわけで。

 

ですが、多くの方が、

「英語を話せるようになった!」

「英語が上達した!!」

そんなセリフを言えるまでに自ら諦めてしまうのが現実です(自ら、というところがポイントです)。

 

諦めずに勉強すれば必ず結果は出るのに。

 

あと数ヶ月だけ我慢して勉強すれば上達するのに。

 

色んな人の話を聞くたびに、

「もったいないなあ。」

そう思うことが増えました。

 

せっかく英語の勉強を始めたからには継続させるようにしましょう。

あなたはやる気になって「行動」までは移せたわけです。

三日坊主で終わらせてはもったいないです。

 

英語の勉強を三日坊主で終わらせない3つの方法

多くの方が勉強を継続させるための方法を知らずに英語の勉強をスタートさせてしまいます。

そこで今回は英語の勉強を三日坊主で終わらせない方法について解説をします。

「そんな方法ってあるんですか?」

と思うかもしれませんが、英語の勉強を三日坊主で終わらせない方法は本当にシンプルです。

リストアップしてみると、

  1. 具体的な目標を設定する
  2. 上達を実感できる仕組みを作る
  3. 時には休んでもいいと考える

たったこれだけです。

 

どうです?

あなたでもすぐに出来ることだと思いませんか?

 

①:具体的な目標を設定する

f:id:ceo_masa:20171231112322j:plain

まず、これが一番大切なことです。

英語の勉強を始めるのであれば目標は必ず設定しておきましょう。

 

目標は具体的であればあるほど実現可能となります。

例えば、

「半年後にTOEIC800点台を取得する。」

「1年後に外資系企業に転職するためビジネス英会話をマスターする。」

いつまでに、何を、どこまで。

これらの情報を盛り込むようにするといいでしょう。

 

【具体例】

いつ:3週間後、1ヶ月後、半年後、一年後

何を:日常英会話、ビジネス英会話、TOEIC、TOEFL、英検、

どこまで:800点、マスターする、取得する

 

より深い自分の願望の探し方の具体例

英語の勉強を始める際によくあるのが、

「英語がペラペラになる!」

「外国人の友達をたくさんつくる!」

という動機(モチベーション)なのですが、これだけでは英語の勉強を継続させるのは難しいです。

より詳細に、現実的な目標を設定しなければモチベーションなど続きません。

より深く自分の願望を掘り下げていくといいでしょう。

 

以下に例を挙げておきます。

 

英語がペラペラってどのレベル?

海外旅行で困らないレベル?それとも、外資系企業で電話応対が出来るレベル?

そもそも海外旅行って年に数回だし、外資系企業で働くつもりもない。

だけど、友達がアメリカ人と結婚したので少しくらい話せるようになりたい。

じゃあ日常英会話から始めよう!!

 

外国人の友達って何人欲しいの?

そもそも、なんで友人を作りたいの?

世界の色んな人と友達になったら色んな価値観や文化に触れることが出来る

じゃあ、世界に友人を作るためにはどうすればいいの?

海外旅行に行こう!

海外旅行で困らないレベルの英会話をマスターしよう

 

ざっくりではありますが、これくらいのレベルまでは掘り下げて考えておく必要があります。

 

目標の無い英語の勉強は地図のない旅行のようなもの。

迷いに迷って、結局どこにもたどり着けません。

 

気を付けましょう。

 

②:上達を実感できる仕組みを作る

f:id:ceo_masa:20171231121621j:plain

「自分は今上達している!」

「前よりも話せるようになっている!!」

このような実感こそが英語の勉強のモチベーションを高めてくれます。

自分の成長度合いは常に情報として持っておくようにしましょう。

 

このような仕組みを作る方法ですが、特定の第三者と共に勉強を進めることが簡単な解決方法です。

例えば、友人と英語の勉強を一緒に始めれば、お互いの上達の度合いを常に確認することができますので非常に効率が良い方法となります。

 

とはいえ、同じ目標を持ち、さらには一緒に勉強してくれる友人を見つけるのは中々簡単ではありません。

「周りにそんな友人は見当たらない。」

という方が大半でしょう。

であれば、コーチング系の英会話スクールを利用するのも一つの手です。

 

コーチング系の英会話スクールの利用がオススメ 

コーチング系の英会話スクールというのは、担当トレーナーによるマンツーマンのレッスンが基本的なレッスンの進め方となっており、常にトレーナーからのフィードバックを受けることが出来ます。

有名なところではライザップイングリッシュが挙げられます。

「コミットする」で有名なライザップですから、短期間である程度結果を出すことも期待できます。

無料カウンセリングも受講することが出来るので興味があれば是非。

 

▼無料カウンセリングの体験レポートはコチラ

blog.inakano-masa.com

 

結果を出すと以下のような好循環のサイクルを経験することができます。

【結果が出る→面白くなってくる→モチベーションが上がる→勉強を頑張る→さらに良い結果が出る

このような体験をしたことが無い人は、ぜひ一度経験してみましょう。

一度でも成功体験を知ってしまうと、三日坊主の自分とはいとも簡単に縁を切ることが出来ますから。

 

公式サイト:ライザップイングリッシュ公式サイト

 

③:時には休んでいいと考える

f:id:ceo_masa:20171231121115j:plain

三日坊主で勉強が終わる人の多くは、知らず知らずのうちに英語の勉強に対するプレッシャーを感じています。

「よし!勉強をやろう!!」

そんな瞬間的な熱量で勉強をスタートさせたまではいいのですが、

「これを続けなければいけない。。。」

というプレッシャーを感じてしまい、途中で英語の勉強自体が嫌になってしまいます。

おそらくあなたも一度くらいは経験があるのではないでしょうか?

 

プレッシャーを感じているということは、

やらなければいけない!

という気持ちがあるということですから、責任感があるという意味では「良いこと」だと思います。

ですが、強すぎる責任感は重圧となり、自分自身を潰してしまうことに繋がります。

 

理想の精神状態としては、

「時には休んでもいい。」

「時間がかかって着実に進めればいいや。」

これくらい軽いもので問題ありません。

 

英語が話せるようになれば人生を変えることができますが、気負って勉強しても続きません。

続かなければ身に付かないのが英語です。

 

時には休んでもいい。

そう気楽に考えておくことが勉強の継続のために必要な精神状態です。

 

まとめ

以上、英語の勉強を三日坊主で終わらせない方法になります。

いかがでしたでしょうか?

 

改めてまとめると、

  • 具体的な目標を設定する
  • 上達を実感できる仕組みを作る
  • 時には休んでもいいと考える

以上の3つとなります。

 

「今度こそ英語の勉強を三日坊主で終わらせない!」

そんな強い気持ちを持っている方は是非実践してみてくださいね。

 

【あわせて読みたい】

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com

 

blog.inakano-masa.com